築70年の古民家を改装したイタリアン「アンジェラ」で味わう“おふくろの味”

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,前菜

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

アンジェラって、どんなお店?

神楽坂には多くの名店が軒を連ねていますが、その中でも“古民家”を活用したレストランが意外と多かったりするのも特徴と言えるでしょう。

今回ご紹介する人気イタリアン「アンジェラ」も、その1つ。神楽坂の狭い狭い路地の先、外観はごく普通の古民家が、まさにそのお店です。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ

特にアンジェラが強く意識するのは“くつろぎの空間”。誰もがホッと落ち着く、そんな空間を紡ぎ出すために古民家をそのまま使い、料理も素材・手作りにこだわった「イタリアマンマの味(おふくろの味)」を提供しています。

昭和の香りが残る、まるで実家のような温かな雰囲気の中、気取りすぎない優しい味の絶品イタリアンが楽しめる。この点がアンジェラの大きな特徴・魅力と言えるのではないでしょうか。

日々の喧騒から少し離れてゆっくり気ままに食事がしたい時や、デートや友人・知人との食事にもぴったりなそのイタリアンを、今回は実食レポートでお届けしたいと思います。

実際に東京note編集部が訪れて感じた魅力をそのままお伝えしますので、ぜひお店選びのご参考にご覧ください。


アンジェラへのアクセス

まずはアンジェラへのアクセス・行き方を見ていきましょう。後にご覧いただく外観・内観・料理写真含め、実際に神楽坂に拠点を置く「東京note編集部」で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきますよ!

アンジェラは都営大江戸線「牛込神楽坂」駅または東京メトロ東西線「神楽坂」駅から向かうと行きやすいですが、牛込神楽坂駅の方が最寄りになりますので、今回はこちらからのアクセスをご紹介いたします。

まず牛込神楽坂駅のA3出口から地上に出ましょう。出口を出たら、右方向(神楽坂通り方面)へ進みます。
そして道を進んでいき、右手側2つ目の路地を入っていきます。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,アクセス
東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,アクセス

非常に細い小路で少し不安になるかもしれませんが(笑)、臆せず進んでいきましょう。
実はこの道には、今回ご紹介するアンジェラ以外にも、和食の名店「久露葉亭」と「枝魯枝魯」の2つが軒を連ねています。当メディアの記事でもご紹介しているので、ぜひご覧くださいね!

名店揃いの小路の奥には、お目当てのアンジェラが待っています。小路の奥の奥に位置しているので、まさに隠れ家レストランといったところ。都会の喧騒を離れてゆっくり美味しいイタリアンが食べたい時などにはぴったりのお店です。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ

アンジェラの外観・内観

それでは続いて店舗の外観・内観を見ていきましょう。アンジェラは古民家をそのまま活かした店舗になっているので、落ち着きと家庭的な温かさを感じる点が魅力です。

外観

外観はまさにお家(笑)。小さな小窓に、昔ながらの邸宅らしい引き戸のドア。田舎や実家に帰ってきたような、どこか懐かしさを感じる外観となっています。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,外観

入り口手前には大きく「Angela アンジェラ神楽坂」の文字が見られますが、これを見ると郷愁に浸っていたところから「あ、やっぱりお店なんだな」と現実に帰ってくることができますね(笑)。

内観

続いて店内の様子です。店内に入ると…やっぱりお家(笑)。これまた懐かしい板張りの廊下がすーっと真っ直ぐに伸びているのが目に入ってきます。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ

そのまま廊下を奥に進んでいくと、テーブル等が並んだフロアに着きます。
座席は店内全体で32席。1階は2〜14名まで対応可能なスペース、2階は畳敷きの間など完全個室が3つ用意されています。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,店内

やはりどこを見渡しても、古民家の“それ”をそのまま残した造り。非常に落ち着く空間で、ついつい長居したくなってしまいます。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,店内
東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,店内

アンジェラは「ようこそ我が家へ」というコンセプトを掲げていますが、まさにそれが体現された造り。
古民家を改築したレストランは最近増えてきていますが、アンジェラほどに古民家を“そのまま活かした”一軒家レストランは少ないのではないでしょうか。

本当にゆったりと、ホッと心を落ち着かせながら過ごすことができるので、気心知れた友人・知人と昔話に花を咲かせたり、大切な方との会食などにもぴったりなお店です。


素材・手作りにこだわったイタリアの“おふくろの味”

それではここからは絶品料理のご紹介に移っていきましょう!「ようこそ我が家へ」のコンセプトの通り、素材と手作りにこだわった料理は、まさに“イタリアマンマ(おふくろの味)”。

まるで本当に実家に帰ってきたかのようなくつろぎの空間の中で、温かな絶品イタリアンをいただけます。もちろんコスパも抜群。

今回は東京note編集部が実際にいただいたコースメニュー「ジェラ直コース」(5,500円)をご紹介していきますよ!こちらのコースはアンジェラ公式HPからしか予約ができない人気コース。

取材時は2名でお伺いしましたので、今回はたっぷり2名分のメニューをお伝えしていきます。

オススメのコース 前菜:季節食材を盛り込んだ「前菜9品盛り合わせ」

まずは前菜から。実はアンジェラでは、この「前菜9品盛り合わせ」がお店のスペシャリテで、お店の看板メニューとなっています。

季節や月で変わる9種類もの絶品前菜がいただけるのは嬉しい限り。どれも心温まるイタリアの家庭の味が楽しめます。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,前菜

写真右上にある「新れんこんのストラッチャテッラ(イタリア版かきたま汁)」は、ふんわりとした玉子の食感と細かく刻まれたれんこんのサクサクとした食感があり、非常に懐かしさを感じる優しい味わい。まさにホッと落ち着く一品です。

また写真左下「鯵のカルパッチョ 新生姜のムース」は、鯵のトロッとした食感の中に、さっぱりとした酸味と新生姜のムースの爽やかな香りが広がって非常に美味。
今後のメイン料理への期待値がとても高まる前菜でした。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,前菜

オススメのコース パスタ&ピッツア:手打ちのタリアテッレ 豚バラ・春キャベツのピスタチオペースト和え

続いて「ジェラ直コース」の2品目(プリモ)はパスタ&ピッツア。こちらは決められたメニューの中から“グループで2種類”を選べます。

今回はまず1種類目としてパスタの「手打ちのタリアテッレ 豚バラ・春キャベツのピスタチオペースト和え」をチョイス。

東京,神楽坂,予約,イタリアン,アンジェラ,パスタ

手打ち麺のコシのあるパスタに、濃厚なピスタチオペーストのソースがしっかり絡んで、絶妙な味わいです。特にピスタチオペーストは、運ばれてくる時からふわっと香ばしい香りを振りまいてくれるほど風味豊か。

なかなかピスタチオペーストのソースを使ったパスタは食べられないので、これはオススメです。

Nextpage:アンジェラ自慢のパスタとピッツア!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事