“古田さん家”は超人気店⁉︎ 隠れ家過ぎるイタリアン「ARBOL」の人気の秘密

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

アルボールって、どんなお店?

神楽坂の街の中でも店舗数が和食と並んで多いのがイタリアン。多くのお店がひしめき合う中で、料理のクオリティの高さと“ある特徴”で人気を集める隠れ家イタリアンが、石畳みの小路・兵庫横丁にあります。

「ARBOL(アルボール)」と名付けられたそのお店は、今では神楽坂屈指の評判店となり、数々のグルメ雑誌やメディアでも特集されるほど。
自然派食材を活用した絶品創作イタリアンが楽しめて、デートや友人・知人との食事、合コンなどにもぴったりなそのイタリアンを今回は実食レポートでお届けし、その人気の秘密を解き明かしていきたいと思います。

実際に東京note編集部が訪れて感じた魅力をそのままお伝えしますので、ぜひお店選びのご参考にご覧くださいね。

 

ARBOLの特徴・魅力

実食レポートに入る前に、ARBOLの特徴・魅力についてご紹介しておきましょう。ARBOLには他店にはなかなかない大きな特徴が2つあり、それらが多くの人々を魅了して離しません。

特徴・魅力その①:古民家を改築した一軒家レストラン

まず1つ目の特徴は、店舗全体が「古民家を改築して造られている」ということ。よく一軒家レストランという表現をすることがありますが、ARBOLはその言葉を体現したお店で、店構えは“邸宅”そのもの。一見するとレストランとは全く気づかないような外観で、まさに「隠れ家」という言葉がぴったり似合います。

その象徴としてよく取り上げられているのが、入り口の門に掛けられた「古田」の表札です。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

これを見ただけでは、誰しもが「ただの古田さんのお家」としか思わないでしょう(笑)。むしろ中の様子を覗きこむことすら少しはばかれるほど。

ただこの独特な店構えによって、ARBOLは“圧倒的な隠れ家感”を手にしており、他店と一線を画す存在として人気を博しています。大切なパートナーや友人・知人を招待すれば、驚きと喜びの声をあげてくれること間違いなしですね!合コンでもきっと大盛り上がり(笑)。

ちなみに古田さんの表札以外にも、きちんと店名が書かれた石の表札も用意されていますので、お店が見つけられない時はこちらを目印にしましょう(ただここは入り口ではないので、店内に入る時は古田さんの表札がかかっている方から入りましょう)。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

特徴・魅力その②:屋上で収穫した採れたて野菜が味わえる

もう1つの大きな特徴・魅力は「店舗屋上で育てた採れたて野菜を味わえる」という点。ALBOLは前述の通り、古民家を改築して造られたお店なので、屋上も野菜が栽培できるようリノベーションされています。

そこで丁寧に育てられた野菜が、提供される料理にふんだんに使用されています。ALBOL自家栽培野菜たちの素材を活かした新鮮な味わいは、もちろん他店では絶対に味わえない代物。この点も、多くの方々から高く評価される理由の1つとなっています。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,野菜

 

ARBOLへの行き方

ARBOLの特徴・魅力を知ると、実際の様子がさらに気になってきますよね!それではここからは、東京note編集部がお邪魔した際の実食レポートに移っていきましょう。

まずはARBOLへの行き方から。
実はARBOLは外観だけでなく、立地も“隠れ家過ぎる”場所にあります。初めて行く際はなかなか辿り着けない方も多いので、その道順を編集部で撮影した写真を使いながらわかりやすく解説したいと思います。

ARBOLは、都営大江戸線『牛込神楽坂』駅もしくは東京メトロ有楽町線・南北線『飯田橋』駅から向かいましょう。特に牛込神楽坂駅からの方がより店舗に近くわかりやすいので、今回は牛込神楽坂駅からの向かい方をご紹介。

牛込神楽坂駅の3番出口から地上に出たら、まずは右に進んで、「神楽坂上」の交差点を目指します。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

交差点に着いたら神楽坂のメインストリート・神楽坂通りを飯田橋方面(交差点を右折)に向かって上っていきましょう。
1分ほど歩くと、右手に神楽坂のシンボル・毘沙門天善國寺が見えてきます。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

そしてここからがポイント。ARBOLに行くには、その毘沙門天善國寺の真向かいにある極細の路地を入っていきます。この路地が非常にわかりづらい(一見すると路地なのかもわからないくらい目立たない)ので、下の写真を参考にしていただきながら、通り過ぎてしまわないように気をつけてくださいね。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

路地に入ったら、そのまま真っ直ぐ進んでいきます。これほど細い路地でも、途中途中にはしっかり美味しそうなお店が並んでいます。神楽坂の奥深さを感じる道でもありますね。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

細い小路を真っ直ぐ進んでいくと十字路も出てきますが、それもそのまま直進しましょう。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

小さな階段を下りると、目の前の石壁には「ARBOL」の文字が。これで一軒家イタリアンARBOLに到着です。メインストリートから少し離れて、神楽坂らしい落ち着いたエリアに佇むその店舗は、まさに秘密のお店・“隠れ家過ぎるレストラン”と言えるのではないでしょうか。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

 

ARBOLの外観・内観

続いてARBOLの外観・内観を見ていきましょう。前述の通りARBOLは一見すると一般的な邸宅にしか見えないレストラン。その外観の全貌や、改装された店内の様子にも自ずと期待が高まるところですよね。

外観

訪れる人が口を揃えて「本当に人の家だった」と話す、その外観がこちら。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,外観

うん、本当に人の家だ(笑)。
ごく普通の戸建て一軒家に、ごく普通の石壁、ごく普通の「古田さん」(笑)。石壁から中を覗き込むことすら少し背徳感を感じるほど、本当に一般の邸宅にしか見えません。
これがレストランだとわかっていないと、まず間違いなく気づかずに通り過ぎてしまうでしょう。

店内に入る際も、ごく普通の玄関から入って家のドアを開ける形になっているので、開けるまでわかっていても少しドキドキとしてしまいます。この日常と非日常が入り混じったような、何とも形容できないワクワク感は、このお店でしかなかなか味わえない体験。一緒に行く友人知人やパートナーの方をびっくりさせたい場合にはもってこいのお店ですね。

内観

続いて外観と併せてこちらも気になる店内の様子です。
ドアを開けて中に入ると、そこはもう邸宅ではなく、ガラス張りでオープンなレストラン。外観の様子からは想像できないようなスタイリッシュな造りで、これも来店者のイメージを大きく覆してきます。
(ただ元々は古民家ですので、靴を脱いでスリッパで過ごすスタイル。女性の方などはその辺りも踏まえて来店しましょう)

座席は全部で60席。1階はオープンフロアになっており、入り口右手には大人数で着席できる長いテーブル席が、1階奥の中央にはキッチンスペースをぐるりと囲むようにカウンター席が用意されています。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,店内
東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,店内

またカウンター席横の少し奥まったスペースにはソファー席も用意されており、よりゆったりと過ごすこともできるよう配慮されています。こちらはデートでの利用などにもぴったりですね!

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,古田

その他2階には個室も用意されているので、周りに気兼ねなく楽しい時間を過ごしたい場合は、こちらを予約するのがおすすめです。
取材当日はすでに2階個室は利用されていたので写真としておさめることはできませんでしたが、2階への階段・アプローチ等の様子は以下のようになっています。この辺りは古民家らしい作りがそのまま活かされていますね(お手洗いも2階にあります)。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,2階
東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,2階
東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,2階

外観・内観ともに、初めて訪れる人を必ず驚かせてくれる、そんな造りになっています。とってもスタイリッシュでお洒落な空間が広がっていますので、今話題の“おしゃ活”にもぴったりですよ!

 

旬の自家栽培野菜を中心としたARBOLの絶品料理たち

そしてここからはお待ちかね、ARBOLこだわりの絶品料理のご紹介です。屋上で育てた自家栽培野菜を中心に、全国から取り寄せたこだわりの食材(肉、魚、野菜、パスタ…etc)を使って作られる料理たちは、食通を唸らせるものばかり。今回はその中でも東京note編集部が実際にいただいたおすすめメニューをご紹介していきますよ!

 

おすすめのメニュー①:季節野菜の菜園パーフェクトベジタブル バーニャカウダソース

まず一品目は「季節野菜の菜園パーフェクトベジタブル バーニャカウダソース」(1,500円)です。
イタリアンではもはや大定番となっているメニューではありますが、ARBOLにおいても定番の超人気メニュー。こちらで使用している野菜は屋上栽培の野菜ではありませんが、全国各地(鎌倉、三浦、愛媛、丹波)から取り寄せたこだわりの野菜が味わえます。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

10種類以上の野菜が大きめにカットされて盛られており、どれも新鮮そのもの。それぞれの野菜のカリッとした食感や口いっぱいに広がる瑞々しさと甘さは、そのまま野菜だけで食べても1つのメニューとして完成されていると思えるほどの美味しさです。

それに加えて、バーニャカウダソースがまさに絶品。絶妙な塩加減とまろやかさが特徴のコク深い味わいで、多くの方が「これまで食べたバーニャカウダソースでNo.1」と評しています。
野菜の美味しさが特徴ともなっているARBOLならではのメニューですので、ぜひ食べていただきたい一品です。

 

おすすめのメニュー②:シマアジとカブのカルパッチョ

ARBOLではグランドメニューの他にも、その日仕入れられた食材を使ったおすすめメニューがあります。二品目はその中から「シマアジとカブのカルパッチョ」(1,500円)をご紹介。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

大分で漁獲されたシマアジは高級食材として取引されていますが、そのシマアジとこれまた新鮮なカブを使ったカルパッチョがとてもリーズナブルなお値段でいただけます。カブのシャキシャキとした食感に脂の乗ったシマアジの旨味が合わさり、絶品の一品に。酸味も強すぎない柔らかな味わいなので、酸っぱい料理が苦手な方も美味しく食べられます。

 

おすすめのメニュー③:イチボのグリル

そして続いてはメイン料理「イチボのグリル」(3,300円)です。お肉料理もARBOLでは大人気メニュー。この日はブランド牛である佐賀牛のイチボを使ったグリル料理があったので、編集部も迷わず注文しました(笑)。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

じっくり時間をかけて丁寧にグリルしたイチボは、まわりは香ばしく、中は赤くレアな状態。肉汁や旨味が中心部分にギュッと濃縮されたその美味しさは、言葉にならないほど。ずっと噛みしめていたくなるような至極の逸品でした。
また付け合わせの野菜も美味で、特に丹波のしめじは食感・風味ともに最高。非常に完成度の高い料理で、誰が食べても大満足できるメニューなのではないでしょうか。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

 

おすすめのメニュー④:本日のパスタ 自家製スモークチキンとグリーンピースのカチョエペぺスパゲッティ

最後は〆にもぴったりなパスタ料理です。ARBOLでは日替わりでパスタが数種類提供されていますが、この日はその中から「自家製スモークチキンとグリーンピースのカチョエペぺスパゲッティ」(1,800円)をチョイス。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

カチョエペペとはイタリア・ローマ発祥のチーズパスタで、チーズと黒胡椒のみで仕上げるシンプルなパスタです。今回のメニューでは、さらにARBOL自家製のスモークチキンと新鮮グリーンピースも使われており、チキンの燻された香ばしい香りとグリーンピースの甘さがコク深いチーズと相まって、非常に贅沢な味わいに。
一通り各料理をいただいた後でも、ペロリと平げられるパスタでした。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

 

おすすめのドリンク:赤ワイン バルバレスコ

ARBOLの美味しい料理をいただいていると、やはりワインも楽しみたくなりますよね。ARBOLではグランドメニューとして数々のアルコールが楽しめますが、日替わりでおすすめのワインも用意されています。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,ワイン

今回はその中からイタリアのワイン「バルバレスコ」(グラス:850円、ボトル:6300円)を注文しました。アロマが深く・強いワインで、特にイチボとの相性が抜群。ワイン好きな方はスルスルと飲めてしまって、良い意味で“危険な”ワインと言えるでしょう(笑)。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,ワイン

ノンアルコールのドリンクも用意されているので、お酒が苦手な方も安心して楽しめます。
下の写真は「ノンアルコールスパークリング ディアムール ミュスカ」(800円)。ぶどうの果実を強く感じるノンアルコールのスパークリングワインで、フレッシュさと程よい甘さのバランスが絶妙です。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,ドリンク

その他にもARBOLには絶品メニューが目白押し。以下の通り、その日のお店オススメメニューもたくさん用意されているので、ぜひ色々な料理を楽しんでみてくださいね!

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー
東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー

 

ARBOLのインスタ映え度は?

東京note編集部がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の「ARBOL」は文句なし、インスタ映え度MAXでしょう!
料理の写真と一緒に、ARBOLのまるで邸宅のような外観や「古田さん」の表札を投稿すれば、インスタの中でも目を引くこと間違いなし。

インスタ内でも人気のイタリアン・グルメ系ハッシュタグをつけながら、ARBOLの写メでいいねや人気を集めちゃいましょう!


まとめ:神楽坂屈指の“隠れ家”イタリアンで、驚きの連続を味わおう

今では神楽坂屈指の人気を誇るイタリアンとなった「ARBOL」。あらゆる場面で大きなサプライズを提供してくれるレストランは、その人気ゆえに予約もなかなか難しくなっていますが、うまく予定を調整してでも訪れてみたいお店です。
特に大切な友人・知人・パートナーの方を招待すれば、外観〜料理の全てにおいてびっくりしてくれること間違いなしですので、ここぞという時にぜひ利用してみてくださいね!もちろん合コンにもぴったりですよ!

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,メニュー


店舗名 ARBOL (アルボール) 定休日 日曜日
営業時間 17:00〜23:30
価格帯 6,000〜7,999円 電話番号 03-6457-5637
席数 60席(テラス席もあり) 個室 有り 禁煙・喫煙 完全禁煙(喫煙スペース有り)
利用シーン デート、食事会・飲み会、女子会 背伸び度 ★★★ 予約難易度 やや難しい
編集部メモ

まさに隠れ家中の隠れ家。気をつけてないと、隠れ家すぎて本当に通り過ぎてしまいます(笑)。
外観から料理まで全てにおいてサプライズを提供してくれるレストランですが、スタッフの方々の優しさや気配りのうまさも要注目。本当におすすめです^^

住所 東京都新宿区神楽坂4-7 1F
東京都新宿区神楽坂4-7 1F

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,イタリアン,タンテボーネ,行き方

    お洒落な休日を過ごしたいなら、神楽坂イタリアン「タンテボーネ」なら間違いなし

  2. 東京,神楽坂,イタリアン,タルタルギーナ,グルメ,予約,メニュー

    神楽坂の隠れ家イタリアン「トラットリア ラ タルタルギーナ」で地中海を味わう

  3. 東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,ジビエ

    絶品ジビエとパスタが食べたいなら「神楽坂しゅうご」は絶対に外せない

  4. 東京note,神楽坂,イタリアン,オステリアレガーメ,ワイン,パスタ,カルボナーラ

    特別な日は100種類超のワインと絶品イタリアンが魅力の神楽坂「オステリア レガーメ」で。

  5. 東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,おすすめ

    自慢したくなるお店とは、こういうこと。神楽坂イタリアン「イル ボッリート」の魅力

  6. 東京,神楽坂,イタリアン,アバンティタカヒロ,予約,デート

    大人の隠れ家イタリアン「AVANTI TAKAHIRO」が神楽坂デートに最適なワケ

  7. 東京,神楽坂,シルコ,イタリアン,バル,飯田橋,女子会

    お洒落女子会なら神楽坂イタリアンバル「Circo」がオススメ

  8. 東京,神楽坂,カステリーナ,イタリアン,予約,デート

    神楽坂「ピアッティ カステリーナ」で、大人の空間とお値打ち以上のイタリアンを楽しむ

  9. 東京,神楽坂,アルベラータ,イタリアン,飯田橋,デート

    神楽坂の絶品イタリアン「リストランテ アルベラータ」で、至福の時を過ごす