シュークリーム好きなら絶対外せない神楽坂カフェ「コパン」に毎日通いたくなるワケ

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,セット

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『コパン』って、どんなカフェ?

神楽坂にはたくさんのカフェがあります。とってもスタイリッシュでインスタ映えするような“オシャ活”(お洒落な活動の略)にぴったりのカフェもあれば、昔ながらのレトロで落ち着く雰囲気が魅力の喫茶店やアットホームなお店も。
その中でも今回ご紹介する「コパン」は、どちらかといえば後者の方のカフェです。

神楽坂散策や雑貨屋さん巡りなどの途中の休憩で、ホッと一息落ち着きたい。そんな時にぴったりのお店「コパン」の魅力を今回はお届けするため、当メディア編集部で取材(=突撃訪問)に行ってきました。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,スイーツ,シュークリーム

このコパンは神楽坂ではとても有名なカフェなんですが、このお店を一躍有名にしたスイーツが実はあります。

それは「神楽坂シュークリーム」。
まさにコパンのスペシャリテと呼ぶに相応しいこのスイーツは、様々なグルメ本やグルメ雑誌・メディアでも紹介されています。

見た目も味も最高に美味しい神楽坂シュークリームは、スイーツ好きな方はもちろんのこと、フォトジェニックな一枚を狙いたいインスタ女子・男子にもオススメの一品。
どんなシュークリームなのか、そしてそれを提供してくれるコパンはどんなカフェなのか、ぜひ当記事で押さえてくださいね。

 

コパンへの行き方

“神楽坂”というエリア名を冠したシュークリーム。様々なメディアでも取り上げられているそのスイーツに期待がぐんぐん高まるところですので、早速向かってみましょう!
後にご覧いただく外観・内観・スイーツ写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

コパンは東京メトロ東西線「神楽坂」駅の1番出口(神楽坂口)から向かうと近いので、地下鉄で行くと便利です。
一番出口から地上に上がると神楽坂通りに出ます。左に向かって進み、神楽坂通りをゆったり下っていきましょう。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,行き方

神楽坂通りを下っていく最中にも、両脇にたくさんのお店が並んでおり、日中は近隣にお住いの方々やビジネスマン、学生さん、デート中のカップルなど、多くの人で賑わっています。
地下鉄の駅から地上に出て約1分ほども歩けば、もうコパンが見えてきます。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,行き方

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,行き方

ちょっと木が邪魔になってしまって申し訳ございませんが(苦笑)、上の画像のような「Copain」の文字が書かれた赤い軒が見えてくれば到着です。
駅からは一本道なので、路地が多く道に迷いやすい神楽坂でもわかりやすいのが嬉しい限りです(笑)。

 

コパンの外観・内観

続いて外観・内観を見ていきましょう。神楽坂にはたくさんカフェがある中、コパンはどんな佇まいで、どんな魅力的な内装をしているのか。カフェ巡りが好きな方はこの辺りも楽しみなところですよね!

外観

まずは外観ですが、少しレトロ・ノスタルジックでホッと落ち着くような、そんなアットホーム佇まい。このような味がある雰囲気が好きという方も多いのではないでしょうか。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,行き方

そしてありました、コパンの代名詞と言ってもいい「神楽坂シュークリーム」の立て看板が!視覚にグイグイとアピールしてくるその美味しそうなフォルムは、スイーツ好きな方にとってはそれだけでご馳走でしょう(笑)

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,スイーツ

それでは中に入ってみましょう!

 

内観

取材で訪れた時は平日の15時過ぎくらいでしたが、店内は多くの方で賑わっていました。
店内は決して狭いわけではなく、縦に長い間取りで座席数は40席もあります。それでもこの盛況っぷりですから、その点からも人気の高さが伺い知れますね!

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,店内

店内入って手前には、1人掛けのテーブルが8席あり、奥に進むと複数人で座れるテーブル・チェアが並んでいます。

外観と同様、内装もゆっくりお茶をするのにぴったりな落ち着く雰囲気です。お客さんも、お一人でコーヒーブレイクや遅めのランチをされている方や、お友達同士でのカフェ会を楽しんでいる方々、仕事や勉強をされている方など、幅広い用途で利用されている様子。

この点もコパンが神楽坂で愛される理由と言えるのではないでしょうか。もちろん、スイーツ女子・スイーツ男子のカフェ巡りにもピッタリです。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,店内,ケーキ

店内では、ケーキをはじめとしたスイーツも販売されています。この日の16時頃の段階では、すでにかなりの商品が売り切れてしまっており、寂しいことになっていました(泣)。
でも、それほどコパンのスイーツが人気ということの証明でもありますので、例の神楽坂シュークリームへの期待がさらに高まります。

また入り口付近にはクッキーの販売もされていますので、お菓子好きな方も要チェックですね!

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,店内,クッキー

 

オススメのスイーツ:コパンのスペシャリテ「神楽坂シュークリーム」

そして今回のハイライトとなるであろう、コパンのスペシャリテ「神楽坂シュークリーム」にそろそろ登場してもらいましょう。
今回はスイーツとコーヒーのセットメニュー「ケーキセット」を注文。コーヒーはブレンドコーヒーで、スイーツはもちろん神楽坂シュークリームをチョイス。

そしてレジ前までシュークリームが運ばれてきた時、ついビックリしてしまいました。
大きい!!写真でフォルム自体は見ていましたが、こんなに大きめサイズだったとは!スイーツ男子である筆者にとって、嬉しい悲鳴が心の中を駆け巡った瞬間でした(笑)。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,セット

ちなみにこのセットメニューのお値段は、神楽坂シュークリームが280円、ブレンドコーヒーがセット割引で50円お得になって200円でした。スイーツとのセットでこのお値段とは、安い!
メニューの写真も載せておくので、こちらも来店時の参考にしてくださいね。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,メニュー

さて、それでは神楽坂シュークリームを早速いただいてみましょう!
クリームが本当にたっっっぷり入っているので、食べるときはクリームこぼれにご注意!(←クリーム好きな人には嬉しいハプニングですが笑)。スプーンでクリームをすくいながら食べるのがおすすめです。

シュークリームはカスタードと生クリームの2層構造。上下のシュー皮の中にそれがたっぷりと入っています。生クリームだけだと重過ぎるという方も、カスタードの軽やかでしつこくない甘さが加われば、ペロリと完食してしまうでしょう。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム

また、カスタードは柑橘系のリキュール(オレンジリキュールだそうです)が加えられているとのことで、確かに頬張れば爽やかな香りが鼻腔を抜けていきます。これは実に美味しい。

見た目も、生クリームの白とカスタードのレモンイエローのコントラストが非常に美しいので、それだけでスイーツ欲が掻き立てられますよね!インスタ映え狙いの方にもピッタリ(笑)。

またこのシュークリームのもう1つの特徴は、シュー皮です。最近のシュークリームはシュー皮がパリッとクリスピーな食感のものが多いですが、この神楽坂シュークリームの皮は少ししっとりとしていて、小麦本来の味わいを楽しめる形になっています。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,皮

2層クリームだけではなく、シュー皮も主役として楽しめる、そんなスイーツと言えるのではないでしょうか。
編集部もあまりの美味しさにものの数分で食べ終わってしまいました(笑)。

セットで頼んだブレンドコーヒーはスッキリとしていて、苦味はそれほど強くありませんでした。各スイーツとの相性も考えられているためか、主張し過ぎず飲みやすい一杯となっています。少し酸味の効いたコーヒーがお好きな方にピッタリです。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,コーヒー

この他、コパンには様々なケーキ・スイーツが販売されていますので、スイーツ好きな方はぜひ他のものも食べてみてください。
ただ人気商品ばかりなので、売り切れには十分注意してくださいね!色々選びたい方は、午前中の来店がおススメです。

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,店内,ケーキ

 

コパンのインスタ映え度は?

販売されているスイーツの美味しさ・見た目の美しさは相当なもの。インスタ映えもバッチリだと思います!
特に、神楽坂シュークリームの二層クリームが映えまくり(笑)。色の美しさもそうですが、たっぷりと入ったボリューム感が、インスタの中でも一際目を惹く存在となるでしょう。

ついついスワイプする指が止まってしまう、そんなフォトジェニックなスイーツが写真でおさめられるカフェが「コパン」。そう言えるのではないでしょうか。

 

まとめ:ハイレベルなスイーツを食べに毎日でも通いたくなるカフェ

今回ご紹介したとおり、コパンは神楽坂シュークリームをはじめとした美味しいスイーツが揃うカフェ。そして着飾り過ぎない、どことなくレトロでアットホームな雰囲気が感じられる店内となっていますので、落ち着いてまったり過ごすのにピッタリです。
ご近所にお住いの方や近隣にお勤めの方で、毎日通っているという方もいらっしゃるそうで。確かにその気持ちも頷けます。

美味しいスイーツとドリンクを注文して、女子会・ママ友同士でおしゃべりを楽しむも良し、カフェ巡りの1つとしてラインナップに加えるも良し、神楽坂シュークリームの写メをインスタに載せまくるも良し(笑)。神楽坂の素敵な時間を長く過ごせる場所として、ぜひコパンを利用してみてくださいね!

公式HP:https://www.copain-cafe.net/info.html


店舗名 コパン(Copain) 定休日 無休
営業時間 平日 7:00~21:00 / 土・日・祝 8:00~20:00
価格帯 昼:〜999円 / 夜:〜999円 電話番号 03-3267-7779
席数 40席 個室 無し 禁煙・喫煙 全面喫煙可(禁煙タイム有り〔平日 11:30~13:30 / 土日祝12:00~17:00〕)
利用シーン カフェ会、お一人で 背伸び度 予約難易度 比較的容易
編集部メモ とにかく神楽坂シュークリームは一度ご賞味あれ!グルメ雑誌の表紙を飾ったこともあるその美味しさに脱帽です。 ただ食べるときは、かぶりつくとクリームが少しこぼれやすいので、スプーンでクリームをすくいながら食べるのがオススメです!気にせずガンガン食べちゃいたいワイルド男子は、そのままどうぞ(笑)
住所 東京都新宿区神楽坂6-50 勝村ビル 1F
東京都新宿区神楽坂6-50 勝村ビル 1F

 

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,飯田橋,くりこ庵,僕坂,相葉,たい焼き,スイーツ

    【僕坂ロケ地】コオ先生が食べていた“たい焼き”はココで食べられる!神楽坂「くりこ庵」

  2. 東京,神楽坂,飯田橋,ジェラテリアテオブロマ,ジェラート,チョコレート,スイーツ,カフェ

    まるで絵本の世界!神楽坂「ジェラテリア テオブロマ」がインスタで映え過ぎる

  3. 東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン,人気

    絶品個性派プリンが目白押し!「手土産ならACHO神楽坂」と激推しされるワケ

  4. 東京,神楽坂,カフェ,かもめ,コーヒー,オールライト

    至極のコーヒーとプリントーストが味わえる神楽坂「ウィークエンダーズコーヒー オールライト」があれば、今日もAll Right !

  5. 東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,スイーツ

    神楽坂の新スポット「AKOMEYA茶屋」が最高過ぎて、何度も休憩したくなる

  6. 東京,神楽坂,紀の善,スイーツ,甘味,休憩,抹茶ババロア

    和スイーツ好きにはたまらない!神楽坂「紀の善」の抹茶ババロアが美味し過ぎる