特別な日は100種類超のワインと絶品イタリアンが魅力の神楽坂「オステリア レガーメ」で。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,パスタ,カルボナーラ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『オステリア レガーメ』って、どんなイタリアン?

神楽坂は新宿エリア屈指の美食の街。様々なジャンルの飲食店がひしめき合っていますが、多くの方は街のイメージから「和食のお店が多い」と感じているのではないでしょうか。
実際にはそれはそれで正しいのですが(笑)、ただ実のところイタリアンのお店も負けず劣らず数が多いんです。

今回はその中でも、“ワイン好き・ワインマニア”な方にうってつけな神楽坂のイタリアン「オステリア レガーメ」をご紹介。

都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から徒歩約1分、東京メトロ東西線「神楽坂」駅からは徒歩約8分ほどの場所にあるアットホームな雰囲気のイタリアンで、結婚記念日や大切な人のお誕生日、その他様々なお祝いのシーンにもぴったりなお店です。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,生パスタ

土日祝日はランチも営業しているので、東京都内や神楽坂〜飯田橋界隈でのデート、休日のゆったりお洒落ランチにも嬉しいですね。

この「オステリア レガーメ」が特に愛される理由は、ワインの充実度です。
オーナーさんは自らを“ワインバカ”と名乗るほどで、これまでワインに使った金額はウン百万円を軽く越えるとのこと。そんなオーナーさんが様々なタイプのワインを取り揃えているので、店内ではなんと105種類のワインボトルと15種類のグラスワインが楽しめちゃうんです!

またワインにあまり精通していない方でも、好みや要望をお店に伝えればそれに合わせてぴったりのワインを選んで出してくれますし、「グラスワイン飲み比べセット」もあるという親切対応(笑)。
自慢のワインと絶品料理の組み合わせが最高なので、本当に色々な機会で使いたくなるイタリアンでしょう。

 

オステリア レガーメの外観・内観

前述の通りワイン好きな方にはたまらないであろうオステリア レガーメ。どんなイタリアンなのか、早速外観・内観から見ていきましょう。
実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

外観

都営大江戸線「牛込神楽坂」駅のA2出口とA3出口のちょうど中間あたりお店がありますので、駅に着いたらそのどちらかの出口から地上へ出ましょう。
お店自体はあまり大きくはないですが、オレンジの屋根が遠くからでも目立ちますので、それを目印に向かうと良いですよ!

ベージュの土壁と木製のドアが、まさにイタリアのカジュアルリストランテを彷彿とさせる、そんな外観になっています。壁に書かれた「OSTERIA LEGAME」の文字も、シックでお洒落ですね!

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,生パスタ

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,生パスタ

お店の入り口ドアの手前には、オステリア レガーメオリジナルのマットが敷いてあります。
このマットにもやはりワインが描かれており、オーナーのワインに対するこだわりを感じます。そしてデザインがお洒落(笑)。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,生パスタ

それでは中に入ってみましょう!今回はディナーの時間にお邪魔しました。

 

内観

中に入ると、とてもアットホームで落ち着く空間が広がっています。そしてやはり最初に視界に入ってくるのは、入り口前に置かれている大きな大きなワインセラー。中にはオーナー自慢のワインがたくさん並んでいます。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,店内
東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,店内

座席はエントランス入って左側に2名用のソファとチェア・テーブルが5席並び、店内中央には1名用のカウンターテーブルが、またエントランス右側には半個室の座席もあり、そこは4〜5名での利用も可能となっています(半個室の座席は2名利用不可)。

完全個室の座席はありませんが、お隣の席との距離も十分に確保されています。
また、夜は各テーブルにロウソクが灯され、アットホーム・カジュアルな中にもムーディーな雰囲気も醸し出されていますので、記念日のお祝いや大切な方との食事会での利用などにもピッタリ。

実際に編集部が訪れた日も、すでに素敵なカップルさんが1組いらっしゃって、途中からは3組のカップルさんが来店されていました。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,記念日,デート

店内は20名以下であれば貸切での利用も可能とのことなので、大人数でのワインパーティーやイタリアンパーティーも楽しめます。

 

こだわりのワインと絶品イタリアン

続いては皆さん気になるワインと料理。
今回は事前に編集部で下調べして、ぜひご紹介したかった料理を注文してみました。どれも本当に絶品でしたので、とっても美味しそうな画像をお見せしながら早速ご紹介していきますよ!

オススメ料理①:イワシとじゃがいも フランスチーズの温製テリーヌ

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,メニュー,人気
東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,リピート,メニュー

まず最初は「イワシとじゃがいも フランスチーズの温製テリーヌ」(1,980円〔税抜き〕)。オステリア レガーメの料理の中でも、リピート率No.1を誇る人気メニューです。

パリッと香ばしい皮の中には、しっとりまろやかなじゃがいもと、イワシ、ベーコンがぎっしり詰まっています。
全体の味付けは、とろりと溶けたチーズとベーコンによる程よい塩味で。塩辛過ぎずちょうど良い塩梅に仕上がっていました。また、全く臭みのないイワシは苦味のアクセントとして存在感があり、他の食材の旨味をうまく引き出しています。

これは間違いなくワインが進んでしまう一品でしょう。かく言う編集部も、取材時に我慢できずついついワインに手が伸びてしまったのはここだけの話にしておいてください(笑)。

 

オススメ料理②:フランス鴨胸肉のロースト ポルト酒と赤ワインのソース

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,肉,鴨
東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,肉,鴨

続いてはお肉料理から「フランス鴨胸肉のロースト ポルト酒と赤ワインのソース」(3,980円〔税抜き〕)をチョイス。
彩りも華やかで、まさに主役の風格。このシズル感はインスタ映えも抜群です(笑)。

皮目をパリッと焼き上げ、中に旨味を閉じ込めているためか、噛めば噛むほどじゅわ〜っと甘い脂が溢れ出てきます。この旨味たっぷりの美味しい脂が、赤ワインのソースとも相性ぴったり!
いつまでも噛んでいたくなりますが、あまりの美味しさに飲み込まずにはいられないのが残念に思ったほど。

付け合わせの野菜もフレッシュで、箸休めに最高でした。
お肉・野菜ともにボリュームもたっぷりなので、若い男性も大満足な一品でしょう。もちろんこの料理には、オーナーおすすめの赤ワインを合わせて。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,

 

オススメ料理③:トリュフのカルボナーラ

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,パスタ,カルボナーラ

最後はオステリア レガーメと言えばこれ!という名物パスタ「トリュフのカルボナーラ」(3,800円〔税抜き〕)。TV番組や雑誌でも紹介されている大人気メニューです。

運ばれてきた瞬間、トリュフの芳醇な香りがテーブル全体を包みます。また、中には生の胡椒も散らされているので、その爽やかな香りも相まって、口に入れた瞬間には幸せな気分に浸れます。
カルボナーラのソースは生クリームを使わない本場イタリアスタイル。それでもしっかりコクがあったので、こってり派もさっぱり派もどちらも満足できるカルボナーラなのではないでしょうか。

そしてもう1つの特徴は麺。このパスタには“生パスタを超えるパスタ”と言われる、浅草開化楼(※)オリジナルの麺『低加水パスタフレスカ』が使われています。
このパスタは弾力があって歯切れが良いのが特徴で、その特徴を存分に活かした超極太麺はソースにもよく絡み、最高のカルボナーラに仕立て上げてくれています。

もちろんワインにもぴったりな一品ですので、皆さんもオステリア レガーメに訪れた際はぜひ注文してみてください!その美味しさにびっくりしちゃいますよ!

(※)浅草開化楼:昭和25年創業。オリジナルの中華麺をつくり、日本全国の有名ラーメン店の多くが浅草開化楼の麺を使用していると言われる日本屈指の製麺会社。ラーメン通の間では知らない人はいないと言われる。『低加水パスタフレスカ』は、中華麺の製麺技術を応用して開発された、こだわりが凝縮されたパスタ。

 

オステリア レガーメのインスタ映え度は?

絶品ワインと料理が自慢のオステリア レガーメですが、インスタ映えも素晴らしいと編集部ではジャッジ!
店内は特に派手というわけでななく、アットホームな落ち着く内装となっていますが、とにかく料理の「映え度」が半端ないのです。

特に前述の鴨胸肉のローストやトリュフのカルボナーラはインスタ映え度Max!味だけでなく見た目も楽しませてくれるオステリア レガーメは、SNSにもぴったりなイタリアンと言えるのではないでしょうか。
今回ご紹介した料理の他にも、とっても美味しくて華やかなメニューもたくさん揃っているので、ぜひご自身の目で確かめて、楽しんでみてください。

東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,

 

まとめ:こだわりのワインと料理で、特別な日のお祝いに彩りを添えて

オーナーさん自らが“ワインバカ”と名乗るほど、ワインに強いこだわりを持ったイタリアン「オステリア レガーメ」。
今回ご紹介した通り、ワインだけでなく料理も最高の品々が揃っているので、記念日などの大切な日のディナーなどにもぴったりなお店です。
編集部もワインと料理の美味しさに魅了されてしまったので、これから定期的に通うことが決定しました(笑)。

全国のワイン好きな方、東京都内や新宿エリアで美味しいイタリアンをお探しの方に、ぜひオススメしたいお店です!

店舗名 神楽坂 オステリア レガーメ (OSTERIA LEGAME) 定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
営業時間 火〜木:ディナー 17:30〜00:00 / 金・祝前日:ディナー 17:30~翌1:00 / 土・日・祝:ランチ 11:30~15:30 ディナー 17:30~23:00
価格帯 昼:2,000〜2,999円 / 夜:6,000〜7,999円 電話番号 03-5579-8961
席数 18席 個室 半個室あり 禁煙・喫煙 完全禁煙(店外に喫煙スペースあり)
利用シーン デート、女子会、記念日 背伸び度 ★★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ

とにかくワインが豊富!オーナーやお店の方も親切で、相談をすれば各料理にぴったり合ったワインをおすすめしてくれるので、これからワインを勉強したいという方にも嬉しいお店です。
料理も美味しくてワインが進んでしまうと思うので、飲み過ぎには十分注意しましょう!(←自分に言ってます)

住所 東京都新宿区横寺町68 唐沢ビル 1F
東京都新宿区横寺町68 唐沢ビル 1F

 

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,エノテカ,スタジオーネ,イタリアン,予約,お洒落

    “天空に浮かぶイタリアン”「神楽坂スタジオーネ」がお洒落過ぎると話題に

  2. 東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

    “古田さん家”は超人気店⁉︎ 隠れ家過ぎるイタリアン「ARBOL」の人気の秘密

  3. 東京,神楽坂,イタリアン,タルタルギーナ,グルメ,予約,メニュー

    神楽坂の隠れ家イタリアン「トラットリア ラ タルタルギーナ」で地中海を味わう

  4. 東京,神楽坂,イタリアン,タンテボーネ,行き方

    お洒落な休日を過ごしたいなら、神楽坂イタリアン「タンテボーネ」なら間違いなし

  5. 東京,神楽坂,イタリアン,アズーリ,コスパ,ランチ,ラザニア

    『コスパが異常』。神楽坂イタリアン「アズーリ」のランチの評判がすごい

  6. 東京,神楽坂,イタリアン,ソプラアクア,ランチ,限定

    “オリーブオイルを楽しむ”⁉︎ 神楽坂「ソプラアクア」の絶品イタリアンが美味し過ぎた

  7. 東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ

    自慢したくなるお店とは、こういうこと。神楽坂イタリアン「イル ボッリート」の魅力

  8. 東京,神楽坂,イタリアン,坂の上,予約

    神楽坂の古民家一軒家イタリアン「坂の上レストラン」で贅沢な料理と時を味わう

  9. 東京,神楽坂,イタリアン,ラストリカート,予約,デート

    どんなシーンにも最適!神楽坂の一軒家イタリアン『オステリア ラストリカート』