実に35種類!具材が“豊富過ぎる”おむすび屋さん「神楽坂 むすびや」の人気が凄い

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,セット

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

むすびやって、どんなお店?

神楽坂のお店といえば、高級料亭や小料理屋など、少し敷居の高い“しっぽり系”の和食屋さんを想像することが多いと思いますが、もっと「身近な和」を楽しむことができるお店も数多くあります。

特に今回ご紹介するのは、まさに“日本のごはん”と呼ぶにふさわしいメニューを提供しているお店です。
その名は「むすびや」。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ

そう、もう店名からもお分かりかと思いますが、こちらのお店は「おむすび」の専門店。神楽坂らしい路地裏で、日本人にはとっても馴染み深い「おむすび」にこだわりと情熱を注いだお店です。
そんな人気店を、今回は突撃レポートでご紹介いたします。

 

むすびやへの行き方

「むすびや」は前述の通りおむすびに特化した専門店。都内でも珍しいタイプのお店で、すでに神楽坂の街の中でも人気を博しています。
どんなお店なのか、期待がどんどんと膨らむところかと思いますので、早速向かってみましょう!

むすびやは、神楽坂のメインストリート「神楽坂通り」から横に走る「神楽小路」沿いにあります。神楽坂小路は飯田橋駅から向かうとすぐなので、まずは飯田橋駅からスタートしましょう。
特に東京メトロ東西線・南北線「飯田橋駅」からは非常に近いので、JRよりこちらがオススメです。

B3出口から地上に出ると、目の前に神楽坂通りが現れます。そのまま右に曲がって5mほど進むと、右手側に細い小道が見えると思いますが、これが「神楽小路」。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,行き方
東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,行き方

駅から非常に近いですし、道の入り口のところに「神楽小路」と書かれたオブジェもありますので、まず迷わずたどり着けるのではないでしょうか。
神楽小路を10数mほど進めば、もうむすびやに到着です。とってもわかりやすいですね!

 

むすびやの外観・内観

では続いてむすびやの外観・内観をチェック!むすびやはカジュアルながらも、神楽坂らしい落ち着いた雰囲気のお店。とってもお洒落で店舗にもこだわりを感じるところですので、要注目ですよ!

外観

むすびやの外観はこちら。全体は凛とした表情で、シックな薄いベージュのカラーリングになっています。神楽小路の雰囲気と非常に調和していて、とってもお洒落。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,外観

そして入り口の扉の取っ手は、おむすびの形になっています。この辺りはお店のこだわりと同時に可愛らさしも感じられて、お客さんとしては嬉しいところですね!

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,外観

入り口の横には、メニューが書かれた紙やショップカード等も置かれています。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,メニュー
東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,メニュー

店内に入る前に、ここで何を注文するか考えておいても良いですね。なにせ後でご紹介しますが、提供されているおむすびの種類がとっても豊富で迷っちゃうと思いますので(笑)。
(写真左上が見づらくてごめんなさい。「塩むすび 190」「のり有/のり無」と書かれています。)

 

内観

それでは続いて店内の様子を見ていきましょう。
店内はそれほど広くはありませんが、入り口入って左手にレジ、中央から右側のスペースは厨房を囲むようにしてL字型のカウンター席が広がっています。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,ランチ,店内

店内の内装も外観同様、和のシックな雰囲気が広がっていて、すごく落ち着く空気感を感じます。

イートインではカウンター席で注文する形になっており、そのカウンター席は全部で8席。人気店なのでお昼時はすぐ席が埋まってしまいますが、回転は比較的早めなので、少し待てばすぐ入れると思いますよ!
複数人でお話しながら楽しむというよりは、1〜2人でおむすびをいただきながらホッと一息つくのにぴったり、そんなお店でしょうか。

ちなみに、むすびやはテイクアウトにも対応しているので、お持ち帰りの方はレジでそのまま注文します。レジ下にはたくさんの種類豊かなおむすびが並んでいますので、選ぶだけでワクワクしてしまいますね!

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,テイクアウト

レジ横にはお弁当も用意されています。こちらも美味しそう。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,弁当

 

むすびやのこだわりおむすび

それではお待ちかね、むすびやの絶品おむすびのご紹介です。むすびやは「おむすびに特化したお店」というだけあって、おむすびへのこだわりが飛び抜けています。

お米、海苔、塩など、おむすびに欠かせない材料は徹底して厳選。特にお米は、5つ星お米マイスターが厳選した国内産の一等米のみを使用しているそう。
なかなかここまでおむすびだけにこだわりを持ったお店には出逢えないのではないでしょうか。

種類が“豊富過ぎる”具材

また中の具材に関しても、おむすびの美味しさ・可能性が広がるような多種多様なものが、なんと35種類も用意されています。
実際に提供されている具材は、こちら。

具材メニュー一覧◆塩むすび(190円)
1.のり有 / 2.のり無
◆定番むすび(220円)
3.鮭 / 4.うめ / 5.おかか / 6.大葉しらす / 7.こんぶ / 8.塩こんぶ / 9.山椒こんぶ / 10.焼きたらこ / 11.めんたいこ / 12.チーズ明太 / 13.ツナマヨ / 14.葉わさび / 15.青じその実 / 16.辛子高菜 / 17.葉唐辛子 / 18.安芸菜(あきな)漬 / 19.しじみ佃煮 / 20.イカ塩辛 / 21.ザーサイ / 22.青とうもろ味噌 / 23.味噌漬胡瓜(きゅうり) / 24.数の子雲丹(うに) / 25.煮うずら玉子
◆こだわりむすび(270円)
26.卵黄味噌漬け / 27.鶏そぼろ / 28.牛すき山椒 / 29.唐揚げマヨ / 30.ネギ塩チャーシュー / 31.肉麻婆(マーボー)
◆特撰むすび(320円)
32.こだわりコンビーフ / 33.いくら / 34.筋子 / 35.親子(鮭・いくら)

鮭、梅、おかかなどの定番具材から、数の子雲丹、卵黄味噌漬け、肉麻婆など、今まで食べたことがないけれど、つい「おぉ!」と唸ってしまうような、そんな具材が目白押しです。
初来店時は、まず間違いなくどれを頼もうか迷って焦りますよ(笑)

 

イートインなら「むすびやセット」で決まり

イートインの際は、単品での注文もいいのですが、おむすびと唐揚げ・お味噌汁がセットになった「むすびやセット」がオススメです。
むすびやセットは700円と950円の2種類があり、700円の方は『好きなおむすび2つ、鶏の唐揚げ1つ、お味噌汁』、900円の方は『好きなおむすび3つ、鶏の唐揚げ2つ、お味噌汁』という内容(特選むすびのみ1つにつき+100円)。

今回私は700円のセットを注文しました。そして肝心の具材ですが、悩みに悩んで(毎度訪問するたびに悩みまくってるのですが笑)「数の子雲丹」と「牛すき山椒」の2つをチョイス。
この2つに絞るのに3分以上かかってしまったことは、ここだけの話にしておいてください(笑)。

そして注文したおむすびが、こちら。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,セット
東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,セット

非常に美しく盛り付けられており、これだけで食欲が掻き立てられます。

そして、おむすびは持ってみるときっと驚くでしょう。めちゃくちゃふわふわなんです!
注文が入ってからお客さんの目の前で丁寧に作られるそのおむすびは、空気をうまく内包しながら絶妙な力加減で仕上げられているため、本当にふわふわなエアリー感。さすがの一言です。

数の子雲丹

数の子雲丹はなかなか他のお店では具材として見かけないのではないでしょうか。おむすびを割ってみると、こんなにたくさん美味しそうな数の子雲丹がぎっしり!これだけで幸せな気持ちになれますね(笑)

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,セット

もちろん味も抜群。雲丹の濃厚な味わいとお米の甘さが溶け合う中で、数の子のプチプチとした食感がたまらない逸品。
食べ終わった後も雲丹と数の子の風味・余韻が感じられるほど、味わい深いおむすびで大満足でした。

 

牛すき山椒

続いて牛すき山椒。こちらも割ってみると具材がたくさん!思わず笑みがこぼれてしまいますね(笑)

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,セット

牛すきは優しい味付けで、そこに山椒の爽やかな香りがスッと抜けてくる。おむすび自体の塩加減とも絶妙にマッチしています。この上品さと和を感じる絶品おむすびは、ある種おむすびのイメージをガラリと変えてしまうかもしれません。

今回はこの2種類をいただきましたが、前述の通りその他にもたくさんの具材が用意さていますので、何度来ても楽しめるお店です。
セットについている唐揚げも、衣がカリッとあがっていておむすびとの相性も抜群なので、ぜひ一度ご賞味くださいね。

東京,神楽坂,和食,むすびや,おむすび,店内,唐揚げ

 

むすびやのインスタ映え度は?

東京note編集部がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回のむすびやは、一見地味そうなおむすびという料理ですが、インスタ映え度はなかなかのものと見ます!

特に35種類もある具材は、割れば中から飛び出てくるほどぎっしり詰まっていますので、インパクトも抜群!色合いもとっても鮮やかで、非常にフォトジェニックなのではないでしょうか。
また扉の取っ手のおむすびも可愛らしいので、これもインスタではきっと人気が出ることでしょう(笑)。

むすびやで美味しいおむすびを楽しみながら、インスタライフも満喫しちゃいましょう!

 

View this post on Instagram

 

段々暖かくなってきていますが、まだ寒い日もありますね🥶 いかがお過ごしですか? 外濠、靖国神社、千鳥ヶ淵もちょうど満開になっています🌸🌸 お花見など、何人かで集まる機会に“華むすび”はいかがでしょう?🍙✨ 華むすび二十 : プチむすび20個入り 華むすび十五 : ブチむすび15個+唐揚げ10個 各 3,000 円 前日までにご注文頂ければ用意致します😋 ご注文時に具の変更をすることも可能です🙆‍♀️ カスタマイズをして自分だけの華むすびをお召し上がりください🍙 また、お味噌汁のテイクアウトも可能です。白ごま入りのお味噌汁、少し寒い日には嬉しいですよね🥰🥰 #むすびや #むすびや神楽坂 #おむすび #おにぎり#唐揚げ #塩麹唐揚げ #華むすび十五 #華むすび二十 #花祭り#お花見 #お弁当 #ソメイヨシノ #八重桜 #しだれ桜 #お味噌汁#カスタマイズ #自分だけのおむすび #神楽坂ごはん #神楽坂ランチ #神楽坂 #飯田橋 #飯田橋ランチ #飯田橋グルメ

神楽坂 むすびや 🍙さん(@kagurazaka.musubiya)がシェアした投稿 –

 

まとめ:「贅沢な料理」と感じられるほどのおむすびは、神楽坂に来たらなら必食!

おむすびにおける全ての食材にこだわり、お客さんが迷いまくってしまうほど種類豊富な具材も取り揃える「むすびや」。
おむすびも突き抜けると、ここまで贅沢な料理になるのだと、感動すら覚える味だと思います。

一人でふらりと入りやすい雰囲気なので、女性のお一人様利用の方も多くいらっしゃいます。お昼のランチで行ってみたり、神楽坂散策の途中で小腹が空いた時に訪れてみたり。色々なシーンで利用できると思いますので、神楽坂に来た際はぜひ行ってみてくださいね!

公式HP:https://kagurazaka-musubiya.com/


店舗名 神楽坂 むすびや 定休日 日曜祝日
営業時間 月~木 8:30〜14:00、16:00〜18:30 / 金 8:30〜15:00、17:50〜21:00 / 土 10:00〜14:00
価格帯 昼:〜999円 / 夜:〜999円 電話番号 03-3235-3094
席数 8席 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン 友人・知人と、お一人で 背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ 神楽坂の絶品おむすび屋さん。本当に豊富な具材が揃っているので、何度来ても飽きることはありません! 男性のお客さんの場合は、おむすびが3つ食べられる900円のセットがオススメです!それでもきっとペロリと完食できてしまうと思いますよ^^
住所 東京都新宿区神楽坂2-10
東京都新宿区神楽坂2-10

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 神楽坂,和食,としまや,デート,隠れ家,パスタ,飲み会

    和モダンな店内、和洋折衷な創作料理「としまや」を押さえておけば間違いない

  2. 東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

    都内で味わう絶品蕎麦と福井料理は「九頭龍蕎麦」なしに語れない

  3. 神楽坂,東京note,和食,ネギ,葱,デート,会食,外国人向け

    脇役とは言わせない!20種以上の葱が主役「葱屋みらくる」で、葱の魅力新発見

  4. 神楽坂,蕎麦,蕎楽亭,そば,天ぷら,デート,飲み会

    ミシュラン1つ星も過去獲得。行列の絶えない蕎麦屋『蕎楽亭』

  5. 神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

    創業150年を超える伝統と歴史の鰻割烹「かぐら坂 志満金」のうな重が至福

  6. 東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

    食材の宝庫である日本の「離島」を食す!「離島キッチン」