自慢したくなるお店とは、こういうこと。神楽坂イタリアン「イル ボッリート」の魅力

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

イルボッリートって、どんなイタリアン?

以前、牛込神楽坂駅近くのイタリアン「オステリア レガーメ」をご紹介した際、神楽坂には和食のお店だけではなく、美味しいイタリアンも実は数多くあるとお伝えしました。


そして、今回もとっても美味しいイタリアンのご紹介です。そのお店の名前は「イル ボッリート」。

イル ボッリートは、イタリア国内でも“美食の町”として名高いエミリア-ロマーニャ州(イタリア北東部)の料理のみを扱ったイタリアン。
イタリアは南北に長くエリアごとに料理の特徴が大きく異なるため、「イタリアには、イタリア料理は無い」と言われることもあるのですが、その中でもエミリア-ロマーニャ州のみにスポットを当てたお店は都内を探してもそれほど多くはないでしょう。

そのような意味でもイル ボッリートは貴重なイタリアンなわけですが、そんな“希少種”なイタリアンが神楽坂の路地深くにあります。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート

まさに隠れ家という言葉がピッタリなその佇まいは、大切な人や友人・知人に紹介しても必ず「おぉ!」とワクワクビックリしてくれること間違いなし。今回はそんな「人に自慢したくなる」イタリアンを取材してきました。

 

イル ボッリートへの行き方

「イル ボッリート」とは、イタリア語で『茹で肉』という意味。その名前からもわかる通り、お肉料理にとてもこだわりのあるお店です。

様々なメディアでも取り上げられ、そのお肉料理の美味しさに多くの方々が舌を巻いているとのこと。期待がどんどんと膨らむところですので、早速向かってみましょう!

ただ、イル ボッリートは前述の通り神楽坂の路地深くにあるお店。その路地は「小栗横丁」と呼ばれ、神楽坂でも“知る人ぞ知る美食通り”と言われていますが、路地をくねくねと入っていきようやく辿り着くような隠れ家的な通りですので、神楽坂に慣れていない方だともしかしたら少し場所がわかりにくいかもしれません。

そのため、今回はお店へのわかりやすい行き方もご紹介したいと思います。後にご覧いただく外観・内観・料理写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきますよ!

 

さてイル ボッリートのある小栗横丁への行き方ですが、神楽坂の象徴とも言える「毘沙門天 善国寺」の横から入っていくと実はわかりやすいんです。そのため、まずは善国寺を目指しましょう。都営大江戸線「牛込神楽坂」駅A3出口から徒歩約5分ほど、神楽坂通りを緩やかに上っていくと善国寺が見えてきます。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート,善国寺

神楽坂通りから善国寺を正面に見ると、左脇に路地があります。この路地を進んでいきましょう。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート,善国寺

道なりに進んでいくと、十字路が出てきますが、これも気にせず直進。そのまま進んでいき、左手側の最初の路地を左折します。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,小栗横丁,行き方

すると、もうこの道が「小栗横丁」。どこかノスタルジックな雰囲気も漂う、知る人ぞ知る“美食の小径”の登場です。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,行き方,小栗横丁

このルートなら最初のスタート地点がまずわかりやすく、その後もほぼ道なりに進めばOKなので、迷わずたどり着けると思います。他のルートで向かうことももちろんできますが、かなり路地をくねくねと進まないといけないので、方向感覚に自信がない方は少し難しいかもしれません。
今回ご紹介したルートがオススメですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

イル ボッリートの外観・内観

それでは次にイル ボッリートの外観・内観をチェック!
小栗横丁にあるというだけでも、“神楽坂通”を唸らせるというもの。自ずと店舗の外観・内観にも期待が膨らみます。

 

外観

小栗横丁自体が非常に通好みな、しっとりとした神楽坂らしい小径となっていますが、その中でふと現れる温かな明かり。本場イタリアのカジュアルリストランテをそのまま日本に持ってきたかのような、そんな外観となっています。

小栗横丁の雰囲気と相まって、まさに「人に自慢したくなる隠れ家」と呼ぶに相応しい、極上の佇まいと言えるのではないでしょうか。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート

特段着飾るわけでもなく、外に置かれた立て看板や木製の扉などがイタリアの空気をそのまま伝えてくれています。
大切な人や友人・知人を招待したら、間違いなく「おぉ!」と感動してくれることでしょう。

そして「IL BOLLITO」と書かれたこの看板、めちゃくちゃお洒落!
家のリビングに飾りたいくらい気に入ってしまいました(笑)

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,人気

こうやって外から見ていると、早く中に入りたくてウズウズしちゃうと思いますので(笑)、続いて内観のご紹介にうつりましょう。

 

内観

店内では、外に溢れていた温かな明かりが全体を包んでいます。
外観はまさに隠れ家的で、一瞬敷居の高さも感じる部分もあるかもしれませんが(小栗横丁の雰囲気のせいもある?笑)、店内はカジュアルでアットホームなムードです。
みなさん美味しいお酒と美味しいご飯、そして心弾む会話を気兼ねなく楽しんでいる様子。

店内入って左手側にカウンター席が10席、右手側にテーブル席が10席あります。決して広いわけではありませんが、逆にこのサイズ感が居心地の良さを際立たせている、そんな印象を受けます。

店内テーブル席側の壁には、イル ボッリートの食材を提供してくれている生産者さんたちの写真が飾られています。この辺りからも食材へのこだわりと自信をを感じますね!

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,店内,座席

取材時は土曜の18時頃にお邪魔したのですが、既に店内はお客さんでいっぱい。空いている席もリザーブで埋まっていました。さすが人気店!

デートや友人知人との飲み会・食事会など、幅広いシーンで使いたくなる、そして人にも勧めたくなる、そんなお店です。ただ個室は無いようなので、その点だけ予約などされる際はご注意ください。

 

イル ボッリートこだわりの肉料理

それではお待ちかね(笑)、イル ボッリートこだわりの料理とワインのご紹介にうつりましょう。
今回は事前に編集部で下調べしてぜひご紹介したかった料理と、お店オススメの料理の両方を注文してみました。どれも本当に絶品でしたので、とっても美味しそうな画像をお見せしながら見ていきますよ!

ちなみにイル ボッリートは、初来店のお客さんの場合、詳しく料理・ワインの説明をしてくれます。説明を聞いた上で食べると、また改めて素材の味・奥深さや、生産者さんのこだわりを感じられると思いますので、お客さん側としてもとても嬉しい心遣いですよね。

 

オススメの料理①:前菜の盛り合わせ

まずは前菜の盛り合わせから。前菜の盛り合わせは4種と6種の2つから選べます(4種:1,500円/6種:1,950円)。

この取材では2人でお邪魔しており、最初「せっかくだから6種の盛り合わせにしよう!」と意気込んでいたのですが、店員さんが「盛り合わせ以外にも色々と種類を召し上がられる予定であれば、4種がオススメですよ!」とご助言くださり、4種に変更(笑)。
お客さん想いの良い店員さんで嬉しい限りです(笑)。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,前菜,おすすめ,人気

コラーゲンとハムを煮込んでプレスした「チッチョリ」(写真手前)や、ペコロスという玉ねぎを甘酢漬けにした「アグロドルチェ」(写真中央)など、絶品の伝統料理が並びます。
特にチッチョリはねっとりまろやかで美味。アグロドルチェも甘酢が酸っぱ過ぎず、他の前菜との相性も抜群です。

そしてこのような美味しい料理には、やはりお酒が飲みたくなるもの(特に編集部は呑ん兵衛さんなので笑)。まずはビールからスタート!注ぎ方が非常にうまく、泡とビールの割合が最高です。まさに神泡でした(笑)。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,ビール

 

オススメの料理②:“赤牛パルミジャーノ”の白いプリン

続いての料理は編集部でも以前から目をつけていた「“赤牛パルミジャーノ”の白いプリン」(1,100円)です。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,チーズ,プリン
東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,チーズ,プリン

もうデザート?と思われるかもしれませんが、実はこれデザートではなく、イル ボッリートを代表するチーズ料理。地元の希少な赤牛のミルクから作られるパルミジャーノ・レジャーノを使った、ふわふわのチーズが楽しめます。

プリンというより、どちらかと言えば食感はババロアに近いでしょうか。濃厚なチーズの味わいに加えて、「サーバ」という葡萄果汁の調味料を上からかけていただきます。これも他店ではなかなか味わえない一品でしょう。
プリン自体は全く甘くないので、ワインとの相性もバッチリです。

 

オススメの料理③:プロシュット(3種盛り合わせ)

ここからはイル ボッリートの真骨頂・肉料理になります。
まずはイル ボッリートで人気の1・2を争うであろう「プロシュット」(生ハム)。その味は都内屈指とも言われています。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,生ハム,プロシュート

3種盛りの場合は、「ツメ(足首の部分)」(写真左上)、「お尻」(写真真ん中)、「前モモ」(写真右下)が楽しめます(3種盛り合わせ:1,850円)。

ツメはねっとりとした食感、前モモは逆にさっぱりとした味わいでした。そして一番の高級部位とされるお尻部分は、もはや形容しがたいほどの美味しさ(笑)。特に付け合わせで一緒に盛られた「ニョッコフリット」(薄い揚げパン)と一緒に食べると、まさに至福の瞬間が訪れます。

程よい塩加減のプロシュットともちもちとしたニョッコフリットの小麦の風味を味わえば、ワインが進まないという人はいないでしょう。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,生ハム,プロシュート

このプロシュットは、イタリアでも著名なパルマハムの製造会社である「ガローニ社」のもの。特にガローニ社は塩にこだわりを持っているとのことで、ハムへの塩塗り専門の社員の方までいるそう。これはぜひ一度食べてみてくださいね!

 

オススメの料理⑤:茹で肉3種盛り合わせ

そしてイル ボッリートの店名にもなっている「茹で肉」がメインとして登場。
茹で肉も美味しそうなものがたくさんメニューとしてありますので、色々と食べたい方には3種盛り合わせ(2,500円)がオススメです。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,茹で肉,人気

盛り合わせの内容は「1日煮込んだ牛タン」(写真右)、「60℃で煮込む豚のフィレ肉」(写真左奥)、「“国産牛”霜降りホホ肉」(写真中央)の3種。
「1日煮込んだ牛タン」は、中は非常に柔らかく仕上げられており、表面は逆にカリカリの食感。この2つの対極の食感がたまらない一品でした。

「60℃で煮込む豚のフィレ肉」は、お肉の中心にギュッと旨味が凝縮されており、噛めば噛むほどフィレ肉本来の風味が楽しめます。分厚くスライスしてくれているので、食べ応えも十分!それでもあまりの美味しさに、女性でもペロリとたいらげてしまうのではないでしょうか。

そして3つ目の「“国産牛”霜降りホホ肉」は、とにかくホロホロのトロトロ!ナイフなんて全く必要がなく、フォークをスッと通すだけで身がほぐれていきます。
脂もしつこくなく、むしろ軽さを感じるほど。店名に「ボッリート」(茹で肉)と名付けていることからも、茹で肉に対する自信が感じられましたが、本当に偽りのない美味しさでした。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,茹で肉,ホホ肉

どれも本当に美味しいものばかり。今回ご紹介したメニュー以外にもとっても魅力的なエミリア-ロマーニャ州の伝統料理をたくさん用意されているので、ぜひ色々な料理を楽しんでみてくださいね!

ご参考までに、メニューはこちら。見ているだけでお腹が鳴ってきませんか?(笑)

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,メニュー

 

オススメのワイン:「Le Mole」

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ,ワイン

最後に美味しいワインもご紹介。今回は店員さんがオススメしてくれたワイン「Le Mole」(レ・モーレ)をチョイスしました。

このワインもエミリア地方のもので、トロピカルな白葡萄のロゼ。フルーティでアロマが非常に強く、華やかな香りが鼻腔を抜けていきます。白ワインですがお肉料理にも合うので、当編集部もオススメです。

 

イル ボッリートのインスタ映え度は?

さぁ、インスタ女子・男子大注目のこのコーナー(笑)、フォトジェニック度を編集部が勝手に判断しちゃう「〇〇のインスタ映え度は?」ですが、もちろんイル ボッリートもインスタ映え度Max!
全てのメニューが美味しいのはもちろんのこと、盛り付けも非常に美しく、それが美味しさをさらに増幅させていると感じました。

やはり特にお肉料理は最高にフォトジェニック。インスタの中でもお肉系のハッシュタグは大人気ですので、イル ボッリート自慢のプロシュット・茹で肉とワインの組み合わせは、いいね!やフォローを集めること間違いなしでしょう。

美味しいお肉とお酒を楽しみながら、一緒にインスタライフも満喫しちゃいましょう!

 

View this post on Instagram

 

親しくさせていただいている 造り手、LUSENTI(ルセンティ)。 当主のLODOVICA(ロドヴィカ)の思い入れの強い地葡萄、ボナルダ単一で造ったバランスの良い葡萄の旨味をしっかり感じられるワインです。 当店自慢のプロシュットと一緒にいかがでしょうか? 金崎 #エミリアロマーニャ州#イタリア郷土料理と自然派ワインの店#エミリアロマーニャ料理#ワインに合う料理のお店#ワインに合う料理#イタリアワイン#イタリアが好き#イタリアを伝えたい#エミリアロマーニャワイン#wine#vino#vinoemilia#神楽坂イタリアン#飯田橋イタリアン#裏路地#モルタデッラ#パルミジャーノチーズ#パルマ#ボローニャ#プロシュット#イタリアン#イタリアン好きと繋がりたい#イタリア好きな人と繋がりたい#ワイン好きな人と繋がりたい#マンマ#マンマの味#茹で肉#地葡萄#土着品種ワイン#ワインのある生活

IL BOLLITOさん(@kagurazaka_ilbollito)がシェアした投稿 –

 

まとめ:イタリア北部の伝統の食で、一味違うイタリアンをご賞味あれ!

都内にイタリアンのお店は数多くあれど、“エミリア-ロマーニャ州”に絞ったイタリアンのお店はなかなかないと思います。そして料理・お酒はどれも秀逸。
お店の位置は少しわかりにくい所にありますが、その料理の希少性・お店の佇まいなどの魅力から、ついつい人に紹介したくなってしまう。いや、ついつい“自慢したくなってしまう”。そんなお店が「イル ボッリート」なのではないでしょうか。

小栗横丁のしっぽりとした雰囲気の中に、ひっそりと佇む温かなこのカジュアルイタリアンは、大切な友人・知人と楽しい時間を過ごすのにぴったりなお店です。
近くに同系列のお店もあるので、そちらと併せてぜひ一度訪れてみてくださいね!

公式HP:http://ilbollito.blog.fc2.com/


店舗名 イル ボッリート (IL BOLLITO) 定休日 月曜日
営業時間 火〜金:17:00〜翌2:00 / 土・日:15:00~24:00
価格帯 8,000〜9,999円 電話番号 03-3235-3225
席数 21席(カウンター10席、テーブル10席) 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン デート、食事会・飲み会 背伸び度 ★★★ 予約難易度 やや難しい
編集部メモ

小栗横丁は比較的敷居が少し高めのお店が並んでいますが、その中で心安らぐ温かい雰囲気が感じられるお店です。
店員の皆さんは一年に一度、イタリアに行って研修も行なっているとのことで、かなり料理やワインの勉強をされている様子。カウンターで店員さんと料理のお話をしながら楽しむのもオススメです!

住所 東京都新宿区若宮町5
東京都新宿区若宮町5

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,イタリアン,タンテボーネ,行き方

    お洒落な休日を過ごしたいなら、神楽坂イタリアン「タンテボーネ」なら間違いなし

  2. 東京,神楽坂,カステリーナ,イタリアン,予約,デート

    神楽坂「ピアッティ カステリーナ」で、大人の空間とお値打ち以上のイタリアンを楽しむ

  3. 東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,前菜

    築70年の古民家を改装したイタリアン「アンジェラ」で味わう“おふくろの味”

  4. 東京,神楽坂,イタリアン,アバンティタカヒロ,予約,デート

    大人の隠れ家イタリアン「AVANTI TAKAHIRO」が神楽坂デートに最適なワケ

  5. 東京,神楽坂,エノテカ,スタジオーネ,イタリアン,予約,お洒落

    “天空に浮かぶイタリアン”「神楽坂スタジオーネ」がお洒落過ぎると話題に

  6. 東京,神楽坂,イタリアン,タルタルギーナ,グルメ,予約,メニュー

    神楽坂の隠れ家イタリアン「トラットリア ラ タルタルギーナ」で地中海を味わう

  7. 東京,神楽坂,シルコ,イタリアン,バル,飯田橋,女子会

    お洒落女子会なら神楽坂イタリアンバル「Circo」がオススメ

  8. 東京,神楽坂,イタリアン,ソプラアクア,ランチ,限定

    “オリーブオイルを楽しむ”⁉︎ 神楽坂「ソプラアクア」の絶品イタリアンが美味し過ぎた

  9. 東京,神楽坂,イタリアン,ラストリカート,予約,デート

    どんなシーンにも最適!神楽坂の一軒家イタリアン『オステリア ラストリカート』