創業150年を超える伝統と歴史の鰻割烹「かぐら坂 志満金」のうな重が至福

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

神楽坂を代表する老舗鰻割烹「かぐら坂 志満金」とは?

「江戸前」という言葉を聞いて皆さんは何を想像されるでしょうか?おそらくほとんどの方が、「寿司」「江戸前寿司」を思い浮かべるのではないでしょうか。
でも実は、江戸前という言葉が生まれたきっかけは、「うなぎ」なんです。

江戸前とは「江戸の前面にある海」を指す言葉で、流れ込む浅草川や深川でよく獲れたのが「うなぎ」だったため、「江戸前のうなぎ」という言い方が始まった、と言われています。
そんな歴史のあるうなぎの名店が神楽坂にもいくつもあり、その中でも一番の老舗と言われているのが「かぐら坂 志満金」です。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

創業はなんと1869年。江戸時代が終わり明治維新が始まったのが1868年なので、その翌年に神楽坂にて創業し、今日まで歴史と共に伝統を築き上げてきたお店が「志満金」です。
神楽坂でもっとも歴史のある代表的老舗と言っても過言ではありません。

アクセス・外観

志満金は神楽坂の入り口である「神楽坂下」交差点からすぐのところにあり、地下鉄飯田橋駅のB3出口すぐ目の前、JR飯田橋駅からも徒歩2分程度です。神楽坂下の交差点から、神楽坂を上がってすぐ左手にあります。
神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

実は志満金は1〜3階まである大きな店舗で、上の階は個室や宴会、ウエディングなどにも対応しています。個人のお客さんはほとんど1階での食事になります。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

内観

1階はテーブル間が広く取られており、さすが高級鰻割烹、150年の歴史だけあって、とても落ち着いた空間になっています。
そして、店内に入るとうなぎの香ばしい匂いが広がっており、これから出でくるうなぎの前に期待感が高まり、幸せな気分になってしまうと思います。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

150年代々伝わる、うな重を食す!

さて、いよいよお楽しみの志満金のうなぎを紹介していきましょう!今回はお昼に伺い、うな重「寿」(3,800円 税別)を注文。
うな重ではなく、蒲焼きで別皿や白焼きにも対応してくださいます。

なお、メニューには、今回注文した「寿」の他に、「雪」「雅」など種類がありますが、違いはうなぎの目方(重さ)や、うなぎの量により値段が異なっています。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ
テーブルにはお箸とお盆が据えられており、そこに、お重、澄まし汁、お漬物を運んできてくれます。
注文をしてから15分程度で、お待ちかねのうな重が運ばれてきます。
お重はキラキラと輝く高級感のある螺鈿風で作られています。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ
お待ちかねのうなぎとご対面です!焼き目が綺麗に付いたうなぎが、タレで光り輝いており、身の大きさ、ふっくらと焼き上げられているのが見た目にも分かります。ご飯にも程よくタレがかけられています。タレはあっさり甘めで、醤油の香ばしさを感じることができます。このタレだけでご飯3杯いけそうです(笑)

口にうなぎを入れると、程よい柔らかさで身がふっくらとしており、口の中でとろけていきます。蒸しと焼きのバランスが抜群だと思われます。
山椒ははじめ少しかかっていますが、お好みで追加してもとても美味しいですよ。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

食後は抹茶と和菓子が出てきます。抹茶はその場で点てて提供していただけます。

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

まとめ:自分へのご褒美やお祝い事に、神楽坂「志満金」でうなぎを

暑い夏場を乗り切るために、「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣が日本にはありますが、やはりうなぎは高級な食べ物で、ましてや「うなぎ屋」に行くことは、そうそう無いかと思います。
もし食べる機会に恵まれたり、自分へのご褒美、家族での久しぶりの集まり、お祝い事などがある場合に、「神楽坂」という土地でうなぎを食す、志満金で150年の伝統を感じながらゆったりと、口いっぱいにとろけるうなぎを頬張る、贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

神楽坂,うなぎ,東京note,デート,和食,昔ながら,風情,高級,レトロ

店舗名 かぐら坂 志満金 定休日 お盆、年末年始
営業時間 11:00~22:00
価格帯 ¥4,000~¥5,000 電話番号 03-3269-3151
席数 70席 個室 有り(30人以上可) 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン デート、接待、会食、大切な日 背伸び度 ★★★ 予約難易度 比較的取りやすい
編集部メモ

江戸前とは「江戸の前面にある海」を指す言葉で、流れ込む浅草川や深川でよく獲れたのが「うなぎ」だったため、「江戸前のうなぎ」という言い方が始まった、と言われています。そんな歴史のあるうなぎの名店が神楽坂にもいくつもあり、その中でも一番の老舗と言われているのが「志満金」です。

住所 東京都新宿区神楽坂2-1
東京都新宿区神楽坂2-1
The following two tabs change content below.

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

関連記事

  1. 東京,神楽坂,和食,馳走紺屋,古民家,個室,三味線

    馳走とはおもてなしの心そのものだ。喧騒と無縁の「馳走 紺屋」

  2. 神楽坂,和食,隠れ家,デート,接待,日本酒,SHUN

    路地裏にひっそり一軒家、良い雰囲気しかない「神楽坂 SHUN 分家」は内緒にしたい

  3. 神楽坂,和食,としまや,デート,隠れ家,パスタ,飲み会

    和モダンな店内、和洋折衷な創作料理「としまや」を押さえておけば間違いない

  4. 神楽坂,焼肉,東京note,デート,個室,隠れ家,肉

    まるで芸能人!?全席個室の「しんうち」で、お忍び焼肉が最高だった

  5. 神楽坂,東京note,焼き鳥,和食,デート,ワイン,居酒屋

    路地裏のROJIビル地下は内緒にしたい焼き鳥「YAKITORI 葵」

  6. 和食,カド,神楽坂,古民家,東京note,日本料理,デート,接待

    「ただいま」がぴったり。まるで家のくつろぎで親近感しかない「カド」

  7. 神楽坂,和食,ディナー,接待,会食

    大切な食事には、天然木の江戸風個室が充実の「坂の花」が便利すぎた

  8. 東京,神楽坂,和食,そば,日本酒,居酒屋,たかさご

    蕎麦の膳「たかさご」は130年の歴史とこだわり抜いた蕎麦と日本料理の店

  9. 行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

    「つじ半」ぜいたく海鮮丼は、行列に並ぶ価値がある逸品です