Barでしょ?え、中華なの!?ジュウバーの本格逸品中華が美味すぎてお酒が進む

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

こんな所にお店が!?扉の向こうはおしゃれダイニング『ジュウバー』

神楽坂は東京の中でも古き良き街並みが残り、風情あふれる街並みが特徴な屈指の人気タウンになっています。狭い道は石畳に覆われ、両側には黒い塀が立ち並び、脇道を一本入ると雰囲気もガラリと変わり、道に迷ってしまう方もいらっしゃると思います。そんな神楽坂だからこそ、他の街では感じることができない独特の風合いがあったり、思わぬ所にお店があったり、昔の「秘密基地」のような隠れ家になる場所がたくさんあります。

メイン通りである「神楽坂通り」の中ほどに佇むどこにでもあるビルの一室。コンクリートの壁にグレーの鉄の扉。しかし、見た目普通(ちょっと古くさい感じ)の先には、連日人が溢れている、超が付くほどの人気中華バーがありました。それが「ジュウバー」です。下の写真「chako」「SHOT BAR」と書かれたビルの「3階」にお目当のジュウバーがありました。

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

「ジュウバー」への行き方

最寄駅は東京メトロの「飯田橋駅」で、交差点の「神楽坂下」から神楽坂通りを登って、右手側に徒歩3分ほどでお店のあるビルに到着します。ただ、お店の看板などは一切出ていないので、通り過ぎてしまわないように注意しましょう。ビルの1階にある郵便ポストに、かろうじてお店の名刺が貼ってあるので、ぜひ見つけてくださいね。「jiubar」と書きます。

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

外観

お店はビルの3階にあり、階段を登っていくと、「えっ?ここだよね。。?」という感じでお店が現れます。3階に着いても看板も何もなく、ドアの覗き穴のそばに小さいステッカーが貼ってあるだけ。。。不安になると思いますが、全然大丈夫です。定員さんが元気に迎えてくれますので、ドアを開けてみましょう!(インターホンは押さなくて大丈夫です)

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

内観

外からは想像もつかないほどのおしゃれで明るい空間が広がっており、カウンターとテーブル席に別れており、カウンター8席、テーブル10席とこじんまりとした佇まい。カウンターを見るとお酒が並んでいてバーなのですが、店内には中華独特の香辛料や、美味しい食事の香りが立ち込めており、食欲がそそられます。

ジュウバーは実は、表参道や赤坂にある中華の名店「希須林」がこっそりお店を開いており、希須林では味わえない中華バルスタイルになっています。仲間でワイワイ、デート、2軒目として、一人飲みなどあらゆるニーズに応えてくれる、使い勝手の良いお店は嬉しいですね!

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

次から次へ魅惑的な小皿が運ばれてくる

中華バルなので料理の品数、ボリュームはそれほど多くありませんが、希須林の軽井沢店などで店長を務めた川上武美シェフが開発したオリジナルメニューはどれも絶品。それもそのはず、本場中国の四川省で食べ歩きをされて、「この味を日本でも広めたい!」という想いから生まれています。

どの中華屋にもあるメニューで、どの中華屋にも無い味わい。お酒がついつい進んでしまうジュウバーの絶品料理を紹介していきます!

ジュウバーの肉団子(680円 税込)

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

店名が付いている看板メニューの肉団子。まず見た目がもう反則的な色と照り(笑)この肉団子にも旨みが凝縮されており、通常の肉団子は一回茹でてから揚げることが多いのですが、この時に旨みが外に出てしまうそうです。それを防ぐために、ジュウバーでは茹でずにまずはサッと揚げて、そこから蒸して火を通すことで、中に旨みを閉じ込めているそうです。そのため、外はカリッと、中は粗挽きのお肉がフワッと食べ応えのある、肉汁が詰まった肉団子が出来上がります。

ソースは「魚香(ユイシャン)」というソースがベースになっており、これは中国四川省ではポピュラーなソースで、濃厚な中に辛味・酸味・甘味を感じることができ、そこに青山椒が効いてきて、爽やかな後味のソースになっています。これはクセになりそうな味ですね!

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

ゴマたっぷり ゆでワンタン(580円 税込)

モチモチつるんとした皮の中に、たっぷり餡が詰まっているゆでワンタン。たっぷりとゴマソースがかかっており、さらにラー油と、珍しくバルサミコ酢が混ざり合っているため、色味でも食欲をそそりますが、辛味・酸味・甘味をトータルで感じる味になっています。肉団子に負けず劣らずの看板メニューで、ビールだけでなくワインも合うと思いますよ。

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

レバニラ(980円 税込)

通常レバニラというと、スライスされたレバーとニラが一緒に炒められたもの、を想像するかと思いますが、ジュウバーのレバニラは良い意味で期待を裏切られます。プリップリの厚いレバーの上に、軽く炒められたシャキッとしたニラが乗っているタイプで、なかなか他では出会ったことがないと思います。
レバーは臭みなど一切なく、スパイスの味と香りが口いっぱいに広がります。そこにシャキッとした食感とほんのり苦味のあるニラがベストマッチです!こちらもビールだけでなく、ワインやカクテルもぴったりですね。

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

モツの麻辣煮込み(780円 税込)

麻辣でピリ辛に煮込まれたモツは、おつまみとして最高です。そんなモツと合わせるのは意外にも「パクチー」。シャキシャキのパクチー、独特の香りがモツにアクセントを与え、麻辣の辛さをマイルドにもしてくれます。
モツが苦手な方、パクチーが苦手な方、もし宜しければチャレンジしてみて下さい。

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

中華屋のカレー(680円 税込)

もう1つお店のウリとして、〆メニューは「中華屋のカレー」があります。中華とカレー?薬膳系?など、イメージが出来なかったのですが、しっかりと中華と言えるカレーで、カレースパイスを感じながら、唐辛子や山椒もしっかり効いています。肉は挽き肉を大きめに使用、玉ねぎなども入っており、全体としてご飯がとても進むカレーになっています。爽やかな後味なので、女性の方でも〆に十分食べられると思います!

神楽坂,東京note,中華,ジュウバー,カレー,飯田橋,バー,デート

もちろんお酒も力入れてます

中華バルということですが、ビールもクラフトビールが置いてあったり、ワインの種類が豊富だったり、お店オリジナルのカクテルがある、お酒にも力を入れています。編集部では中国の素材やお酒を使った、他ではなかなかお目にかかれない「山椒ジンソーダ(680円 税込)」と「チャイナドレス(紹興酒といちご 780円 税込)をチョイス。

どちらもさっぱり、スッキリとした味わいで、どちらかというとお酒が進むように味が濃い目の料理と相性抜群でした!

神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

秘密にしたい隠れ家中華バル、でも誰かを連れて行きたい

神楽坂というしっぽりお籠り感がある街で、隠れ家で本格中華バルという「ジュウバー」。
自分だけの秘密の場所にしたいという気持ちもありながら、この味・雰囲気をみんなにも味わってもらいたい、そんな気持ちにされてくれるお店です。神楽坂にお越しの際やお近くにいらっしゃった際には、ふらっと立ち寄ってみてはいかがですか?

店舗名 ジュウバー 定休日 日・祝
営業時間 17:00~25:00(L.O.24:00)
価格帯 ¥2,000~¥2,999 電話番号 03-6265-0846
席数 カウンター8席、テーブル10席 個室 無し 禁煙・喫煙 分煙
利用シーン デート、友人と、2次会 背伸び度 予約難易度 早めの予約を推奨
編集部メモ

通いつめて、行きつけにしたいお店です。おしゃれな中華バルでサクッと1杯もよし、友達とご飯もよし、デートもよし、2次会もよし、と色々なシーンで活用できるお店です。味は本場四川省で仕入れた味ですので、本格中華にうるさい人も納得の味です。

住所 東京都新宿区神楽坂2-12 3F
東京都新宿区神楽坂2-12 3F

The following two tabs change content below.

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

関連記事

  1. 東京,神楽坂,中華,デート,四川料理,東京note,芝蘭

    本格四川料理を日本人好みの味付で堪能できるハイレベル中華「芝蘭」

  2. 東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,小龍包,酢豚

    オープンキッチンは目でも楽しい、神楽坂で小龍包と言えばココ「結華楼」

  3. 東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

    台湾、四川、上海など中国各地の本場郷土料理が味わえる「膳楽房」が東京随一だった

  4. ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

    ビブグルマン4年連続獲得!隠れ家すぎるモダン・チャイニーズ「ENGINE」に通いつめたい

  5. 東京,神楽坂,予約,セクレト,secreto,バー

    “誰にも教えたくない秘密のバー”が、超予約困難店「SECRETO」の中にあると話題に

  6. 東京,神楽坂,中華,梅香,予約,メニュー

    神楽坂『梅香』の絶品四川料理は、女性シェフならではの繊細さが光る

  7. 東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,ジントニック

    “バーデビュー”ならここで決まり!神楽坂「エムズ バーアンドカッフェ」