ドラマ『僕とシッポと神楽坂』のロケ地を巡る その①

神楽坂,東京観光,散策,散歩,ロケ,ロケ地

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

多くの方々に神楽坂の溢れる魅力をお伝えし、神楽坂で最高のひと時を過ごしていただきたい。そのような想いを胸に、東京note編集部が日々取材を行って得たリアルな情報を掲載しています。

相葉雅紀主演『僕とシッポと神楽坂』のロケ地を巡る

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀
公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/

2018年10月から、神楽坂の動物病院を舞台にしたドラマ「僕とシッポと神楽坂」が放送されていました。

心温まるヒューマンドラマで、主演が嵐の相葉雅紀さん。広末涼子さんなど豪華出演者も揃い、またもう一人の主演と言ってもいい看板犬のダイキチをはじめ、動物達がとっても可愛いドラマでしたね!ラストは相葉さん演じるのコオ先生の「虹の橋」のお話、涙無しでは見られないです!!(ドラマの話をすると止まらないので、このあたりでw)

ファンの間では「僕坂」と言われている僕とシッポと神楽坂。ドラマ放送後、僕坂ファンの聖地巡礼が行われており、若い女性やご年配のご婦人など、スマホ片手に神楽坂を散策している人が急増しています。
そこで編集部は、神楽坂の風情漂う僕坂のロケ地を紹介したいと思います!(遅い、という噂。。。)

 

東京で一番おしゃれな神社 赤城神社

世界的な建築家で、2020年の東京オリンピックのシンボルとなる新国立競技場を設計される「隈研吾」氏の設計で作られた神社で、「東京で1番オシャレな神社」と言われています。

特に御本殿がガラス張りになっており、木とガラスの組み合わせは神社では異例ではないでしょうか。赤城神社は「女性の願いを叶えてくれる」神様が祀られており、良縁、夫婦円満、安産などを願うためにたくさんの女性が訪れています。

相葉さんをはじめ撮影部隊が、撮影前に、撮影祈願&ヒット祈願で訪れています。

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

赤城神社の裏手、鳥居から入って1番左奥にも小さいですが、「八耳神社」「出世稲荷神社」「葵神社」という3つが1つになった神社もあります。赤い鳥居が3つ並んでおり、相葉さんもお祈りしていましたね。すぐ隣にある階段はたい焼きを食べるシーンやトキワと大地が歩くシーンなどで登場します。

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀
神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

赤城神社住所:東京都新宿区赤城元町1−10
公式HP:http://www.akagi-jinja.jp/
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」出口1神楽坂口より、徒歩1分
東京都新宿区赤城元町1−10

 

かくれんぼ横丁

神楽坂には路地がたくさんあり、どれも古き良き風情を残した、味のある路地となっています。そんな神楽坂の中でも代表的な路地が「かくれんぼ横丁」です。僕坂の第1話でコオ先生が通勤するシーンなどで登場します。

神楽坂はその昔、花街として栄えた時代があり、「お忍びで遊びに来た人を後ろからつけて来ても、横に入られると見つけられなくなる」というところから名付けられた横丁と言われています。昔ながらの石畳と黒塗りの塀が続く、神楽坂の中でも屈指の趣がある路地になっています。

かくれんぼ横丁には、東京でもトップクラスの天ぷら屋「天孝」さんも店を構えています。

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

かくれんぼ横丁住所:東京都新宿区神楽坂3丁目周辺
アクセス:東京メトロ・JR「飯田橋駅」徒歩7分、東京メトロ東西線「神楽坂駅」より徒歩12分

 

兵庫横丁

映画やドラマのロケでとても人気があるのが、「兵庫横丁」です。兵庫横丁は神楽坂の中でも最も古い道と言われており、鎌倉時代の重要な拠点だったと言われています。

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

兵庫横丁は武器商人の町だったことから、名前が付けられたそうですが、「兵庫」とは「兵=つわもの、庫=くら」のことで、武器を納めておく場所だったため、重要な拠点とされていました。

ドラマの中では、コオ先生と名倉雅彦が会話していたお店「おいしんぼ」があったり、コオ先生がダイキチとお散歩するシーン、コオ先生とトキワが握手をして別れるシーンなどで使用されています。

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

狭い道、石畳、黒い塀と神楽坂らしさ3大要素が揃った道ですので、インスタ映えも期待できますね!

なお「おいしんぼ」については下の記事でも詳しくご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。


兵庫横丁住所:東京都新宿区神楽坂4-2周辺
アクセス:都営大江戸線「牛込神楽坂駅」A3出口 徒歩5分

 

たい焼き屋 くりこ庵

コオ先生とトキワが食べていたたい焼きは、「くりこ庵」さんのたい焼きです。飯田橋から神楽坂に入ってすぐにあります。
ロケ地巡りや神楽坂散策の際には、くりこ庵のたい焼きを食べながらゆっくり散策してください!

神楽坂,ドラマ,嵐,僕とシッポ,相葉雅紀

たっぷりの餡をパリッと焼いた薄皮で包んだたい焼きは、甘さも控えめでペロッと食べてしまうと思います。たい焼き屋ですが、カフェスペースも併設していますので、たい焼きと飲み物が選べる「たい焼きセット(538円 税別)」で一息ついてみるのはいかがでしょうか。

東京,神楽坂,飯田橋,くりこ庵,僕坂,相葉,たい焼き

くりこ庵の詳しい情報は下の記事でまとめていますので、こちらも併せてご覧くださいね!


くりこ庵住所:東京都新宿区神楽坂2-6 PORTA神楽坂1F
営業時間:10:00〜21:00
公式HP:http://kurikoan.com/cafe.html
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」出口1神楽坂口より徒歩1分
東京都新宿区神楽坂2-6 PORTA神楽坂1F

 

まとめ

原作はマンガで、タイトル名に町の名前が入ってくるほど、魅力的な町である神楽坂。ドラマにしても絵になりますし、神楽坂という町が醸し出す雰囲気はなぜか温かい気持ちになるのではないでしょうか。

ロケ地はまだまだありますので、「ドラマ『僕とシッポと神楽坂』のロケ地を巡る その②」で引き続き紹介していきます!そちらも是非ご覧ください!


The following two tabs change content below.

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

関連記事

  1. 東京,神楽坂,和食,枝魯枝魯,ディナー,デート,くずし割烹

    えっ、お店あるの?神楽坂のはずれにある小さな脇道は、名店しかなかった!

  2. 東京,神楽坂,飯田橋,ジェラテリアテオブロマ,ジェラート,チョコレート,スイーツ,カフェ

    まるで絵本の世界!神楽坂「ジェラテリア テオブロマ」がインスタで映え過ぎる

  3. 東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨

    大解剖!神楽坂の新スポット「AKOMEYA TOKYO in la kagū」の溢れる魅力

  4. 東京,神楽坂,スイーツ,カフェ,茶寮,抹茶,パフェ

    隠れ家和カフェ「神楽坂 茶寮」の絶品和スイーツで、ホッと一息

  5. 神楽坂,兵庫横丁,レストラン, デート,東京note,ロケ地,散歩,観光,食べ歩き,インスタ,インスタスポット

    この狭い風情あふれる「兵庫横丁」は、知る人ぞ知る名店が勢揃い

  6. 東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,スイーツ

    神楽坂の新スポット「AKOMEYA茶屋」が最高過ぎて、何度も休憩したくなる