神楽坂の新スポット「AKOMEYA茶屋」が最高過ぎて、何度も休憩したくなる

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,スイーツ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

AKOMEYA茶屋って、どんなカフェ?

神楽坂で近年新しいランドマークとなりつつあった「la kagū」が、2019年3月末にリニューアルオープンしました。新しく生まれ変わったその施設は「AKOMEYA TOKYO in la kagū」。そう、すでに銀座や丸の内、京都、大阪など幅広く展開されており、こだわりの食材や雑貨等を扱っているあの『AKOMEYA TOKYO』です。

la kaguの施設を大きくリニューアルし、AKOMEYA TOKYOの旗艦店として新たにスタートを切った形になりますが、すでに連日多くの方々が来店しています。

そしてそんなAAKOMEYA TOKYO in la kagūの中に、注目のカフェがあるのをご存知ですか?「AKOMEYA茶屋」という名のそのカフェは、AKOMEYA TOKYO初のカフェ業態の店舗。

施設の人気も相まって、オープン以来家族連れや神楽坂散策で訪れた方などで大賑わいとなっています。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,人気

AKOMEYA茶屋も、AKOMEYA TOKYOらしくこだわりのお米を使ったカレーや米粉パン使用のホットサンド、オリジナルのスイーツ・ドリンクがいただけます。神楽坂において新しい風となりそうなそのカフェを、今回は東京note編集部がレポートいたします。


AKOMEYA茶屋への行き方

「AKOMEYA茶屋」は前述の通りAKOMEYA TOKYO in la kagū内にあります。“ほんもの”にこだわった食材や雑貨が揃うAKOMEYA TOKYO初のカフェということで、どんなお店なのかトレンドに敏感な方は特に気になるところなのではないでしょうか。大きな期待を胸に、早速向かってみましょう!

AKOMEYA TOKYO in la kagūは、今お洒落女子からも注目を集めている“奥神楽坂”エリアに位置しています。東京メトロ東西線「神楽坂」駅から向かうと近いので、まずは神楽坂駅から地上へ出ましょう。2番出口から出るのがオススメですよ!

なぜなら、2番出口を出たらすぐ正面にAKOMEYA TOKYO in la kagūが現れるからです(笑)。

東京,神楽坂,イタリアン,ソプラアクア,行き方
東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,行き方

駅から非常に近いのは、非常に嬉しいところ。都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から向かう場合は、A1出口から出て徒歩約7〜8分ほどで着きます。お散歩がてら、こちらから歩いて向かうのも楽しいかもしれませんね!

施設手前のフェンスには、AKOMEYA TOKYO in la kagūやAKOMEYA茶屋の案内板も出ています。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,行き方

 

AKOMEYA茶屋の外観・内観

続いてAKOMEYA茶屋の外観・内観を見ていきましょう!元々la kagūはお洒落な施設として人気を集めていましたが、AKOMEYA TOKYOとして再スタートを切った後も、そのスタイリッシュなデザイン・空間に注目が集まっています。自ずとAKOMEYA茶屋の外観・内観にも期待が高まりますよね。

外観

それではまず外観からです。AKOMEYA茶屋は施設の1階入り口横、大きな窓に面した位置にあります。そのため施設の外にはテラス席が用意されていて、お洒落な雰囲気。春・秋のシーズンは心地良い風に吹かれながらのティーブレイクが気持ちよさそうですね。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,テラス

店内入り口もとってもお洒落。AKOMEYA TOKYO in la kaguは白を基調とした内装ですが、AKOMEYA茶屋もそれを引き継いで清涼感あふれるスタイリッシュな入り口となっています。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,外観

メニューはレジ上の黒板にも書かれていますが、レジ横には紙に書かれたメニューも置かれているので、それを見て注文内容を決めましょう。
美味しそうなものばかりなので、初来店時は絶対迷いますよ(笑)

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,メニュー
東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,メニュー

(紙のメニュー、見辛くてごめんなさい…)


内観

続いて内観を見ていきましょう。店内の座席は6席と少し少なめですが、外のテラス席を合わせれば十分の座席数。比較的テイクアウト利用の方が多い印象でしょうか。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,外観

店内座席は全て窓に面して配置されているので、外から自然光がたっぷり入ってきて、ふんわり優雅な気持ちになれます。

また内装もとってもお洒落。白を基調とした壁と強い赤色の天井。店内奥には「和」を感じる掛け軸も飾られています。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,内観
東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,内観

この辺りはAKOMEYA TOKYOらしさを感じる部分ですね。シンプルながら、こだわりと遊び心が同居した、粋な空間が用意されていました。

Nextpage:“サクモチ食感”なあんこたっぷり和スイーツが登場!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事