ビブグルマン4年連続獲得!隠れ家すぎるモダン・チャイニーズ「ENGINE」に通いつめたい

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

「ENGINE」はどんなお店?

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
神楽坂に馴染みのない方、あまり訪れたことがない方のイメージでは、神楽坂と言えば「和食」「割烹」「おしゃれ」、少しご存知の方は「フレンチが意外と多い」「イタリアンも穴場がたくさん」など皆さんイメージをお持ちだと思います。

皆さんのイメージ通りで、神楽坂は東京でも屈指の「美食の街」なのですが、そんな中でも「中華」のイメージってありますか?私は全然ありませんでしたw
確かに数自体は和食やフレンチに比べたら全然少ないですが、実は本格的四川料理や中国の伝統料理を提供してくれるお店から、最先端のモダンチャイニーズまで、粒ぞろいのレストランが揃っているんです。

そんな神楽坂の中華レストランのなかで一番人気と言っても過言ではない予約困難店であり、神楽坂だけでなく東京の中華の最先端を走っている「ENGINE」を紹介していきます。予約は必須ですよ!

隠れ家すぎるモダン・チャイニーズ

ENGINEは料理だけでなく、その立地もとても素敵で、神楽坂の路地の奥、まさに「隠れ家」という表現がぴったりな店構えをしています。今回は初めての人でも迷わないように、わかりやすい道順で紹介していきます。

ENGINEへ行き方

最寄駅は都営大江戸線の「牛込神楽坂駅」から徒歩3分、東西線「神楽坂駅」から徒歩4分、JR・東京メトロ各線「飯田橋駅」から徒歩5分とアクセス抜群です。
飯田橋からアクセスの場合、神楽坂が初めての人は迷ってしまうような、細い路地を進まないと行けないのですが、ほんの少し遠回りすれば一気に分かりやすくなり、どの駅からもアクセスしやすい道順をご紹介します。

と言ってみたものの、本当に簡単で、「神楽坂上」という交差点を目指しましょう!どの駅からも一本道で到着しますし、この交差点に来ればもう到着も近いです。ドラッグストアや肉まんで有名な「五十番」さんなどがあります。
東京,神楽坂,ROJIビル,隠れ家
交差点をお店の方に進んだら、本当にすぐに右折してください。夜は暗いかもしれませんが、すぐにオシャレな照明できらめく素敵なビルが目の前に現れます。2階が大きなガラス張りのお店になっており、ENGINEはそのビルの「1階」にあります。
東京,神楽坂,フレンチ,カジュアルフレンチ,デート,女子会,ビストロ,シャンパン東京,神楽坂,フレンチ,カジュアルフレンチ,デート,女子会,ビストロ,シャンパン
ちなみに、このおしゃれビルは「ROJIビル」という名前で、2階の大きなガラス張りもレストランで、「ため息が出るほど美しく、本場の味にテンション上がりっぱなし!カジュアルフレンチ「ビズ」でも紹介しているカジュアルフレンチレストランです。このビルは地下1階〜地上3階まで最強のレストランが入っていますので、覚えておいて損はないですよ!

ENGINEの外観・内観

黒いROJIビルの1階がENGINEで、その外観からは中華という想像がつかないかもしれません。大きく看板なども出ていないので一瞬躊躇してしまうかもしれませんが、おしゃれなドアを開けて、これから待つ美食に心踊らせましょう。
ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

内観は白と木目調が綺麗で暖かい雰囲気。カウンターとテーブルの18席というこじんまりとした造りをしており、オーナーシェフの松下氏が「お客様がよく見える」ように設計されたとのこと。いつも満席な店内でもゆったりとした空間が保たれており、落ち着いて食事ができますよ。
ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

ビブグルマン4年連続獲得!モダン・チャイニーズ料理にやられた

ENGINEのオーナーシェフの松下氏は、赤坂の名店「うずまき」で修行後に独立、オープンしてすぐに予約が困難になるほどの人気店になりました。それもそのはず、ミシュランの「ビブグルマン」に2016〜19年と4年連続で選ばれており、和の食材を使って中華料理を提供するスタイルは流石の一言です。

今回編集部はシェフのおすすめコース5,000円(税別)をチョイス。これが大正解で、7品の提供で旬の食材が見事に調理され、箸が止まりませんでしたw
アラカルトでも注文できますよ。
それでは早速料理を紹介していきましょう!

前菜 ピータン湯葉/蒸し鶏の茗荷ソース/イチジクとはす芋の胡麻和え

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
前菜の3種盛り合わせです。写真一番左は「ピータン湯葉」という料理で、細かくカットされたピータンの下に引いてあるのがムース状になった湯葉なんです。少し塩気のあるピータンと滑らかな湯葉ムースが素晴らしい相性です。
イチジクとはす芋の胡麻和えも、他ではなかなか食べられない一品だと思います。イチジクの甘み、はす芋のとろみ、ゴマの風味が合わさってサラダはもちろんよし、さらにお酒のあてにもなりそうです。

春巻き

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
具沢山で皮も厚めでパリパリな2種類の春巻きをいただきました。黒い方は「スミイカ」を使った春巻きで、イカがたっぷり入っていて、さらにイカスミが濃厚なコクを与えてくれる新感覚の春巻きです。
写真右側は「九条ネギと白海老」を使った春巻きです。口に入れると白海老の香りが一気に広がって海鮮を感じることができ、九条ネギの歯ごたえがアクセントになっており、とてもクオリティの高い2種の春巻きになっています。

カブの蒸し物 桜エビの餡かけ

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
黄色が見た目にも綺麗な料理で、真ん中の丸いものは蒸したカブで、そこに中国では一般的な「腐乳」と桜エビで作られた餡を掛けています。
腐乳とは、豆腐に麹を付けたのち、塩水や甘酒などに漬けて熟成・発酵させて作られ、中国全土で調味料として重宝されています。

臭いが強い臭豆腐とは別物で、この料理に関しても臭みはないのでご安心ください。カブは口に入れた途端に溶けて無くなってしまうほど柔らかく、ほのかな塩味、濃厚なとろみ餡が、さっぱりとしたカブに非常にマッチしています。

フグの白子麻婆春雨

東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚,ENGINE
これも意外な組み合わせで、フグの白子と麻婆春雨という他では見たことがなく、味も想像が付きませんでしたが、これはやられました笑
おおぶりな白子に麻婆春雨を絡めて一緒に口に入れれば、白子がとろ〜っと溶け出し、濃厚な甘みが口いっぱいに広がります。そこに山椒を効かせた麻婆春雨が絡まることで、爽やかさと面白い食感が生まれ、絶妙なマリアージュを感じることができます。こんな白子だったら何個でも食べられそうですね!笑
ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

黒酢の酢豚

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
お店の代表的な料理である「黒酢の酢豚」。取材した際には「フルーツトマト」が付け合わせでした。
黒酢のまろやかな酸味とほのかな甘みを感じるソースが、柔らかく食べ応えのある豚肉に濃厚に絡み合い、あっという間に食べ終わってしまいますね。ご飯が一緒に欲しくなる味付ですが、実は一緒に「おこげ」を提供してくれます。
お肉を食べ終わった後に残ったソースをたっぷり付けて、サクサクのおこげを頬張ればお腹もココロも大満足ですね!
ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

担々麺

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
スープに濃厚なゴマペーストを合わせたスープが非常にまろやかな担々麺で、松の実や水菜、チンゲンサイなどその時々で野菜が変わっていきます。
ただまろやかなだけでなく、ラー油はしっかりと刺激的な辛みがあり、スープと麺をよく絡めてお召し上がりください。ランチは大きめのどんぶりで担々麺だけを注文する人が多い超人気の一品ですが、コースでは〆として小ぶりなどんぶりで提供してくれますので、女性の方でもペロッと食べられると思いますよ。

チャーハン

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
取材時は「ホテルイカのチャーハン」でした。※〆は上の担々麺かチャーハンから選べます。
ご飯はパラパラで味付けはあっさりですが、ホタルイカが入っていることで磯の香り、塩味を感じることができます。

杏仁豆腐

ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚
ほのかな甘み、とろとろの杏仁豆腐はこれだけでも非常にレベルが高いと思いますが、取材時には、緑茶のジュレと黒豆の組み合わせでした。
緑茶のジュレが適度な苦味があり、この杏仁豆腐と相性最高で、今まで食べた杏仁豆腐の中でも最高レベルに美味しかったです。全体的に濃厚系な料理が多い中、最後にこの杏仁豆腐でスッキリして食事を終えられるのは幸せこの上ないですね!

和の食材、中華の調理、世界が認める味

名店で修行した松下氏が、和の食材を使って提供してくれる中華料理は、ミシュランの「ビブグルマン」に4年連続で選ばれるほど、食通の人々を満足させているENGINE。
場所も神楽坂らしい石畳、おしゃれな外観・内観でデートや友人、大切な人に紹介したいと思わせるお店になっています。東京中からENGINEの中華を求めて連日たくさんの人が訪れますので、予約が非常に取りづらく、ご予約はお早めをオススメいたします。
ENGINE,東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,酢豚

店舗名 ENGINE 定休日 日曜日 火曜日ランチ、木曜日ランチ、祝日
営業時間 11:30~15:00、18:00~23:00
価格帯 ¥7,000~¥8,999 電話番号 03-6265-0336
席数 18席 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン デート、友人と 背伸び度 ★★★ 予約難易度 非常に取りづらい
編集部メモ

神楽坂で一番人気の中華レストラン「ENGINE」。赤坂の名店「うずまき」で修行した松下氏による新感覚チャイニーズ店は、和食やフレンチなどグルメタウンの神楽坂においても、予約が困難なお店の一つです。ミシュランの「ビブグルマン」も4年連続獲得しており、常にお客さんでいっぱいです。夜もいいですが、ランチ1,800円コースは酢豚や担々麺が頂ける贅沢なコースもあります。

住所 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F
東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F
The following two tabs change content below.

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

関連記事

  1. 神楽坂,中華,ディナー,接待,会食,東京note

    Barでしょ?え、中華なの!?ジュウバーの本格逸品中華が美味すぎてお酒が進む

  2. 東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

    台湾、四川、上海など中国各地の本場郷土料理が味わえる「膳楽房」が東京随一だった

  3. 東京,神楽坂,中華,ディナー,デート,小龍包,酢豚

    オープンキッチンは目でも楽しい、神楽坂で小龍包と言えばココ「結華楼」

  4. 東京,神楽坂,中華,梅香,予約,メニュー

    神楽坂『梅香』の絶品四川料理は、女性シェフならではの繊細さが光る

  5. 東京,神楽坂,中華,智林,膳楽房,予約,メニュー

    まるでジャズバー⁉︎ 膳楽房の姉妹店『智林』でゆったり味わう“自然体中華”

  6. 東京,神楽坂,中華,デート,四川料理,東京note,芝蘭

    本格四川料理を日本人好みの味付で堪能できるハイレベル中華「芝蘭」