【神楽坂・飯田橋】隠れ家会席「おいしんぼ」の絶品和食が喧騒を忘れさせてくれる

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『おいしんぼ』はTHE神楽坂なお店

みなさんの中で、神楽坂と聞くと「石畳、行灯、昔ながらの風景」などのイメージがあると思いますが、神楽坂の中でも様々な路地にその風景が残っています。

今回ご紹介する隠れ家会席『おいしんぼ』は、ドラマの撮影でも度々登場するほど雰囲気のある路地「兵庫横丁」にあるお店。旧日本家屋をそのまま利用しているという点では、神楽坂の中でも最も昔ながらの情緒が残っているお店と言って過言ではありません。

『おいしんぼ』への行き方・アクセス

『おいしんぼ』は東京メトロ南北線・飯田橋駅か都営大江戸線・牛込神楽坂駅から向かうのがおすすめ(徒歩6分程度)。牛込神楽坂駅から向かう場合は、A3出口から地上に出て、まず右に進んで神楽坂通りを目指します。

神楽坂通りに着いたら飯田橋方面に向かって坂を上りましょう。1分ほど歩くと、右手に神楽坂のシンボル・毘沙門天善國寺が見えてきます。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

そしてここから先がポイントですが、『おいしんぼ』に行くにはその毘沙門天善國寺の真向かいにある極細の路地を入っていきます。

この路地が非常にわかりづらく(一見すると路地なのかもわからないくらい目立たない)、初めて訪れる人は「え、ここ??」と必ず不安になる道です(笑)。下の写真を参考にしていただきながら、通り過ぎてしまわないように気をつけてくださいね。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン
東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

路地に入ったら、そのまま真っ直ぐ進んでいきます。こんな細い路地ですが途中にはいくつかお店もあります。それぞれ趣深く個性的なお店が軒を連ねているので、気になる方は別日にぜひ訪れてみましょう。

あとはその路地を真っ直ぐ奥へ奥へ進んでいくと、右手側に『おいしんぼ』が見えてきます。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

ちなみに『おいしんぼ』へ向かう路地の途中には、超人気で予約困難店となっている隠れ家イタリアン『アルボール』もあります。こちらも名店なので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


また『おいしんぼ』は、同じく神楽坂の白銀町に「神楽坂おいしんぼ はなれ」(旧店名:瓢箪坂 おいしんぼ)という姉妹店もあるので、こちらと場所を間違えないように注意してくださいね!(下の写真が「神楽坂おいしんぼ はなれ」です)

神楽坂,飯田橋,和食,おいしんぼ はなれ,ランチ,古民家,隠れ家

『おいしんぼ』の外観&内観

『おいしんぼ』は旧日本家屋を改築・利用して営業されているお店なので、外観は和情緒たっぷりな落ち着いた店構え。兵庫横丁の石畳や行灯、壁の黒板などととってもマッチしています。

TVなどでも度々取材されているほど抜群の雰囲気なので、お店に入らなくても撮影する人が非常に多いのだとか。インスタ映えも間違いないでしょう。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

店内は日本家屋の良さがそのまま活かされた造りになっており、カウンター・個室・お座敷など、どこを切り取ってもホッと一息つける雰囲気になっています。デートでしっぽり、会食や記念日のお祝いなど、色々な場面でも活用できそう。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

店内の空気感・雰囲気

店内はまるで実家に帰ってきたかのような雰囲気と落ち着いた空気が流れています。都会の喧騒から離れてホッと心を落ち着かせるには最適。

そのためどちらかというと、大人数でワイワイと騒がしく過ごすというよりは、気心しれた少人数の仲間内でゆったり過ごすのが一番『おいしんぼ』を楽しめるのではないでしょうか。


『おいしんぼ』の和食の数々

そんなおいしんぼで提供される料理は、日本各地の食材を使った丁寧な絶品和食。湯葉や生麩といった昔ながらの食材から、現代風にアレンジした料理など様々な和食が頂けます。

日本酒や焼酎も数多く揃えており、酒の肴、珍味も取り揃えていますので、時間を忘れてゆっくりとお酒に酔いたい時にも最適です。

以下は、以前東京note編集部が訪問した際にいただいたメニューの一部です。
(表示金額は全て税別です)

お通し 翡翠豆腐

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

色鮮やかな緑の豆腐で枝豆などを使用して作られており、もちもちとした寒天に近い食感。自然の甘みを活かした優しい一品でした。

生湯葉と季節野菜 赤蕪ソース仕立て(980円)

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

赤カブのソースが鮮やかなサラダで、白菜や人参、トマト、ほうれん草、生湯葉などとっても具たくさんなメニューでした。赤カブのソースはおろし状になっており、爽やかな酸味がありながら、カブの甘みも感じられる新感覚のサラダになっています。『おいしんぼ』らしい創作和食です。

白い細長いものはチーズが薄くスライスされたもので、こんな形でサラダにあえるチーズは珍しいですね。赤カブソースとチーズもとても合いますので、よく全体を混ぜて召し上がりください。

生麩田楽(780円)

見た目にも可愛らしい4種類の生麩に味噌を乗せた田楽にした一品です。生麩はごま風/かぼちゃ風/よもぎ風/道明寺風(桜餅)の4種で、それぞれに赤味噌・白味噌が乗っています。
生麩は少し揚げてあり、外はカリカリ、中はふわふわもっちり。食感も楽しめますね。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

和牛サーロイン握り寿司(1,580円)

口に中に入れると和牛サーロインが溶けるほど柔らかく、でも脂はしつこくなくさっぱりしています。ご飯もお寿司のシャリ同様に少し固めに炊かれており、醤油ではなくサーロインに合わせて少し甘めのタレがかかっています。一口で頬張れば、幸せな気分になれる一品です。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

豆乳湯葉クリームコロッケ(960円)

湯葉の入ったクリームコロッケは想像がつかなかったのですが、湯葉が入ることでよりクリーミーで濃厚なクリームコロッケに仕上がっていました。豆乳湯葉だけでなく、生麩もコロコロと入っていて、食感のアクセントになっています。中は熱々ですので、皆さんも食べる際はお気をつけくださいね!

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

江戸漬チーズ(680円)

「江戸甘味噌」を使って作る漬物が一般的に江戸漬と呼ばれていますが、そのチーズ漬けがメニューにあったので、お酒のアテとしてすかさずチョイス。添えられたクラッカーと一緒に食べても美味しいので、お酒が苦手な方でも楽しめる一品でした。

当編集部は日本酒好きが多いため、この江戸漬チーズと日本酒で1時間以上ちびちびやっていましたw

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

土鍋炊込ご飯 穴子(1人前 1,290円 ※注文は2人前から)

土鍋でじっくり炊き上げる炊き込みご飯。今回は穴子をチョイスしましたが、他にもカツオ酒盗、地鶏とごぼう、ちりめん山椒などがあり、季節によって旬の食材を使った炊き込みメニューがあります。

ご飯は少し甘めの味付けが染み込んでおり、穴子はとってもふわふわな仕上がり。一気にかきこんで食べてしまいたいほど美味しい一品でした。土鍋にはおすましと漬物がセットで付いてきます。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン
東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

以上が今回ご紹介する料理の全てですが、これ以外にも『おいしんぼ』には絶品の創作系和食が目白押しとなっていました。ぜひ皆さんも実際に訪れて、その味に舌鼓を打ってみてくださいね!

まとめ:都会の喧騒を離れて、日本家屋でしっぽり落ち着いた時間を過ごせる名店

“隠れ家レストラン”が多い兵庫横丁でも、代表的なお店である「おいしんぼ」。まるでタイムスリップしたかのような路地や外観の雰囲気、そして一歩入店すると実家に帰ってきたのような居心地の良さ。『おいしんぼ』は、そんな都会にいたらなかなか味わえない魅力がたっぷり詰まったお店でした。

あまりの居心地の良さで、ついつい長居してしまうかもしれません。大切な友人・知人やパートナーの方などと、都会の喧騒を離れてゆっくりと語り合ってみるのも良いのではないでしょうか。

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン
公式HP:http://wa-kinari.jp/k-oishinbo/


店舗名 神楽坂 おいしんぼ
営業時間 11:30〜15:00、17:30〜23:00
価格帯 ¥5,000〜¥6,000
定休日 年中無休 電話番号 03-3269-0779
席数 50席 個室 有(2人、4人、6人、8人、10人〜可)
禁煙・喫煙 喫煙可 利用シーン デート、接待、会食、大切な日
背伸び度 ★★ 予約難易度 早めの予約を推奨
編集部メモ

神楽坂の石畳の路地にぼんやり浮かぶ行灯と黒板塀は、古き良き日本家屋の姿をそのままに残し、情緒溢れる空間でいただく和食は絶品です。

住所 東京都新宿区神楽坂4-8
東京都新宿区神楽坂4-8

The following two tabs change content below.
アバター

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

合わせて読みたいおすすめ記事