大解剖!神楽坂の新スポット「AKOMEYA TOKYO in la kagū」の溢れる魅力

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

AKOMEYA TOKYO in la kaguって、どんなスポット?

神楽坂で近年新しいランドマークとなりつつあった複合商業施設「la kagū」が、2019年3月末に業態変更し新たにオープンしました。新しく生まれ変わったその施設は「AKOMEYA TOKYO in la kagū」(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)。

そう、すでに銀座や丸の内・京都・大阪など幅広く展開され、こだわりの食材や雑貨等で多くの支持を得ているあのライフスタイルショップ『AKOMEYA TOKYO』です。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)の旗艦店として新たにスタートを切った形になりますが、すでに連日多くの方々が来店しています。

今回はAKOMEYA TOKYOさんご協力のもと、神楽坂の新スポット「AKOMEYA TOKYO in la kagū」を取材させていただきました。とても魅力的な施設になっていますので、来店前の情報収集にぜひご覧くださいね!

 

AKOMEYA TOKYO in la kagūへのアクセス

施設詳細に入る前に、まずはAKOMEYA TOKYO in la kagū(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)への行き方・アクセスをご紹介。
AKOMEYA TOKYO in la kagūは、今密かにお洒落女子・お洒落ママたちからも注目を集めている“奥神楽坂”エリアに位置しています。東京メトロ東西線「神楽坂」駅から向かうと近いので、まずは神楽坂駅からスタート。その際は、2番出口から地上に出るのがオススメですよ!

なぜなら、2番出口を出るとすぐ正面にAKOMEYA TOKYO in la kagūが現れるから(笑)。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,行き方

駅から近いというのは嬉しいですね。東西線「神楽坂」駅以外からのアクセスとしては、都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から向かう方法もあります。この場合は、A1出口から出て徒歩約7~8分ほどで着きますので、お散歩がてら、こちらから歩いて向かうのも楽しいかもしれません。

 

AKOMEYA TOKYO in la kagūの外観・内観

以前の「la kagū」時代から、非常にスタイリッシュな装いで注目を集めていましたが、リニューアル後もその点は変わらず。流行りの“おしゃ活”にもぴったりな外観・内観となっています。

外観

「la kagū」時代のクールな“容姿”をそのまま残しつつ、新しく「AKOMEYA TOKYO」のロゴとネームが加えられています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,

とてもシンプルな外観ですが、1階部分の全面ガラスとなったオープンな造りや、2階へ伸びるゆったりとした階段など、スマートでありながらも神楽坂らしい凛とした表情・雰囲気も感じます。

内観

施設は1階と2階で構成されており、どちらも開放感を感じるスタイリッシュな内装。
1階はAKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)らしさ溢れる「お米」が主役のコーナー展開。以前から同店が提案する“一杯の炊きたてのごはんから、つながり広がる幸せ”をテーマに、お米や食品、食器・調理器具等が並んでいます。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨

1階奥のレジ上には、大きな注連縄も。こちらは出雲大社で使われている注連縄と同じ島根県飯南町で作られたものだそうです。出雲大社のように、五穀豊穣・縁結び等のご利益をこの注連縄から頂いちゃいましょう。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,1階

2階は日々の暮らしに欠かせないこだわりの生活雑貨・インテリア、美容商品などのアイテムが目白押し。また定期的に入れ替えが行われるキュレーションスペースやワークショップを行うエリアも用意されています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階

全体を通じて、利用者を飽きさせない・何度も訪れたくなるような店舗設計となっており、その点もすでに多くの人々から高い評価を得ている理由となっているのではないでしょうか。

 

AKOMEYA TOKYO in la kagūの魅力

ここからは、実際に取材で伺った内容をもとに、AKOMEYA TOKYO in la kagū(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)の魅力を紐解いていきましょう。今回の取材では、AKOMEYA TOKYOの冨樫さんにお話を伺いながら、施設全体をご紹介いただきました。

1階:お米の量り売り

AKOMEYA TOKYOといえば「お米の量り売り」。銀座本店、NEWoMan新宿、京都BALに続き、AKOMEYA TOKYO in la kagūでも用意されています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,量り売り

こちらの売り場では、日本各地から厳選した12種のお米が1kg単位で量り売りされています。それぞれのお米の特徴もわかりやすく解説・整理されていますので、それらを確認しながら購入することが可能です。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,量り売り,
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,お米

また、お米は全て玄米の状態なので、その場で精米も可能とのこと(無料)。シンプルな白米だけでなく、お好みの分づきに合わせて、玄米と白米の中間となる「三分、五分、七分」での精米も対応してくれます。

「栄養は摂りたいけれども玄米だと食べづらい。そう感じていらっしゃる方々にとてもご好評いただいています。」と冨樫さんからもお話いただきましたが、このようなお客さんの立場に立ったきめ細やかなサービスは、非常に嬉しいところですね。

量り売り以外にも、3合パックでの販売や「利き米セット」なども用意されています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,お米

それぞれのお米の食感や味わいの違いを楽しみたい方にはこちらもオススメです。3合パックのものは、1人~2人暮らしの方やプレゼントにも最適ですね!

 

1階:食品・飲料コーナー

お米とくれば、次はやはり“ご飯のお供”が欲しくなります。もちろん1階フロアはそれも充実。日本各地から取り寄せた絶品のご飯のお供が約250種類ずらりと並んでいます。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,ご飯
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,ご飯

定番の「鯖缶」「なめ茸」「梅干し」にはじまり、「バターしょうゆ」や「カレーみそ」などの変わり種まで、見ているだけで思わずお腹が鳴ってしまいそうなお供が目白押し。カレーみそは、ご飯と一緒に炒めてドライカレーで楽しむこともできるとのこと。
「ご飯のお供だけで使い切ろうとすると余ってしまうことも多いですが、これらのお供は他の料理に使えるものも多いですよ!」と冨樫さん。色々な食べ方で楽しめるのは嬉しいですね!

また、食品コーナーは調味料も豊富。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,調味料

特にオススメの商品として「ごまだし」を教えていただきました。これは水に溶いて使えば“即席冷や汁”になる便利で美味しい調味料。暑い時期などにはピッタリの商品で、夏場は特に人気が集まるとのことでした。

そして現在お米と人気を分かつ存在なのが「出汁」。通常の出汁が5種類、減塩のものが3種類用意されています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,出汁
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,出汁

中でも焼きあごの出汁が一番人気で、コクがあるのにあっさりした味わいと評判とのこと。

そのほか「アコメヤの白だし」も人気商品。「お米一合に大さじ一杯入れて炊くだけで、ご飯が飛び抜けて美味しくなります。」と冨樫さんも絶賛の調味料ですので、お米と一緒にこちらも要チェックです。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,出汁

その他、食品・飲料コーナーでは、お菓子類やお酒も充実しているので、お好きな方はぜひ現地でチェックしてみてくださいね!

 

1階:キッチン雑貨コーナー

続いてはキッチン雑貨コーナー。便利グッズやこだわりの本格雑貨まで、こちらも幅広く取り揃えられています。食品とセットにしてプレゼント用で購入される方も多いとのことで、贈答品としても最適です。

また、AKOMEYA TOKYOらしい“米まわり”の雑貨としては、米びつや土鍋も人気。たったの20分で手軽に美味しいお米が炊ける「有田焼ごはん鍋」など、オリジナル土鍋も扱っているので、家庭での利用にもオススメです。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,キッチン,土鍋

また、作家の方が制作されたこだわりの食器も1階入り口付近に並んでいます。凛とした美しい表情の食器が多く揃っていますので、こちらもプレゼントなどに良さそうですね!
九谷焼の絵皿には、AKOMEYA TOKYOのトレードマークである福良雀が描かれたものもあります。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,キッチン
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,キッチン
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,キッチン,九谷焼

 

1階:Shiratama Salon 新三郎

施設1階入口入って左半分は、飲食ができるお店が入っています。施設奥のレジ横にあるのは「Shiratama Salon 新三郎」。これまで九州のみで展開されていた「白玉屋新三郎」の初のカフェ業態としてオープンしています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,新三郎
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,新三郎

こだわりの煎茶や白玉あんみつなどがいただけます。白玉は手作りセットなども販売されていて、こちらも人気商品となっていますので、気になる方はお土産にいかがでしょうか。
一部甘味は、テイクアウトも可能です。

 

1階:AKOMEYA厨房

Shiratama Salon 新三郎のお隣には、銀座に本店を構える「AKOMEYA厨房」が。こちらでは羽釜で炊いた絶品ご飯がいただけます。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,アコメヤ厨房
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,アコメヤ厨房
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,アコメヤ厨房

ランチメニューでは、旬の素材・食材を大切にした小鉢8種類がついた『季節の小鉢膳』が提供されています。こちらの御膳では、季節によって不定期で小鉢のメニューやお米の品種が変わるため、何度訪れても違った味わいが楽しめる点も魅力。神楽坂散策のランチ休憩にもぴったりなお店です。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,アコメヤ茶屋

 

1階:AKOMEYA茶屋

そしてAKOMEYA厨房のお隣、1階入り口左には「AKOMEYA茶屋」があります。こちらはAKOMEYA TOKYOにおける初のカフェ業態となっており、特に注目の店舗。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,アコメヤ茶屋

冨樫さんオススメのメニューは、食事であれば「SPiCE Cafe × AKOMEYA TOKYOのカレー」。押上にある超人気スパイス料理店「スパイスカフェ」のシェフ監修のカレーで、奥深いスパイスの世界とAKOMEYA TOKYOの美味しいお米が絶妙に絡み合う絶品カレーとなっています。

そしてドリンク・スイーツのオススメは「抹茶あんこラテ」と「アコメ焼き」です。
特にアコメ焼きはAKOMEYA茶屋のこだわりが詰まったスイーツで、米粉の入ったクロワッサン生地でモチモチサクサクな食感。形も福良雀がかたどられ、可愛らしい表情をしています。

東京,神楽坂,akomeya,アコメヤ,カフェ,スイーツ,アコメ焼き

どちらも心がホッと落ち着くような絶品メニュー。AKOMEYA TOKYO in la kagūに来たら、ぜひいただきたいところです。

詳しくは下の記事でも紹介していますので、気になる方はこちらもぜひご覧くださいね!

 

2階:生活雑貨・美容商品コーナー

続いて、2階フロアのご紹介。2階フロアに上がると、まず目の前に広がるのは生活雑貨・美容商品コーナーです。

AKOMEYA TOKYO in la kagūでは、ヘルス&ビューティーアイテムとして日本の各地域の商品が充実。リラックス・消臭効果が期待できる「青森ヒバ」の詰め放題や、岩手・ファーメンステーションのお米由来のアウトドアスプレー、鹿児島・リーメイのハーバルソープなど、津々浦々の美容アイテムが取り揃えられています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階,美容,青森ヒバ

中でも特にオススメなのは、リーメイの国産フルボ酸エキス飲料「富里酸水」。これは“飲める化粧水”で、化粧水として使えるのはもちろんですが、ミネラル・アミノ酸・ビタミンなどが豊富なので飲んでも効果的な商品とのこと。

AKOMEYA TOKYO in la kagūでもオープン後すぐに完売してしまったほどの人気商品だそうなので、気になる方はお早めにお買い求めくださいね。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階,美容

その他、AKOMEYA TOKYO in la kagūでしか取り扱いのない商品もありますので、女性の方などはこのコーナーは特に注目です。

 

2階:服飾雑貨コーナー

生活雑貨・美容商品コーナーのお隣には、様々な服飾雑貨も並んでいます。自家利用以外にも、結婚祝いの贈答品としても購入される方が多いため、様々な用途で利用できるものが多いのも特徴。

また、機能性アイテムも充実しており、一年を通じて利用できる腹巻きやスマホが使える美容手袋まで、日々の生活の中で便利な“かゆいところに手が届く”商品が目白押しです。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階,美容

「少し意外かもしれませんが、AKOMEYA TOKYOはメンズのお客様も実は多いので、メンズ向けアイテムも取り揃えています。」
そう冨樫さんにお話いただき商品を見てみると、なるほど確かに男性にぴったりなアイテムも。例えば色鮮やかでスタイリッシュなこの草履などは、男性のお客様が購入されることが多いそうです。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階,ファッション

非常にバリエーション豊かな商品ラインナップとなっているので、このコーナーにいるだけでも楽しい時間が過ごせます。

 

2階:「場」

さらに奥に進むと「場」と呼ばれるスペースが広がります。そこは期間限定の店舗が出店するエリアになっていて、こだわりとモダンが同居した、グッとくるアイテムが並んでいます。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階

定期的に店舗の入れ替えが行われていますので、こちらも訪れる度に新しい出逢いが待っている魅力的なスペースです。

 

2階:「soko」

そして最後は「soko」。非常に広々とした空間で、特定のテーマでイベントやワークショップなどが開催されるスペースになっています。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階
東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,2階

イベント等が行われていない時は、1階のAKOMEYA茶屋等で購入した商品をこのsokoスペースで食べてもOKとのことなので、とてもフレキシブルな使い方ができる空間。

こちらも「場」と同様、訪れるごとに違った楽しさが味わえます。

 

まとめ:ショッピングも食事も充実!何度でも訪れたくなる神楽坂の新ランドマーク!

以上が「AKOMEYA TOKYO in la kagū」の全貌です。これでもか!というほどに魅力いっぱいの商業施設となっています。

AKOMEYA TOKYOらしい“お米”を軸とした食品・飲料・調味料や、絶品メニューがいただける飲食店、そして自家利用だけでなくプレゼントにもぴったりな各種雑貨などなど。どこを切り取っても「ワクワク・楽しい!」が溢れてくるような、何度も訪れたくなるスポットですよね!

新たな神楽坂のランドマークとして、これからさらに盛り上がってくること間違いなしですので、友人・知人やご家族連れで訪れて、AKOMEYA TOKYO in la kagūで楽しい1日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

AKOMEYA TOKYO 公式HP:https://www.akomeya.jp/shop/default.aspx
取材・撮影協力:「AKOMEYA TOKYO in la kagū」


店舗名 AKOMEYA TOKYO in la kagū 定休日 無し
営業時間 【AKOMEYA厨房】11:00~15:30、17:30~22:00
【AKOMEYA茶屋】 8:00~22:00
【Shiratama Salon 新三郎】11:00~20:30
価格帯 電話番号 03-5946-8241
席数 個室 禁煙・喫煙
利用シーン 家族で、お一人で、デートで 背伸び度 ★★ 予約難易度
編集部メモ

la kagū」からリニューアルし、これまでとはまた異なる魅力を携えてパワーアップ!神楽坂を新たに象徴する存在となるのではないでしょうか。
何時間いても楽しい、何度来ても楽しい。そんなスポットですので、神楽坂を訪れた際はぜひ足を運んでみてくださいね^^

住所 東京都新宿区矢来町67番地
東京都新宿区矢来町67番地

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,スイーツ,食べ歩き,ペコちゃん,不二家,人気

    “怖可愛い”がインスタで映え過ぎる!神楽坂でしか買えない「ペコちゃん焼き」

  2. 東京,神楽坂,予約,セクレト,secreto,人気

    次の予約は◯年後⁉︎ 神楽坂「SECRETO」が生み出す“美食ショー”の魅力に迫る

  3. 東京,神楽坂,飯田橋,僕坂,相葉,ロケ地,かき氷,果のか

    【僕坂ロケ地】神楽坂「果のか」の天然氷と絶品フルーツを使ったかき氷が美味し過ぎると話題に

  4. ロケ地,嵐,二宮,拝啓,父上様,ロケ地巡り,神楽坂ロケ地,東京note,神楽坂,一平

    ドラマ『拝啓、父上様』 神楽坂のロケ地を巡る

  5. 東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム,セット

    シュークリーム好きなら絶対外せない!神楽坂カフェ「コパン」に毎日通いたくなるワケ

  6. 東京note,神楽坂,カフェ,お洒落,UNPLAN,Instagram,内観,店内

    まるでブルックリン⁉︎ 神楽坂のカフェ「Gather by UNPLAN」が“オシャ活”にぴったり過ぎた

  7. 東京,神楽坂,カフェ,喫茶店,トンボロ,休憩,コーヒー

    神楽坂の喫茶店『トンボロ』で、ゆったり流れる時間とノスタルジーを楽しむ

  8. 東京,神楽坂,サラダ,ハイファイブサラダ,ヘルシー,ダイエット

    NYで爆発的人気の“パワーサラダ”なら、神楽坂「HIGH FIVE SALAD」がオススメ

  9. 東京,神楽坂,ショッピング,雑貨,よこぐも,jokogumo,おすすめ,インスタ

    本当に大切にしたいものに出逢える。 暮らしの雑貨店・神楽坂「jokogumo」