「離島キッチン 神楽坂店」で100を超える日本の“島の味”を食す!

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

「離島キッチン」って、どんなお店?

東京などの大都市にいると、日本全国から鮮度が保たれた美味しい食べ物が流通してくる便利な時代になりましたが、「地元でしか味わえない」「本当に美味しいもの」が、日本全国にたくさん存在しています。

今回紹介する「離島キッチン」は、島国である日本の「離島」の食材を使った料理、離島ならではの調理方法に特化した、他ではなかなかお目にかかれないお店です。
東京でも神楽坂と日本橋にしかなく、あとは札幌、福岡、海土町の合計5店舗しかありません。

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

離島だけが持っている気候や風土を生かした料理は、海ばかりでなく、山の文化として育んできた島もあります。
海も山も、それから「お酒」も。珍しくも贅沢な料理を早速紹介していきましょう!

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家
東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

 

編集部が注目する『離島キッチン 神楽坂店』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『離島キッチン 神楽坂店』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①鮮魚のお刺身や郷土料理など、全国100以上の島々の食材・お酒が楽しめる。
②古民家をリノベーションし、島の「船小屋」をイメージして作られたお洒落で温かな店舗のつくり。
③毎月、1つの島に焦点を当てた食材・料理・食べ方のメニューを提供。

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり全国津々浦々の「島の味」が楽しめるところ。東京にいながら、100以上の島の味を堪能できるのは、まさに『離島キッチン』ならではの魅力でしょう。またお店自体も神楽坂らしく古民家を活用したスタイリッシュな造りとのことなので、期待はさらに高まります。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『離島キッチン 神楽坂店』。ディナーの実食レポートに移っていきましょう!

 

『離島キッチン 神楽坂店』実食レポート

今回、東京note編集部が『離島キッチン 神楽坂店』を訪れたのは2019年6月の夜。これまで味わったことのない島の味としてどんなメニューが待っているのか、心躍らせながら店舗に向かいました。

離島キッチンへのアクセス

離島キッチンの最寄駅は、東西線「神楽坂駅」。1b出口から向かうととても近いので便利です(徒歩2分程度)。

1B出口を出て左に進むと、“日本一お洒落な神社”として有名な「赤城神社」が見えます。その境内入り口手前を右に曲がって、緩やかに伸びる下り坂を降りていきましょう。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス

途中左手側にはこれまた神楽坂では人気店『カド』があります。こちらのお店もとっても美味しい和食が楽しめますので、興味がある方はまた別日に訪れてみてくださいね!(お店の実食レポートは下の記事からご覧いただけます)


そのカドを左手に見ながらさらに坂を数十m下っていくと、もう『離島キッチン 神楽坂店』が見えてきます。神楽坂駅から向かえばほぼ迷うことなく辿り着けるのではないでしょうか。

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

お店の外観

お店は古民家をリノベーションして建てられており、入り口には暖簾や大きな凧、すだれなどがかかっています。
入り口が中二階というのもおしゃれで、店内から漏れる温かな明かりが、周辺の住宅街を黄金色に照らしています。

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

東京noteでも紹介している「季彩や ひで」の隣にあります。この通りは他にも和食屋や雑貨屋、スイーツなどもあり、神楽坂の魅力のひとつに、路地を一本入れば素敵なお店に出会えることが挙げられますね。

内観

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

いかがですか、とてもおしゃれ!雰囲気も良いですよね!私は一気に気に入ってしまいました笑
トタンや昔ながらの家具や調度品、普段見ない植物や、壁には離島の写真や地図などが貼られています。暖かい雰囲気があり、まるで「秘密基地」に来たような感じですね!デートでも友人でも、家族でもワイワイ楽しい時間が過ごせそうですね。

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家


料理もお酒も調味料も!離島からの贈り物

離島キッチンのメインは和食で、食材はもちろん、お酒もそして調味料も離島のものにこだわって料理を作っています。日本は島国で離島が多いのも当たり前ですが、初めて見る島ばかりで、こんなにも美味しい食材があったのか!と驚かされる料理の数々を取り揃えています。
今回編集部は5,000円(税別)のコースを注文。先付からデザートまで、島づくしの料理を早速紹介していきましょう!

先付 穴子とどんこの茶碗蒸し(長崎県 対馬)

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

茶碗蒸しはもう少し黄色いものを想像していたのですが、どんこのすり身が入っており白っぽい茶碗蒸しになっています。
出汁がしっかり効いており、中にはフワフワの穴子、しいたけが入っています。

前菜盛り合わせ、サラダ

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家
この日は次の5種盛り合わせでした。(写真上から時計回り)

・島の海藻サラダ
・みそ豆(鹿児島県 徳之島)
・天草大王の南蛮漬け(熊本県 上天草)
・にんじんしりしり(沖縄県 与那国島)
・煮穴子(愛知県 日間賀島)
・漁師の沖漬け(東京都 神津島)

みそ豆は少し大きめの落花生に砂糖と味噌が衣のように付いており、箸休めにも、お酒のあてにも良く合う一品です。おやつにもいいかもしれませんね。
天草大王というのは熊本県のみで飼育生産されている幻の鶏で、脂はくどくなく、身がしっかりして歯ごたえも楽しめます。お酢との相性も抜群で南蛮漬けがとっても美味しいです。

お造り

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

この日は次の3種でした(写真下から)

・白イカ(島根県 隠岐島)
・タイ(新潟県 佐渡島)
・カンパチ(鹿児島県 甑(こしき)島)

白イカの中には海苔を巻くという一手間加えられており、磯の香りと白イカの甘みがマッチしています。タイやカンパチも程よく脂が乗っており美味しいです。
醤油は小豆島産で、やや濃口の醤油が刺身にとてもよく合います。

揚げ物

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

この日は島根県隠岐島産の「アジフライ」と、兵庫県淡路島産の「タコの唐揚げ」でした。
アジフライは小ぶりですが、身がぎゅっと凝縮されており、でも柔らかく、中から脂が染み出してきてサクサクの衣も合間って、どんどん食べてしまう美味しさです。
淡路島はタコの名産地として有名で、このタコはとても柔らかく、大きくても全く嫌にならないタコでした。衣は本当に薄く、素揚げに近い形で、タコそのものの食感、味わいを楽しむことができるようになっています。

鍋物 レモンポークのカツ煮 愛媛県 岩城島

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

「レモンポーク」とは瀬戸内海のちょうど真ん中あたりにある「青いレモンの島」と言われている岩城島で生産されている特別な豚です。飼料にレモンの絞りかすを混ぜ合わせて与えているそうで、旨味たっぷりの肉質で、柔らかくジューシーな甘みが特徴的な極上肉となっていきます。
そんな贅沢の豚肉をミルフィーユ状に折り重ねてカツとして揚げており、とても柔らかく、食感も楽しめます。また、煮込んでいるスープは出汁がたっぷりで少し甘め、それが衣に染み込んで噛むとジュワーと染み出してくるのは最高ですね!

〆 しらすの小丼 愛知県 篠島

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

締めは愛知県産のしらすを乗せた小丼です。しらすの身が小さく(しらすは小さい方が高級と言われています)フワフワで磯の香りをまとっています。醤油がアクセントとなっており、アツアツのご飯にしらす、ミョウガとカイワレも乗せ、シンプルだけど〆には最高な一品になっています。

しらす小丼と一緒に「ふくぎ茶」というハーブティーのようなお茶を出していただけます。ふくぎ茶とは「クロモジ」という山地に生息している木から作られており、フルーティーな香りでさっぱりとした飲み口が特徴的です。

デザート 島のアイス 島根県 隠岐島

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

隠岐島のふくぎ茶を使ったミルクアイスになっています。
爽やかな甘みで、口の中をさっぱりとさせてくれるミルクアイスと一緒に出てくるのは、レモングラスのお茶で、ほとんどクセもなく、ゴクゴクと飲めてしまいそうなお茶になっています。

『離島キッチン 神楽坂店』の衛生対策は?

新型コロナウィルスの蔓延によって外食時に不安を感じる方も少なくないと思いますが、少しでも安心して食事が楽しめるよう『離島キッチン 神楽坂店』では衛生対策も徹底されています。

2020年9月現在では、以下のような対策が行われているようです。

『離島キッチン 神楽坂店』の衛生対策①店内の定期的な換気
②従業員のマスクの着用・手洗いの徹底
③店内に手指消毒液を用意

④隣客との距離確保または間仕切りあり

お店側が徹底した衛生管理をされているので、安心して『離島キッチン 神楽坂店』を利用することができますよ!

 

『離島キッチン 神楽坂店』のテイクアウト情報

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

最近ではテイクアウト・デリバリーの利用も増えてきていると思いますが、『離島キッチン 神楽坂店』でも以下のようなテイクアウトが可能になっています。
テイクアウトなら同店のとっても美味しい島の味がお家でも手軽に楽しめるので、気になる方はこちらもぜひ利用してみてくださいね!

テイクアウトメニュー

・島のフライ弁当(フライ三種) 700円
・隠岐島の寒シマメ(イカの肝醤油漬け)丼 600円
・単品 寒シマメ(イカの肝醤油漬け) 600円
・フライ二種(ムロアジメンチカツ・タコの唐揚げ) 500円
・八丈島のムロアジメンチカツ(二個) 500円
・隠岐島のアジフライ(二個) 500円
・倉橋島のカキフライ(二個) 500円

 

まとめ:まだ出会ったことのない食材を探しに来ませんか?毎月変わるメニューも大注目!

東京では滅多に出会うことのない食材や、離島ならではの調理方法など、何度も訪れたくなるお店の「離島キッチン」は、毎月料理が変わっていきます。

さらに今回は料理を中心にご紹介していますが、下の写真はお酒のメニュー一部です。焼酎、泡盛、日本酒はじめこれは全て離島で作られているお酒です。おそらく居酒屋などでは出会うことのない種類が揃っているのではないでしょうか?

ちょっと旅行した気分!?ではないですが、離島キッチンで全国に隠れた最高の食材を召し上がってみてください!

東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家
公式HP:http://ritokitchen.com/shop/kagurazaka/

離島キッチン神楽坂店を今すぐ予約する!


店舗名 離島キッチン 神楽坂店
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜22:00
価格帯 ¥6,000〜¥7,999
定休日 月曜日のランチ 電話番号 03-6265-0368
席数 46席 個室 無し
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン デート、友人と、家族
背伸び度 ★★ 予約難易度 早めの予約を推奨
編集部メモ

東京メトロ東西線・神楽坂駅近くの路地裏にある人気和食店。日本全国の珍しい“島の味”が楽しめるお店です。
メニュー表を見ると、今まで出会ったことのない食材や料理が並び、そのどれもが絶品。新しい味わい・発見を楽しみたい方におすすめです。

住所 東京都新宿区神楽坂6-23
東京都新宿区神楽坂6-23

The following two tabs change content below.
アバター

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

合わせて読みたいおすすめ記事