都内で味わう絶品蕎麦と福井料理は「九頭龍蕎麦」なしに語れない

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

九頭龍蕎麦って、どんなお店?

神楽坂には和食の名店が多いのは広く知られていますが、「九頭龍蕎麦」もその中の1つで、平日休日問わずお昼から夜まで多くのお客さんで賑わっています。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

特に九頭龍蕎麦は“福井県の郷土料理・地酒”が楽しめるということで人気。店主の原崎氏が福井県の出身で、仕入れたこだわりの食材をもとに絶品福井料理を提供しています。

美味しい福井の料理・地酒でゆったりほっこり食事がしたい時や、友人・知人との食事にもぴったり。そんな九頭龍蕎麦の魅力を、今回は実食レポートでお届けしたいと思います。
実際に東京note編集部が訪れて感じた魅力をそのままお伝えしますので、ぜひお店選びのご参考にご覧くださいね!

 

九頭龍蕎麦の特徴・魅力

実食レポートに入る前に、改めて「九頭龍蕎麦」の特徴・魅力をポイントとしてまとめておきましょう。九頭龍蕎麦には多くの人々を魅了して離さない特徴的な魅力があります。

福井県の郷土料理と地酒が楽しめる

まず九頭龍蕎麦の大きな特徴としてあげられるのは、前述の通り数多くの“福井県の郷土料理と地酒”が楽しめるということ。福井県出身の店主が福井のこだわりの食材を使い、こだわりの絶品メニューを提供しています。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,予約,福井

また地酒に関しては、店主自らが蔵元を訪問・吟味して取り揃えるというこだわりぶり。
都内でも福井料理のお店はそれほど多くないので、それだけでも貴重な存在と言えるのではないでしょうか。

特にこだわりの蕎麦が大人気

店主こだわりのメニューが多く取り揃えられている中、特に人気なのがもちろん蕎麦。九頭龍蕎麦は福井県が推奨する「おいしい福井県産そば使用店」にも認定されるほど蕎麦の味に非常に定評があり、自家製粉したその蕎麦目当てに多くの人々が日々同店に詰め掛けています。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

福井料理では定番とも言える「越前おろし蕎麦」はさっぱりとした味わいで、九頭龍蕎麦でも大人気メニューです。詳しくは後の実食レポートでご紹介しますので、お楽しみに!(笑)

カジュアルに楽しめる「本店」と懐石料理が味わえる「はなれ」

また九頭龍蕎麦は「本店」と「はなれ」の2店舗が展開されており、それぞれ違った料理と雰囲気が楽しめるのも特徴の1つ。本店はカジュアルに蕎麦をはじめとした福井料理・地酒が楽しめて、はなれはグッと落ち着いた雰囲気の中で懐石料理が味わえます。
色々なシーンによって使い分けができるのは嬉しいですよね!

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,予約,福井

「わぁ、行ってみたい!」と思わせてくれる魅力がぎゅっと詰まった九頭龍蕎麦。都内でも数としてはあまり多くない福井の郷土料理がいただけるお店なので、希少価値も高いと言えるでしょう。

 

九頭龍蕎麦へのアクセス

そんな魅力いっぱいの九頭龍蕎麦に向かうためのアクセス・行き方も押さえておきましょう。後にご覧いただく外観・内観・料理(おすすめメニュー)写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

今回の取材では、よりカジュアルに楽しめる本店に伺いましたので、こちらへの行き方を中心にご紹介。九頭龍蕎麦本店は、東京メトロ有楽町線・南北線『飯田橋』駅のB3出口から向かうと行きやすいですよ!

B3出口を出ると、神楽坂のメインストリート「神楽坂通り」が目の前に現れますので、それを上っていきます。1分ほど歩くと、右手にコンビニ(ファミリーマート)が見えたら、その横に走る路地に入りましょう。
この路地は「神楽坂仲通り」と呼ばれる道。これを数十m進めば、もう左手に九頭龍蕎麦本店が見えてきます。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約
東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

B3出口から向かえばとっても近いので、特に迷うことなくたどり着けるのではないでしょうか。
それでは次に店舗の外観・内観を見ていきましょう!

 

九頭龍蕎麦の外観・内観

九頭龍蕎麦本店は神楽坂らしい落ち着いた路地沿いにある和食店。神楽坂の情緒あふれる雰囲気にとってもマッチした、落ち着きと和を感じる店舗になっています。

外観

店舗は比較的大きめで、外観としては横に長い造りになっています。木の風合いを活かしたデザインは、シックで大人の雰囲気を醸し出しています。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

またエントランスのアプローチも秀逸。どこか別世界に来たかのように錯覚してしまうほどの美しさで、入店前に自然と気持ちも高ぶります。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

内観

続いては内観。本店は個室が無いため、入店すると大きく開いたスペースが広がります。
座席は全部で40席で、テーブル席が30席、カウンター席が10席用意されており、大人数での来店でも余裕を持って利用できるのが嬉しいところ。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,店内
東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,店内

取材日も平日の夜にもかかわらず続々とお客さんが来店し、ほぼ満席の時間帯も。九頭龍蕎麦本店は比較的カジュアルに利用できるお店なので、お友達などとワイワイとお話を楽しみながらも良いですし、会社のイベント(飲み会、歓送迎会等)にもおすすめですよ!

 

九頭龍蕎麦が送る福井の絶品郷土料理たち

ではここからは、実食レポートに入っていきましょう!
九頭龍蕎麦は店主・原崎氏こだわりの福井郷土料理が目白押し。今回はその中でも東京note編集部が実際にいただいたおすすめメニューをご紹介していきますよ!こちらもお店選びのご参考にぜひご覧くださいね!

おすすめのメニュー①:薄切り野菜のサラダ

まず最初は「薄切り野菜のサラダ」(1,200円)です。彩り豊かな野菜が、見た目的にも美味しい一品。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,メニュー

大根や人参、きゅうり、パプリカなど非常にみずみずしくフレッシュさを楽しめる野菜たちに加え、素揚げされたレンコンやごぼうなど香ばしさも一緒に楽しむことができるメニューです。
醤油ベースのオリジナルのドレッシングも、丸く柔らかな味わいで絶品。パリパリムシャムシャと箸が止まら無くなりますが(笑)、最初のメニューとしてぴったりなのでおすすめです。

 

おすすめのメニュー②:竹田の揚げ焼き

続いては「竹田の揚げ焼き」(880円)です。福井県は油揚げの消費量が実は日本一で、“竹田の油揚げ”は名産の1つとなっています。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,油揚げ

思わず「うわっ!」と声をあげてしまうほど、とっても大きく分厚い油揚げがカリッカリに焼かれたこのメニュー。油揚げというと少し地味なイメージがありますが(福井のみなさん、すみません…)、この揚げ焼きは主役にすらなり得る味わいです。

たっぷりの薬味(ネギ、鰹節、大根おろし、生姜)の上から醤油をひと回し。それを一口頬張れば、カリカリな食感、油揚げの香ばしさ、薬味の程よい苦味が順に追いかけてきて、非常に美味!福井の郷土料理を食べるなら、このメニューは外せないでしょう。

 

おすすめのメニュー③:ソースカツ

3品目のおすすめメニューは「ソースカツ」(1,000円)です。こちらは福井の名産としてもかなり有名ですよね!

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,ソースカツ

九頭龍蕎麦のソースカツは軽くてスナック感覚で食べられるのが特徴。豚の脂もジューシー&甘みもたっぷりで、ソースの甘辛さと交われば、あまりの美味しさにいくらでも食べられるのでは?と錯覚してしまうほど。
カツの枚数も4枚とボリュームもたっぷりなので、ガッツリいっぱい食べたい男性には特に嬉しいメニューです。

 

おすすめのメニュー④:越前おろし蕎麦

そして最後はお待ちかね、最も有名で最も人気のある郷土料理「越前おろし蕎麦」(840円)です。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,おろし蕎麦

風味抜群のお蕎麦の上に、たっぷりの大根おろしが入った冷たい出汁をかけていただきます。香りが良くすっきりとした出汁の味わいと、トゲのないまろやかな甘みの大根おろしが絶妙に絡み合い、絶品。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,おろし蕎麦

またその出汁に全く負けずに主張してくる蕎麦粉の風味と喉越しの良さからは、九頭龍蕎麦ならではの蕎麦へのこだわりが感じられます。
とてもあっさりと食べられるので、締めの一品にもぴったり。九頭龍蕎麦に来たら、ぜひこれは食べていただきたい逸品です。

以上が今回ご紹介する東京note編集部おすすめのメニューとなりますが、本当のところはその他にもたくさんおすすめしたいメニューがいっぱいありまして…。
ですので、ぜひ皆さんも九頭龍蕎麦を訪れて、福井の絶品郷土料理を味わってみてくださいね!特に「浜焼き鯖」も福井を代表する郷土料理ですのでおすすめです。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,メニュー

 

九頭龍蕎麦のインスタ映え度は?

東京note編集部がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の「九頭龍蕎麦」も、もちろんインスタ映え抜群と言えるでしょう!
店舗外観の神楽坂らしい情緒感、そしてなんと言っても福井の絶品郷土料理たち。どのシーンを写真で切り取ってもフォトジェニックな一瞬をとらえることができると思いますので、インスタ映えすること間違いなしです。やっぱりおすすめは越前おろし蕎麦!

インスタ内でも人気のグルメ系ハッシュタグをつけながら、九頭龍蕎麦の写真でインスタライフも満喫しちゃいましょう!

 

まとめ:都内で福井料理を食べるならココ!初めての美味しさにも出会えるかも!

神楽坂にある絶品蕎麦和食店「九頭龍蕎麦」。福井の郷土料理を都内でいただけるお店は限られていますので、この九頭龍蕎麦の価値は非常に高いと言えるでしょう。
また日頃福井料理に馴染みのない方であれば、同店を訪れれば今まで食べたことのない味にも出会えるかもしれません。特に竹田の油揚げの美味しさは、良い意味で驚きを与えてくれると思います。

そして九頭龍蕎麦はランチも大人気で、こちらでも美味しいお蕎麦屋やソースカツ丼などもいただけます。
昼も夜も、友人とも会社の同僚とも、色々なシーンで利用しやすいお店ですので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?


店舗名 九頭龍蕎麦(本店) 定休日 無休
営業時間 月〜土 11:00~23:30 / 日・祝 11:00~23:00
価格帯 昼:〜999円 / 夜:5,000〜5,999円 電話番号 03-6228-1886
席数 40席(テーブル席30席、カウンター10席) 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン 友人・知人と、家族で 背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ

福井の郷土料理がいただける人気店。料理ももちろんのこと、接客も非常に丁寧で、心地よい時間を過ごすことができます。
今回はご紹介していませんが、福井の地酒もたくさん取り揃えられているので、日本酒好きな方にもおすすめのお店です^^

住所 東京都新宿区神楽坂3-3
東京都新宿区神楽坂3-3

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,離島キッチン,和食,日本酒,デート,隠れ家

    食材の宝庫である日本の「離島」を食す!「離島キッチン」

  2. 神楽坂,和食,隠れ家,デート,接待,日本酒,SHUN

    路地裏にひっそり一軒家、良い雰囲気しかない「神楽坂 SHUN 分家」は内緒にしたい

  3. 神楽坂,和食,ディナー,接待,会食,東京note

    2年連続ビブグルマン選出!愛媛県宇和島の特産を使った絶品料理の数々

  4. 時の流れがゆっくりに感じる築50年以上の古民家で、創作和食に舌鼓。

  5. 行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

    「つじ半」ぜいたく海鮮丼は、行列に並ぶ価値がある逸品です

  6. 神楽坂,和食,としまや,デート,隠れ家,パスタ,飲み会

    和モダンな店内、和洋折衷な創作料理「としまや」を押さえておけば間違いない