2年連続ビブグルマン選出!愛媛県宇和島の特産を使った絶品料理の数々

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

神楽坂の雰囲気をそのままに、大人の居酒屋「季彩や ひで」

「神楽坂」と聞くと、どんなイメージが思い浮かぶでしょうか?「昔の街並み」「おしゃれな街」「落ち着いてる」「石畳」「細い路地」「料亭」などのイメージから、「値段が高そう。。」「お年寄りが多そう。。」「あんまりよく知らない。。」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

でも、他の街にはない神楽坂の魅力が感じられて、なおかつ気軽に本格的な和食が頂けるお店があったら嬉しいと思いませんか?「季彩や ひで」はまさにその条件を全て満たすぴったりのお店で、しかも世界一のレストラン格付けの「ミシュラン」において、「ビブグルマン部門*」を17年・18年と2年連続で獲得しています。
*ビブグルマンとは、星の評価からは外れるが、コストパフォーマンスが高く、ミシュランの調査員がオススメしたいレストランです。

こういうお店は内緒にしておきたい一店ですが、皆さんにも素晴らしい「季彩や ひで」にぜひ訪れてほしいので、早速紹介していきましょう!

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

「季彩や ひで」への行き方、外観

神楽坂は基本的に真ん中に「神楽坂通り」が走っており、その両脇に無数の路地がある作りになっています。「季彩や ひで」は東京メトロ東西線の神楽坂駅1番出口(神楽坂口)から徒歩4分、都営大江戸線の牛込神楽坂駅A3出口から徒歩5分と、とてもアクセスしやすい場所にお店はあります。詳しい住所や地図は本記事の一番下に付けてありますので、ぜひ参考にしてください。

お店は大通りから奥まった場所で、周囲は住宅街にひっそり佇んでいるため、静寂に包まれています。間接照明が雰囲気を醸し出しており、竹で作られた外観を際立たせていますので、遠くからでもその存在に気がつくと思います。(編集部も、最初は完全に雰囲気良すぎて引き寄せられていました)神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note
外観は高級料亭のような構えで、最初はちょっと緊張するかもしれませんが、暖簾を潜って引き戸を開ければ、元気な大将や接客スタッフの方が、暖かく出迎えてくれますよ!

内観

外観からも想像できると思いますが、店内はしっぽりと落ち着いた雰囲気で、カウンターの照明なども暗めに設定されています。カウンターが10席、お店の奥にはテーブル席が18席あります。

カウンターは2人でゆっくりしっぽり過ごす、奥のテーブルは友人や家族などわいわい過ごす感じに別れています。お店は愛媛県の宇和島出身のご主人が、愛媛県や宇和島の特産を使った料理を提供してくれますので、カウンターで料理の説明を聞きながら食べるのも粋ですね。
神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

厳選された食材、丁寧な料理に、ついお酒が進み長居してしまう

「季彩や ひで」は2014年に開店。ご主人は愛媛県宇和島のご出身で、地元の割烹で修行を積み、東京で大人の居酒屋を開きたいとあれこれ巡っていた時に、神楽坂の雰囲気がぴったりきたそうです。宇和島時代に培った人脈を生かして、宇和島や愛媛を中心に、厳選された食材を仕入れて提供しています。神楽坂にいながら宇和島の特産食材を食べられるのはなかなか貴重ですね。

お通し 丸ずし

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京noteお通しから宇和島の特産「丸ずし」を提供してくれます。丸ずしとは、米に恵まれなかった時に、すし飯の代わりに「おから」を使い、しめ鯖を巻いて握ったものです。宇和海では鯖だけでなく、サヨリやイワシ、アジといった旬の魚で握られ、スーパーでも売られているそうです。

へしこ燻製ポテトサラダ(650円 税別)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note鯖をぬか漬けにして作られる「へしこ」を、燻製されたじゃかいもと混ぜ合わせたポテトサラダです。
へしこの塩味や酸味が、ポテトサラダにこんなに合うなんて知らずに、病みつきになりそうな味わいです。さらに上に乗っているのが揚げたオニオンスライスで、玉ねぎの甘みもプラスされるため、さっぱりだけでなくコクも感じることができる、極上のポテサラになっています。

定番メニューのひとつですので、ぜひ食べてみてください!これで日本酒をチビチビ飲むのも良さそうですね。

宇和島のジャコ天(600円 税別)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note今ではジャコ天は全国的にも有名ですが、発祥は愛媛県の「南予地方」の海岸部で作られる郷土料理なんです。宇和海で取れる小魚を使用してすり身を型に入れて揚げるのですが、今は効率なども考え機械で成形されるものが多い中、ひでが仕入れているジャコ天は「手押し」と言って、職人がひとつひとつ手で成形しているものを提供しています。手押しの方が表面に凹凸ができやすく、油の入り方に変化を生じ、独特の食感を生み出しています。

そのままでも美味しいですが、レモンもよし、生姜醤油もよし、大根おろしもよし、いろんな味を楽しんでください。

お造り5点盛り(3,800円 税抜 時価で変更の可能性あり)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京noteお造りはぜひ食べていただきたい逸品です。
地元宇和島の鮮魚店から仕入れており、その時期の旬な宇和海の魚を食べることができます。編集部が取材に伺った時には、キビナゴ、石鯛、ブリ、宇和海の地ダコ、サワラでした。
海の幸が豊富な宇和海の、旬な鮮魚は言うまでもなくどれも脂が乗っており、甘みや食感など、全てが美味しいお刺身になっています。その時々の鮮魚との出会いに舌鼓を打つのは贅沢な時間ですね。

雉(キジ)わさ(1,200円 税別)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note
みなさん、雉(キジ)って食べる機会ありますか?普通はなかなか食べる機会がない、人生でも数える程度かゼロだと思いますが、こちらでは鳥料理として雉をメインに出しています。

雉肉に対してあまりイメージがないかと思いますが、皮はコリコリしており、脂はとてもサッパリしています。肉自体に脂はあまり無く、でも肉が固いという訳ではなく、程よい柔らかさの中に甘みがあり、噛めば噛むほど旨みを感じることができます。合わせるのはだし醤油とわさび。肉の甘みをさらに引き立ててくれます。
ぜひ、雉肉を一度召し上がってみてください!焼きなどもオススメですよ。

焼きそら豆(850円 税別)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note
季節のおすすめメニューから、日本酒を飲んでいたということもありw 店主さんから「焼きそら豆」をオススメいただきました。時期的にはそら豆が出始めるタイミングでしたが、身がとても大きく、味もしっかり、適度な青さもあり、お酒のおつまみとしてぴったり。ついつい日本酒が進んでしまいましたw

宇和島郷土料理 たいめし(750円 税別)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note
宇和島の名産の1つといえば「鯛めし」があります。卵黄を入れた特製の出汁に天然の鯛の身を漬け込み、それをご飯にかけたものです。濃厚な鯛の身と出汁がご飯に絡まって、この鯛めしは〆メニューとして是非召し上がっていただきたい逸品です。

愛媛、宇和島のポテンシャルはこんなものではないです

東京にいると、愛媛料理、宇和島の特産を食べる機会はほとんどないと思います。
新鮮な魚介をはじめ、旬な食材が見事に調理され、そのポテンシャルには脱帽です。次から次に魅力的な料理が出され、ついついお酒が進んでしまいます。まさにこういうお店は通いつめて、季節ごとの旬をいただく名店ではないでしょうか。(編集部は頑張って毎月行きたいです!)

神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

公式HP:https://kisaiyahide.gorp.jp/


店舗名 季彩や ひで 定休日 日曜日
営業時間 月~土・祝日 ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:30)
価格帯 ¥6,000~¥7,999 電話番号 03-6265-3778
席数 28席 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン デート、接待、会食、大切な日 背伸び度 ★★★ 予約難易度 早めの予約を推奨
編集部メモ 神楽坂の路地裏にひっそり隠れ家のように佇む「季彩や ひで」。神楽坂にあるしっぽり和食の雰囲気が最高です。でも肩肘張る必要は全くありません。お気軽に絶品宇和島の特産品、愛媛料理を味わってください。
住所 東京都新宿区神楽坂6-23
東京都新宿区神楽坂6-23

The following two tabs change content below.

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

関連記事

  1. 神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

    大人の隠れ家でしっぽり、気取らずに日本料理が堪能できる「神楽坂 二三」

  2. 東京,神楽坂,飯田橋,和食,姿,料亭,個室,メニュー

    神楽坂・老舗割烹「姿」で、“四季と粋”を楽しむ

  3. 東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

    石畳の路地に行灯、黒板の旧日本家屋という情緒が最高な「おいしんぼ」

  4. 神楽坂,和らく,和食,デート,会食

    時の流れがゆっくりに感じる築50年以上の古民家で、創作和食に舌鼓。

  5. 東京,神楽坂,和食,そば,日本酒,居酒屋,たかさご

    蕎麦の膳「たかさご」は130年の歴史とこだわり抜いた蕎麦と日本料理の店

  6. 東京,神楽坂,和食,枝魯枝魯,ディナー,デート,くずし割烹

    「割烹」はハードルが高い。。。では“京都のくずし割烹”『枝魯枝魯』はいかが? 

  7. 神楽坂,和食,としまや,デート,隠れ家,パスタ,飲み会

    和モダンな店内、和洋折衷な創作料理「としまや」を押さえておけば間違いない

  8. 東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

    都内で味わう絶品蕎麦と福井料理は「九頭龍蕎麦」なしに語れない

  9. 神楽坂,和食,隠れ家,デート,接待,日本酒,SHUN

    路地裏にひっそり一軒家、良い雰囲気しかない「神楽坂 SHUN 分家」は内緒にしたい