ミシュラン星付きの名店から暖簾分けした「蕎楽亭 もがみ」で至極の蕎麦と一品料理を味わう

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『蕎楽亭 もがみ』って、どんなお店?

情緒溢れる街並みが人気の神楽坂には、和の定番とも言えるお蕎麦のお店も多く軒を連ねています。
中でも奥神楽坂の路地裏にひっそりと店舗を構える『蕎楽亭 もがみ』は、神楽坂でも屈指の人気を誇る蕎麦店。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

真摯な仕事ぶりに裏打ちされた絶品蕎麦と一品料理の数々。今回は多くのメディアからも注目を集める『蕎楽亭 もがみ』の魅力を、東京noteが実食レポートでご紹介します。

編集部が注目する『蕎楽亭 もがみ』の魅力

実食レポートに入る前に、蕎楽亭 もがみの特徴・魅力を編集部の注目ポイントとしてまとめておきましょう。まずは手軽にお店の特徴を知りたい!という方は特に要チェックです!

ポイント①:ミシュラン一つ星『蕎楽亭』の暖簾分け

『蕎楽亭 もがみ』は、その名前からもわかる通り、今や都内でも超人気店となっているミシュラン一つ星店『蕎楽亭』から暖簾分けした蕎麦店。『蕎楽亭』の店主・長谷川健二氏が本家の店名を冠することを許した唯一のお店です。
2012年のオープン以来、その蕎楽亭の味が引き継がれた絶品蕎麦を求めて、多くの蕎麦通・美食家たちが押し寄せています。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

本家『蕎楽亭』について興味のある方は、こちらの記事からどうぞ↓

ポイント②:店主は女性蕎麦職人

そんな『蕎楽亭 もがみ』は、本家で6年修行を積んだ女性蕎麦職人・最上はるか氏が店主。子育ての傍ら店舗を切り盛りする最上氏ですが、女性料理人ならではの繊細で丁寧な仕事ぶりが光り、これまで多くのメディアからも注目を集めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西田 善太さん(@zentanishida)がシェアした投稿

多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『蕎楽亭 もがみ』。本家の味を引き継ぎつつも、女性ならではの繊細さと個性が映し出された絶品蕎麦が楽しめる、そんなお店です。

『蕎楽亭 もがみ』実食レポート

東京note編集部が『蕎楽亭 もがみ』を訪れたのは10月のはじめ。人気店なので早めに予約を取り、日々膨らんでいくワクワク感を楽しみながら、取材当日を迎えました。

店舗へのアクセス・行き方

『蕎楽亭 もがみ』は奥神楽坂の路地裏、住宅街の中にポツリと店舗を構えているお店。まずは東京メトロ東西線『神楽坂』駅矢来口を出て、早稲田方面(矢来口出て右方向)に向かって歩いていきます。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

真っ直ぐ歩を進めていくとゆったりと道が右に曲がっていきますが、そのまま道なりに進んでいきます。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,アクセス

駅から歩き始めて3分ほど、右手に『マティーニバーガー』の店舗(2019.09時点)が見えたら、その手前にある路地を右折。
すると左手に『蕎楽亭 もがみ』が見えてきます。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,アクセス
東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,アクセス

その他、細い路地の中を行く道もありますが、少しわかりにくいのでこの行き方がおすすめです。

店舗の外観・内観

『蕎楽亭 もがみ』の外観は、神楽坂らしい小料理店のような佇まい。本家蕎楽亭の雰囲気もどことなく感じられるような、粋な表情をしています。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,外観

店内に入ると、店主の最上さんの明るい挨拶とともに、絶品料理と会話を楽しむお客さんの楽しげな笑い声が迎えてくれます。
座席は全部で16席。厨房の前にはカウンター席6席、その後ろにはテーブル席10席が並びます。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,店内

テーブル席は比較的ゆったりめな配置で、カウンター席はお隣とも程よい距離感。デートで訪れた時は、カウンター席なら二人の距離もさらに近くことでしょう。

店内の雰囲気

店内は比較的カジュアルな空気感で、気の合う友人・知人と楽しくお話したくなるような居心地の良い雰囲気。どこかホッと落ち着くことのできる温かなその空間も、『蕎楽亭 もがみ』人気の理由の1つと言えるのではないでしょうか。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

本家に勝るとも劣らない『蕎楽亭 もがみ』至極の料理たち

『蕎楽亭 もがみ』は、前述の通り『蕎楽亭』の店主・長谷川健二氏が本家の店名を冠することを許した唯一のお店。席について周りを見渡せば、あれもこれもと頼みたくなるような絶品料理が目に飛び込んできます。
今回は東京note編集部が実際にいただいたおすすめの料理と日本酒の一部をご紹介。

一品料理:白子焼き

『蕎楽亭 もがみ』ではレギュラーメニューのほか、季節のおすすめも提供。取材で訪れたのは初秋の時期、旬としては少し早いですが白子がメニューに並んでいました。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

それでも白子はまったりと濃厚な味わいをすでに纏っており、一口頬張ればクリーミーな風味が口いっぱいに広がります。甘辛い味付けはキリッとした日本酒とも相性抜群。お酒好きな方はついつい日本酒が進んでしまう一品でした。

日本酒:福扇

そんな一品をいただいたなら、日本酒好きな東京note編集部もお酒を頼まないわけにはいきません(笑)。この日いただいたいのは新潟の地酒「福扇」。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

本家『蕎楽亭』は会津の地酒を多く取り揃えていますが、こちらは新潟の地酒がラインナップとして多く並びます。「福扇」は甘辛のバランスが絶妙で、口当たりの良い日本酒。白子焼きにもぴったりでしたが、他のメニューとも色々と合わせてみたくなる、ある種“魔性のお酒”といったところでしょう(笑)。

一品料理:川えび唐揚げ

新鮮でなければなかなか提供ができない川えびも、同店の人気メニュー。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

噛む度に心地よい食感がカリッ!サクッ!っと。また、川えび特有の香ばしさはスッと鼻腔を抜けて、お猪口を握る右手を誘います。
通好みな一品ですが、これまたお酒飲みにはたまらない一品です。

蕎麦:肉ざる

そして『蕎楽亭 もがみ』を訪れたのなら、お蕎麦を食べずには帰れません。今回いただいたのは本家『蕎楽亭』にもないメニュー「肉ざる」。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

蕎麦は会津産の自家製粉を使用し、全て手打ち。透明感と滑らかな舌触りが特徴です。蕎麦の香りも非常に立っています。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

蕎麦つゆは出汁がしっかりときいており、香りも豊か。そして思わず驚いてしまうほどお肉もたっぷりで、たくさん食べたい男性も大満足のボリュームです。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

手打ちの蕎麦は少し平たい断面。その分、蕎麦つゆがしっかり絡み、口の中で蕎麦の豊かな香りと出汁の風味が絶妙に溶け合います。細めなので喉越しも抜群。
本家では決して食べられないこのお蕎麦。もがみを訪れたなら、一度はいただきたいメニューです。

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約

今回ご紹介する料理等は以上となりますが、この他にも季節料理を含めて至極の逸品とお酒が楽しめます。

『蕎楽亭 もがみ』さん、とっても大満足・とっても美味しい料理と日本酒をありがとうございました。ぜひ皆さんも味わってみてくださいね!

 

『蕎楽亭 もがみ』のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の『蕎楽亭 もがみ』は、インスタ映え度も抜群。

神楽坂の和の雰囲気にぴったりな小粋な外観、そして女性蕎麦打ち職人・最上さんが産み出す絶品料理の数々は、どれも目にも美味しいものばかり。どこを切り取っても非常にフォトジェニックな一枚となるでしょう。

グルメ系のハッシュタグはインスタの中でも不動の人気ですし、それらをたくさんつけながら、『蕎楽亭 もがみ』の写真でたくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょうね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨夜は久しぶりに神楽坂・牛込天神町交差点近くの路地にある「蕎楽亭もがみ」を訪れた。 店主の最上はるかさんは、ミシュランの星を獲得した名店「蕎楽亭」長谷川店主の愛弟子。 名店仕込みのざるそばは会津産の玄そばを石臼で自家製粉し、そば本来の持つ甘みを引き出した逸品。 透明感のある細めの蕎麦はスルリとしたのど越しが心地いい。 蕎麦はもちろん、居酒屋としても楽しめるこちら。 のっぺ風のお椀は天然のムキタケがたっぷり入っており、優しい味わいがじんわり染みる。 大根のうま煮そぼろがけも、大根の瑞々しい甘みがたまらなく美味い。 ズワイガニのクリームコロッケを食べたあとはビールから日本酒に変更。 大好きな鶴齢に会うおつまみを訪ねたところ、牡蠣のオイル漬けがおすすめとのこと。 間違いない組み合わせを満喫し、最後は定番のざるそばをいただいた。 #神楽坂 #蕎楽亭もがみ #蕎楽亭 #石臼挽き #手打ち #蕎麦 #そば #ざるそば #大根のうま煮 #ズワイガニ #クリームコロッケ #鶴齢 #日本酒 #牡蠣のオイル漬け #kagurazaka #tokyo #japan #lunch #instagood #foodgasm #foodie #mogami #kyorakutei #soba

渡邉達朗さん(@tatzuro)がシェアした投稿 –

 

まとめ:本家の魅力をそのままに、蕎麦だけでなく小料理屋としても際立つ旨さ

奥神楽坂にある大人気蕎麦店『蕎楽亭 もがみ』は、いかがでしたか?

ミシュランで星付きとなった名店『蕎楽亭』を暖簾分けした蕎楽亭 もがみ』は、まさに本家に勝るとも劣らない絶品蕎麦店。また様々な一品料理も用意されているので、小料理店としての魅力も兼ね備えています。
複数人での来店はもちろんのこと、お一人様でふらっと訪れても楽しめるので、気軽に絶品料理を堪能したいときにぴったり。
(ただし人気店で座席数は多くないので、できれば予約がおすすめです)

神楽坂・飯田橋エリアは新宿からも非常に近いので、このエリアでお店をお探しの際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

東京,神楽坂,蕎麦,もがみ,蕎楽亭,予約


店舗名 蕎楽亭 もがみ 定休日 土日祝
営業時間 17:30~21:00
価格帯 6,000〜7,999円 電話番号 03-6326-2330
席数 16席 個室 無し 禁煙・喫煙
利用シーン 友人・知人と、家族で、お一人で 背伸び度 ★★★ 予約難易度 早めがおすすめ
編集部メモ ミシュラン星付きの超人気店となった『蕎楽亭』から暖簾分けしたお店。蕎楽亭の味を感じられる絶品蕎麦はもちろんのこと、その他の一品料理もハイクオリティなので、小料理店としての利用もおすすめ。場所が少しわかりにくいかもしれませんが、神楽坂に来たなら一度は訪れたい名店です^^
住所 東京都新宿区中里町3 1F
東京都新宿区中里町3 1F

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,和食,串揚げ,予約,風の音,デート

    止まらない止められない!『風の音』の串揚げは何本でも食べられる。

  2. 神楽坂,東京note,焼き鳥,和食,デート,ワイン,居酒屋

    路地裏のROJIビル地下は内緒にしたい焼き鳥「YAKITORI 葵」

  3. 東京,神楽坂,飯田橋,和食,姿,料亭,個室,メニュー

    神楽坂・老舗割烹「姿」で、“四季と粋”を楽しむ

  4. 神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

    大人の隠れ家でしっぽり、気取らずに日本料理が堪能できる「神楽坂 二三」

  5. 東京,神楽坂,和食,馳走紺屋,古民家,個室,三味線

    馳走とはおもてなしの心そのものだ。喧騒と無縁の「馳走 紺屋」

  6. 行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

    「つじ半」ぜいたく海鮮丼は、行列に並ぶ価値がある逸品です

  7. 和食,カド,神楽坂,古民家,東京note,日本料理,デート,接待

    「ただいま」がぴったり。まるで家のくつろぎで親近感しかない「カド」

  8. 東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

    石畳の路地に行灯、黒板の旧日本家屋という情緒が最高な「おいしんぼ」

  9. 東京,神楽坂,和食,ディナー,デート,ランチ,うどん,すき焼き,隠れ家

    神楽坂の路地奥に佇む「久露葉亭」は、懐石と「美味しいうどん」でゆったりとくつろぐ