ミシュラン・ビブグルマン獲得!「中国菜 膳楽房」の“ヘルシーな絶品中華”がコスパ最高。

カサゴの烏酢油

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

烏酢油と書いて「ウーツーユー」と読みます。烏酢油は台湾では一般的な調味料で、色は若干黒いのですが味は黒酢というよりウスターソースに近く、日本人も好きな味付けだと思います。

具材は魚のカサゴ、玉ねぎ、たっぷりの春雨、三つ葉、きくらげ、たけのこと具沢山。プリプリでさっぱりのカサゴと少しとろみのあるソースがとてもマッチして、野菜の甘みやスープがカサゴや春雨に染み込んでいます。

イベリコ豚の方通醬

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

方通醬とは「ファントンジャン」と読み、中国の「味噌」のことです。日本でいう白味噌に少し近いかもしれません、甘みを感じる味噌で中国では調味料として広く普及しています。

イベリコ豚は中にギュッと肉汁が閉じ込められており、甘い方通醬と相性抜群で、白いご飯があれば何倍でも食べられそうです笑

付け合わせは金針菜とおかひじきで、シャキシャキとした食感でイベリコ豚と一緒に食べても良いですし、野菜だけ食べても十分主食になりそうなほど美味しいですよ。

大根もち

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

普通大根もちと聞くと、モチモチだったり少し大根の食感が残っているものを想像するかと思いますが、膳楽房の大根もちは、大根の原型が残っておらず、中がトロトロの新感覚大根もちです。

調味料は黒酢醤油と豆板醤でいただきます。酸っぱ辛い味わいで後味もさっぱりする大根もちですね。

里麺

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン

お店のスペシャリテでもある里麺。リーメン、と読みます。鮮やかな緑が特徴で、これは海藻の一種である「クロレラ」が練り込まれた麺で、クロレラは整腸作用などがあり、健康食品としてご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?里麺はランチでも提供されており、注文する方の8割くらいが女性のお客さんみたいです。

里麺と混ぜ合わせるのは、チャーシュー、ネギ、ザーサイをお店特製のごま油と醤油などを加えてしっかりと絡めれば完成。コースの〆に汁なしの麺料理はちょっと、、、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、おそらく「物足りない」と思うほどにペロッと食べてしまうと思います。アラカルトの方も注文必須ですよ!

デザートはこの日はフレッシュなライチを一ついただき、コース終了です。

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン


その他の「中国菜 膳楽房」関連情報

その他、「中国菜 膳楽房」を訪問するにあたって気になる情報を以下にまとめてみました!実際に訪れる際に参考にしてみてくださいね!

「中国菜 膳楽房」の衛生対策は?

新型コロナウィルスの蔓延によって外食時に不安を感じる方も少なくないと思いますが、少しでも安心して食事が楽しめるよう「中国菜 膳楽房」では衛生対策も徹底されています。2021年1月現在では、以下のような対策が行われているようです。

衛生対策①手指用の消毒用アルコールを設置
②定期的な換気
③隣客との距離確保または間仕切りあり
④従業員のマスク着用・手指の消毒の徹底

お客様のために徹底した衛生管理もされているので、安心して「中国菜 膳楽房」を利用することができますね!

姉妹店「中国菜 智林」も大人気!

東京,神楽坂,中華,智林,膳楽房,予約,メニュー

「中国菜 膳楽房」には同じ神楽坂に姉妹店もあり、こちらも大人気。姉妹店の名前は「中国菜 智林」。両店はそれぞれコンセプトも異なり、味わえる料理や店内の雰囲気も違うので、気になる方はぜひ両方に訪れてみてはいかがでしょうか!

「中国菜 智林」はまるで“ジャズバー”のようなシックな空間が広がっていますよ!(実食レポートは下の記事よりご覧ください)

 

まとめ:身も心も満たされ、健康になる優しい中華「中国菜 膳楽房」

お店の名前に「膳」が入っていますが、決して薬膳ではありません。また、中華は基本的に味付けが「濃いめ」が多いと思いますが、膳楽房は食材本来の美味しさを引き出すために、調味料はあくまでサポート役。全体的に優しい味付けという言葉がぴったりのお店です。

取材したときにも、会社の飲み会、ご家族、デート、女子会など様々な活用をされており、ランチも含め全般的に女性のお客さんが多い印象です。コースもそこそこの量を提供してくれますが、胃もたれすることがなく、ペロリと食べられてしまうのではないでしょうか。

美味しい中華を食べると体も心も活力がもらえますね!非常に人気店のため、ご予約はお早めに。

東京,神楽坂,東京note,中華,デート,飲み会,ビブグルマン
公式HP:https://gd49900.gorp.jp/


店舗名 膳楽房
営業時間 11:30~14:30、17:00~23:00
価格帯 ¥6,000〜¥7,999
定休日 月曜日 電話番号 03-3235-1260
席数 30席 個室 無し
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン デート、友人と、会社で、家族と
背伸び度 ★★★ 予約難易度 非常に取りづらい
編集部メモ

中華の名店「龍口酒家」で10年修行した榛澤シェフが作る創作中華を求めて、連日多くのお客さんで賑わっている「膳楽房」。おしゃれなお店でもあり、デートや友人、会社の飲み会など、利用シーンも多く非常に便利です。ただし予約が取りづらいので、早めの予約をオススメいたします。

住所 東京都新宿区神楽坂1-11-8

1

2

スポンサーリンク