この狭い風情あふれる「兵庫横丁」は、知る人ぞ知る名店が勢揃い

神楽坂,兵庫横丁,レストラン, デート,東京note,ロケ地,散歩,観光,食べ歩き,インスタ,インスタスポット

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

神楽坂は一本路地に入ると別世界

神楽坂は石畳や黒塀、古民家や芸妓さんといった昔ながらの日本の原風景を残しながら、和食・イタリアン・フレンチ・中華まで、庶民的から超高級まで、伝統的から最先端まで非常に多種多様なお店が揃っている、東京でも一、二を争う魅力的な街になっています。

そんな魅力的な神楽坂の神髄は、ズバリ「路地」にあります!

一本道が異なればガラリと雰囲気が変わり、レストランの名店がずらりとあったり、こだわりの雑貨屋があったり、インスタスポットもたくさんあります。散策・散歩も良し、ランチもディナーも良し、友人や恋人、女子会や接待、大切な日にも活用できる神楽坂の路地。

それでは素敵な神楽坂の路地を紹介していきましょう!

兵庫横丁って、どんな路地?

神楽坂,兵庫横丁,レストラン, デート,東京note,ロケ地,散歩,観光,食べ歩き,インスタ,インスタスポット

今回紹介する路地は、度々ドラマや映画の撮影地にもなっている、神楽坂でも超有名な路地の「兵庫横丁」です。ロケ地に選ばれるほどの雰囲気をもち、昔ながらの日本家屋や古民家がたくさん残っており、今では狭い路地の両側に、これでもかというくらいレストランの名店が揃っています。

兵庫横丁は神楽坂の中でも最も古い道と言われており、鎌倉時代からの古道で、重要な要衝であり武器商人の街だったこともあり、「兵=兵器」「庫=倉庫」で兵庫横丁と名付けられました。

兵庫横丁の詳しい位置は、「神楽坂の横丁マップ」をご覧ください。

入り口

兵庫横丁の特徴の一つに「入り口が異常に狭い」ということがあります。おそらく神楽坂を訪れる方は、飯田橋駅、牛込神楽坂駅、神楽坂駅からアクセスすることが多いと思います。その際には神楽坂のメイン通り「神楽坂通り」を通ってくる方がほとんどではないでしょうか?

この神楽坂通りから兵庫横丁への入り口が異常に狭い(笑)。その入り口の写真がこちら。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

正面から見ても狭いですが、普通に歩いていると気が付かないレベルです。ちょうど写真撮影しているときにも、「えっ?ここ道なの?」みたいな人がいらっしゃいました(笑)

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

入り口の簡単な見つけ方として、まずは目印として神楽坂のシンボルでもある、「毘沙門天善国寺」を目指しましょう。真っ赤な鳥居が印象的なので、すぐに見つかると思います。

そして善国寺の目の前に、寿司店の「杉玉」があります。その左側にある超狭い道が、先ほどの細い道。兵庫横丁への入り口になっています。

神楽坂,兵庫横丁,レストラン, デート,東京note,ロケ地,散歩,観光,食べ歩き,インスタ,インスタスポット
神楽坂,兵庫横丁,レストラン, デート,東京note,ロケ地,散歩,観光,食べ歩き,インスタ,インスタスポット

入り口ではすれ違うことも難しいので、覗いてみて人が歩いてきたら待ちましょう。横丁に入るとだんだん広くなっていきますが、それでもすれ違うのがやっと。

なお、周辺には住民の方もいらっしゃるので、通るときには静かに進みましょう。

兵庫横丁にある、名店の数々!

お待ちかねの兵庫横丁にあるレストランを紹介していきましょう!この狭い路地は神楽坂の中でも屈指のレストランが揃っており、予約困難なお店もあるほどの大人気で、まさに「知る人ぞ知る」という言葉がぴったり。

ジャンルも和食、イタリアン、韓国料理、バーなど幅広く、どれも個性的で魅力的なお店が勢揃い。お店選びに迷ってしまうと思いますよ!

アルボール(イタリアン)

「古田」という表札があることで有名な一軒家イタリアン「アルボール」。初めて訪れたときは「えっ?ここ?」と入ることをためらってしまうほどの外観です。

中に入ればオープンキッチンが華々しくお出迎え、料理もワインも絶品です。
※現在予約困難店の仲間入りを果たしているので、訪問したい場合は電話確認必須です。

神楽坂SHUN 分家(和食)

神楽坂,和食,隠れ家,デート,接待,日本酒,SHUN

古民家をリノベーションした和食屋「神楽坂SHUN 分家」。旬に合わせて毎月料理が変わります。

個室もあり、各座席には背の高い塀で仕切られているため、半個室に近く、デートなどはグッと距離が縮まりますね。


おいしんぼ(和食)

東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

お座敷でいただく旬の和食屋「おいしんぼ」。こちらも古民家で、まるで実家に帰ってきたような雰囲気です。土鍋を使った炊き込みご飯が絶品。



Nextpage:続いては、激レア!1日4組限定の韓国宮廷料理店!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事