【神楽坂】住宅街にひっそりと。“大人の隠れ家”『焼き鳥 峠』は正直誰にも教えたくない。

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『焼き鳥 峠』はどんなお店?

グルメタウン・神楽坂にはもちろん美味しい焼き鳥店も数多く点在していますが、今回ご紹介する『焼き鳥 峠』は住宅街にひっそりと佇む“本当は内緒にしておきたいお店”にあげたくなる焼き鳥店です。

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

「これぞ、神楽坂」と言いたくなるようなシックで落ち着いた外観の『焼き鳥 峠』は、デートでの利用や友人・知人を連れてくれば、きっと素敵な時間を過ごすことができること間違いなし。

こだわり抜かれた魅惑的な「峠」の一串一串を、東京note編集部が実食レポートでご紹介します。

 

編集部が注目する『焼き鳥 峠』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『焼き鳥 峠』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①高品質なフランス血統の鶏が新鮮な状態で楽しめる
②焼き鳥に合う厳選された日本酒・ワインが常時豊富に揃う
③閑静な住宅街にひっそりと佇む“ザ・大人の隠れ家”

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり高品質な鶏を使った絶品焼き鳥とお洒落な店舗。特に焼き鳥のクオリティの高さは神楽坂でもかなりの評判となっているので、いやが応にも期待が高まるところです。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『焼き鳥 峠』。早速実食レポートに移っていきましょう!


『焼き鳥 峠』実食レポート

東京note編集部が『焼き鳥 峠』を訪れたのは2019年7月半ば。スタイリッシュな店内で絶品の焼き鳥が楽しめるとのことで、心を踊らせながら店舗へ向かいました。

店舗への行き方・アクセス

『焼き鳥 峠』は都営大江戸線の「牛込神楽坂駅」が最寄り駅。A1出口から徒歩3分と比較的駅近ではありますが、住宅街の中にぽつんと佇む“隠れ家”的なお店なので、初めて訪れる際は少し場所がわかりにくいかもしれません。以下の道順を参考に向かってみてくださいね!

まずA1出口から地上に出ると、目の前は大久保通りが走っています。最初はこの大久保通りを右方向(牛込柳町方面)へ進みます。すると、「牛込北町」の交差点が見えてきますので、ここを左折して今度は「牛込中央通り」を市ヶ谷方面に向かって歩きます。

東京,神楽坂,予約,セクレト,secreto,予約,アクセス

少し直進した後、1つ目の信号を右折します(右折すると左手側に「豚三昧」というお店が見えますので、これを目印に)。ここから住宅街がスタート。街の喧騒が嘘のようにしっとりと落ち着いた雰囲気に変わっていきます。

東京,神楽坂,予約,セクレト,secreto,予約,アクセス

そのまま真っ直ぐ進んでいき数十m歩くと、右手側に突如お洒落なお店が登場。『焼き鳥 峠』に到着です。「牛込神楽坂駅」のA1出口から向かえば比較的わかりやすいのでオススメです。

外観

店舗はコンクリート打ちっぱなしの建物の1階にあり、とてもスタイリッシュな表情。初めて訪れたときは「え?これが焼き鳥屋さん!?」という驚きを誰もが感じるのではないでしょうか。

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

内観

店内に入ると、これまたお洒落な空間が広がっていました。「ライブ感を大切にしたい」という思いから座席はコの字に配置されたカウンター18席のみというレイアウト。

天然の松を使用した温かみのある大きなカウンターで雰囲気抜群。座席間も比較的広く取られており、リラックスして焼き鳥に舌鼓を打つことができそう。

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

デートや女子会、友人と語らうには最高の環境ですし、お一人様でも周りに気兼ねなく楽しめる雰囲気です。


名店で修行を積んだ串の数々

ご主人の栗田大樹氏は10年ほど酒屋で経験を積んだ後、食べログ100名店やミシュランのビブグルマンにも選ばれている、三軒茶屋の名店「焼き鳥 床島」で5年修行したのちに、独立して峠をオープンしたとのこと。

使用する鶏肉はフランス血統の鶏で、公的に高い品質が認められていることを示すフランスの品質保証「ラベル・ルージュ」がついたものを使用しているというこだわりぶり。これで美味しくないはずはありません(笑)。

今回は5,000円(税抜き)の焼き鳥コースをいただきました。

前菜

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

最初にいただいたのは前菜。写真左から、ささみ梅肉和え、ぬか漬け、浸し豆の3種類です。先に全て食べてしまってもいいですし、この後出てくる串の合間につまむのも良いと思います。

野菜盛り合わせ

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

新鮮な野菜の盛り合わせで、そのまま食べても野菜の甘みが感じられて美味しいですが、一緒に提供されるニンニク味噌が相性抜群で非常に美味。

しそレモン

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

ジューシーかつ皮はパリッと焼かれた鶏モモ肉に、粗めの大根おろし、シソをたっぷり載せた一串。レモン汁がかかっており、さわかやな香り・味わいが口いっぱいに広がってこれまた絶品。

ハツ

神楽坂,焼き鳥,東京,東京note,デート,カウンター,大人,おしゃれ

ハツの中では少し大きい印象があり、身がとてもふっくらして噛めば噛むほど肉汁が溢れてきました。ほんの少し粗塩が乗っかっており味にアクセントに。

Nextpage:コリコリでジューシーなハラミが登場!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事