“おもてなしの心”が溢れた絶品インド料理の名店、神楽坂「想いの木」で過ごす優雅なひと時

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

想いの木って、どんなお店?

神楽坂は美食の街として知られ、多くの有名飲食店がひしめき合っていますが、実はエスニック系のお店は少し少なめ。ただ、その数少ないエスニック料理店の中で、キラ星のごとく輝く都内屈指のインド料理店があるのをご存知ですか?その名店の名は「想いの木」。

店名からすると落ち着いた和食のお店のように聞こえるかもしれませんが、提供されているメニューはこだわりと“想い”が詰まった本場インド料理。

また味だけでなく、お客さん一人一人を大切にする心のこもった接客・サービスでも高い評価を得ており、落ち着いた店内でとても優雅な時間を過ごすことのできる名店です。

デートや大切な方の会食、記念日などのお祝いにもぴったりなお店である「想いの木」を、今回は実食レポートしたいと思います。ぜひご参考にご覧くださいね。


想いの木への行き方

まずは想いの木への行き方から押さえておきましょう。
後にご覧いただく外観・内観・料理(おすすめメニュー)写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

想いの木は、都営大江戸線『牛込神楽坂』駅もしくは東京メトロ東西線『神楽坂』駅から向かうと行きやすいです。今回は、より店舗に近い牛込神楽坂駅からの向かい方を見ていきましょう。

牛込神楽坂駅の3番出口から地上に出たら、まずは右に進んで、「神楽坂上」の交差点を目指します。
交差点に着いたら、左折して奥神楽坂方面(東京メトロ東西線「神楽坂」駅方面)へ歩きましょう。

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,人気,おすすめ

奥神楽坂方面の坂を上り始めてすぐ、左手側に「想いの木」が見えてきます。
想いの木はビルの2階にあるため、入り口までは階段で上がっていくのですが、その階段が細く見つけづらいかもしれないので、通り過ぎないように気をつけてくださいね!
(白く長い暖簾が目印です)

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,人気,おすすめ

牛込神楽坂駅からは非常に近いので、比較的行きやすいお店なのではないでしょうか。

 

想いの木の外観・内観

続いて、店舗の外観・内観をご紹介。
インド料理のお店とは思えないような、和と洋のテイストが溶け合ったとても上品な店舗となっていますので、料理だけでなくこちらも要注目です。

外観

外観は先ほどちらっとご覧いただいた白い暖簾・階段部分しか見えませんが、この時点でとっても素敵な雰囲気を感じられます。

暖簾や階段部分の木目などからは、和のテイストが感じられるため、一見すると和食の小料理屋さんのような外観にも感じられるのではないでしょうか。

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,人気,おすすめ

また階段手前にはディナーメニューも掲示されていますので、入店前に内容を確認しておくのもおすすめです。期待が高まりますね!

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,人気,おすすめ


内観

次に内観です。店内に入ると、落ち着いたライティングの空間がすっと広がります。これまたインド料理のお店とは思えないような、和と洋が同居したデザイン。
それほど広くはなく、こじんまりとした印象ですが、それが逆に大人の落ち着きや上品さを感じますね。

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,人気,店内

座席数は全部で23席で、2人掛けテーブル席が6つ、4人掛けテーブル席が2つ、また店内一番奥には壁に向かったカウンター席も用意されています。デートなどで使う際は、奥のカウンター席で横並びに座るのもオススメです。
(なお、想いの木では10歳以下のお子さんの入店はできませんので、ご家族で行かれる際はご注意ください。)

神楽坂らしい、ぐっと落ち着いた大人の世界が感じられる、そんな外観・内観となっていますので、大切な方との会食などにもぴったりではないでしょうか。


心のこもった丁寧で温かな接客

想いの木は都内屈指の名店として名を馳せていますが、のちにご紹介する料理の味はもちろんのこと、接客においても高い評価を得ています。

スタッフの方々はお客様一人ひとりを大切にされており、エスコートや各テーブルのセッティングはもちろんのこと、料理の説明から提供に至るまで、非常に丁寧。物腰も柔らかで、まさにお客さんとしては“おもてなし”を受けている、そんな感覚を覚えます。

また、今回事前に電話で予約をさせていただいた際も、「1つ前のお客様との入れ替わりの関係で、テーブルのセッティングに少しだけお時間を頂戴いたしますので、ご予約のお時間より5分程遅くいらしていただけますでしょうか。そうすれば、お待たせせずにご案内できるかと存じます。」とわざわざお話ししてくださいました。

些細なことでもお客様の立場で考え、少しでも気持ちよく料理を楽しんでいただきたい。そんなスタッフの方の想いが詰まった対応ですよね。

このような温かな接客を受けられるからこそ、様々な大切なシーンでも安心して利用できると感じている方が多いのではないでしょうか。高い評価を得ているのも頷けます。

 

心地よいスパイスがクセになる、絶品インド料理

ここからはお待ちかねの料理(おすすめメニュー)のご紹介。想いの木では、インドから仕入れた専用のスパイス粉砕機を使って、毎週火曜にシェフの方々が丁寧にスパイスを挽いています。

そのようなこだわりがギュッと詰まった料理が目白押しなので、今や都内でも屈指のインド料理店として名を馳せています。

今回はその中から東京note編集部おすすめの料理を厳選してご紹介。実際に来店・注文される際のご参考にご覧くださいね。

おすすめの前菜①:ひよこ豆サラダ

まず前菜からは「ひよこ豆サラダ」(940円)です。

東京,神楽坂,エスニック,想いの木,カレー,料理,前菜

インドでは定番の食材であるひよこ豆を使ったシンプルなサラダですが、一口頬張ればピリリとスパイスが効いた自家製ドレッシングの風味とフルーツのキウイの酸味が爽やかに口中に広がります。

豆やそれぞれの野菜も非常にフレッシュで、食感・歯ごたえも絶妙。特にこのサラダの主役であるひよこ豆のカリッとした食感が楽しい一皿です。
野菜に丁寧な飾り包丁も入れられており、見た目も美しい前菜ですね。

Nextpage:香辛料がたまらない!絶品シーシカバブ!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事