絶品個性派プリンが目白押し!「手土産ならACHO神楽坂」と激推しされるワケ

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン,人気

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

AHCO神楽坂って、どんなお店?

神楽坂は情緒深い和の雰囲気の街というイメージがあるかと思いますが、最近ではスイーツのお店も増えてきています。
そんな中、奥神楽坂の住宅街にポツリと佇む人気の「プリンと焼き菓子の専門店」があるのをご存知ですか?

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ

そのお店の名前は『AHCO神楽坂』(アチョカグラザカ)。特に、こだわりの素材を使って丁寧に作られたAHCO神楽坂のプリンは、都内でも知る人ぞ知る大人気スイーツとなっています。

同店のプリンは子どもだけでなく“大人も楽しめるプリン”として大人気。「手土産に迷ったらACHOなら間違いない」と絶対的に同店を推す声も。
今回は東京noteが実食レポートでご紹介し、その魅力を紐解いていきます。

 

AHCO神楽坂の特徴・魅力

実食レポートに入る前に、改めてAHCO神楽坂(アチョカグラザカ)の特徴・魅力をポイントとしてまとめておきましょう。AHCO神楽坂が人気を集める理由は、ここにあります。

特徴・魅力①:静岡のカフェが発祥

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,アクセス

AHCO神楽坂は、元々同店を経営するご夫婦が静岡・島田市でカフェとして2001年にスタート。そして2013年にプリンと焼き菓子のテイクアウト専門店として神楽坂に店舗をオープンし、そのスイーツの美味しさから瞬く間に人気店となりました。
こだわりのプリン・スイーツを十数年も提供し続けてきたことは、その人気を物語るに十分な数字と言えるでしょう。

特徴・魅力②:素材や製法から感じるプリンへのこだわり

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ

ACHO神楽坂のプリンは、新鮮な地養卵の卵黄のみを厳選してを使用しているため、非常に濃厚な風味を感じられるのが特徴の1つ。またプリンの味わいを左右するカラメルも、種類によって少しずつ配合を変えているとのこと。このようなこだわりは、プリンに対する愛情を強く感じます。

特徴・魅力③:洋酒を使った「大人のプリン」も

AHCO神楽坂では、様々な種類のプリンが提供されています。種類は常時9〜10種類。ベーシックなバニラやキャラメル風味のプリンはもちろんのこと、ブランデー等の洋酒を使った「大人のプリン」まで用意されています。特に洋酒を使ったプリンは人気が高く、お昼過ぎには売り切れてしまうことも。子どもだけでなく大人も楽しめる、みんながhappyになれるプリンが楽しめます。

このような人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの「AHCO神楽坂」。お土産にもぴったりなプリンが目白押しなので、神楽坂に訪れた際はつい立ち寄りたくなってしまうお店です。

 

AHCO神楽坂へのアクセス

続いてAHCO神楽坂(アチョカグラザカ)へのアクセス・行き方を押さえておきましょう。
同店は、近年お洒落女子から注目を集めている“奥神楽坂エリア”に店舗を構えています。東京メトロ東西線「神楽坂」駅からとても近いのですが、住宅街の中にポツンと佇んでいるので、少し道がわかりづらい面も。ですので下の写真を参考にしていただきながら向かってみてくださいね!

まず神楽坂駅に着いたら、1番出口から地上に出ましょう。目の前に神楽坂通りが現れますので、反対側へ渡ったらそこから右へ(早稲田方面)進みます。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,アクセス

少し歩くと左手側に路地が見えてきます。路地の角のビル2階には“前菜が主役”で有名なフレンチレストラン「ボン・グゥ」がありますので、これを目印にしましょう。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,アクセス

路地に入ったらそのまま進み、右手側最初の曲がり角を右折します。あとは真っ直ぐ歩けば、ACHO神楽坂に到着です。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,アクセス

細い路地を通って住宅街に入っていく形になるので、少しわかりづらいかもしれませんが、駅からは近く徒歩約3分程度で着きます。上の写真を参考にしながら向かってみてくださいね!

 

ACHO神楽坂こだわりのプリン実食レポート

それではここからは、東京note編集部が実際にACHO神楽坂のこだわりプリンを食べて感じた魅力を、実食レポートでお届けしていきたいと思います。
皆さんが訪れる際のご参考にぜひご覧くださいね!

店舗の外観・内観

まずはACHO神楽坂の外観・内観をチェック!外観はホワイトとネイビーを基調にしたとってもスタイリッシュな店構え。パリの街中にあっても全く違和感がないほどお洒落な造りになっています。もはやこれだけでインスタ映え間違いなしです(笑)。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,アクセス

店内はそれほど広くはありませんが、心地よいサイズ感。
入って左手には、早速焼き菓子がずらり。プリンと並んでこちらも大人気で、特にチョコレートバー(冬季限定)は遠方からわざわざ買いに来るお客さんもいるほど。焼き菓子好きな方は、これらも要チェックです。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,焼き菓子

そして店内正面、レジ下にありました。ACHOこだわりのプリンが!お行儀よく上品に並べられたプリンたちを見れば、自ずとテンションもぐんぐん上がっていきます。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン

こだわりのプリンラインナップ!洋酒プリンは売り切れ必至

店内で販売されているプリンは常時9〜10種も。ベーシックなプリンから、期間限定のものや洋酒を使ったものまで、幅広いラインナップになっています。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン

上の写真は平日のお昼頃に取材で伺った際のものですが、1つ気づくことがありませんか?そう、2つの商品がすでに売り切れています。

この2つは洋酒を使ったプリン。お店を切り盛りする富永さんにお伺いしたところ、「洋酒を使ったプリンはいつも大人気で、売り切れになってしまう日も多い」とのこと。
もしこの洋酒を使ったプリンが食べたい!という人は、なるべく早めの来店をオススメします。取り置きもできるそうなので、事前に電話を入れておくのも一手です。

実のところ、この日の洋酒を使ったプリンのラスト1個を購入したのは私(東京note編集部・日比)だったのですが(笑)、人気の高さにびっくりでした。それだけその味が高く評価されているということでしょう。

人気のプリン「バニラキング」と「ブランデウェイン」が絶品

今回はACHO神楽坂(アチョカグラザカ)の中でも人気の2種を購入しました。1つは地養卵の卵黄だけを使用したバニラが香る濃厚なカスタードプリン「バニラキング」、もう1つはコニャックのオタールXOを使った濃厚なチョコレートの味わいが楽しめる「ブランデウェイン」です。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン

パッケージもとってもお洒落ですね!洋酒を使ったプリンは黒いパッケージのカップに入っています。

それではまずは「バニラキング」から実食。カップの蓋を開けると、優しい卵の香りがふわっと挨拶してくれます。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン

ACHOのプリンは固すぎずトロトロ過ぎずの絶妙なテクスチャで、舌触りがとても滑らかなのが特徴。このバニラキングもまさに「ACHOの王道」とも言えるような味わいで、卵とバニラの濃厚さとカスタードの滑らかさが存分に楽しめます。人気の高さがわかる絶品プリンでした。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン

続いて人気の洋酒を使ったプリン「ブランデウェイン」です。こちらはチョコレートプリンだけあって、バニラキングよりもブラウンの色合いが強くなっています。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン,洋酒

一口頬張れば、もうその美味しさの虜。濃厚なチョコレートの中から、ブランデーの香りがスーッと鼻腔を抜けてきます。
ビターで豊かな風味が楽しめるプリンなので、お子さんよりも大人向けな味わい。これは甘いものが苦手な方でも間違いなく楽しめるスイーツでしょう。

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン,洋酒

今回の実食レポートでいただいたのは2種類だけでしたが、それ以外にも前述の通り色々な味が用意されているので、その他は皆さんでぜひ実際に訪れて味わってみてくださいね!

 

ACHO神楽坂のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回のACHO神楽坂は、もちろんインスタ映え度も抜群と認定!
店舗の外観しかり、こだわりのプリンしかり、どこを切り取ってもとってもスタイリッシュ。店舗に伺う時から実際にプリンを食べ終わる瞬間まで、優雅な雰囲気でテンションも上がりっぱなしになること間違いなし!

インスタ内でも人気のスイーツ・グルメ系のハッシュタグは大人気なので、ACHO神楽坂の写真でたくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょう!

 

まとめ:手土産に最適!絶品プリンを求めて毎日でも通いたい

ACHO神楽坂のこだわりプリン、いかがでしたか?閑静な住宅街にひっそりと佇むお洒落なお店は、プリンを通じて幸せを届けてくれています。この美味しい幸せは、大切な方への手土産などにもぴったり。

スイーツ好きな方は毎日でも通いたくなってしまうであろう「ACHO神楽坂」。皆さんもぜひ一度訪れて、美味しいプリンを味わってみてくださいね!

ちなみにACHO神楽坂のプリンは、同じ奥神楽坂にあるカフェ「ウィークエンダーズコーヒー オールライト」でもいただけます。こちらでは「プリントースト」(トーストにプリンを塗って食べるフード)という一風変わったメニューでACHO神楽坂のプリンが提供されていますので、こちらもぜひ一度食べてみてくださいね!ハマっちゃうこと間違いなしです(笑)。


ACHO神楽坂公式HP:http://achocafe.com/


店舗名 ACHO Kagurazaka(アチョカグラザカ) 定休日 火曜日、第1・3水曜日
営業時間 月・水〜土 11:00〜19:00 / 日・祝 11:00〜18:00
価格帯 〜999円 電話番号 03-3269-8933
席数 個室 禁煙・喫煙
利用シーン 友人・知人への手土産で、お一人で 背伸び度 ★★ 予約難易度
編集部メモ

神楽坂の閑静な住宅街にひっそりと佇むプリンと焼き菓子の専門店。とっても濃厚で滑らかなプリンは、なかなか他店では味わうことができない美味しさ。
手土産にもちろんぴったりですが、自分用にもたくさん買いたくなってしまうお店です(笑)。スイーツ女子・スイーツ男子は絶対一度は食べましょう^^

住所 東京都新宿区矢来町103
東京都新宿区矢来町103

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,スイーツ,カフェ,茶寮,抹茶,パフェ

    隠れ家和カフェ「神楽坂 茶寮」の絶品和スイーツで、ホッと一息

  2. 東京,神楽坂,飯田橋,くりこ庵,僕坂,相葉,たい焼き,スイーツ

    【僕坂ロケ地】コオ先生が食べていた“たい焼き”はココで食べられる!神楽坂「くりこ庵」

  3. 東京,神楽坂,スイーツ,食べ歩き,ペコちゃん,不二家,人気

    “怖可愛い”がインスタで映え過ぎる!神楽坂でしか買えない「ペコちゃん焼き」

  4. 東京,神楽坂,カフェ,シマダカフェ,フレンチトースト

    “カリッ!フワッ!トロッ!” 絶品フレンチトーストなら神楽坂「シマダカフェ」で決まり

  5. 東京,神楽坂,飯田橋,僕坂,相葉,ロケ地,かき氷,果のか

    【僕坂ロケ地】神楽坂「果のか」の天然氷と絶品フルーツを使ったかき氷が美味し過ぎると話題に

  6. 東京,神楽坂,カフェ,イタリアン,カナルカフェ,水上,スイーツ

    水上に浮かぶ絶景カフェレストラン「カナルカフェ」は、デッキサイドで非日常感を楽しみたい

  7. 東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,セット

    シュークリーム好きなら絶対外せない!神楽坂カフェ「コパン」に毎日通いたくなるワケ

  8. 東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨

    大解剖!神楽坂の新スポット「AKOMEYA TOKYO in la kagū」の溢れる魅力

  9. 東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,スイーツ

    神楽坂の新スポット「AKOMEYA茶屋」が最高過ぎて、何度も休憩したくなる