行列必至!でも並ぶ価値がある「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」のぜいたく丼がコスパ最強!

行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」はどんなお店?

神楽坂通り沿いには様々な飲食店が軒を連ねていますが、中でも連日ランチタイムに大行列となる「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」が人気を集めています。

行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

日本橋に本店があるため、ご存知の方も多いかと思いますが、「つじ半」は海鮮丼の専門店。メニューはこだわりの『ぜいたく丼』のみ。このぜいたく丼の味わいを求めて、平日・休日問わず多くのお客さんが「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」に押しかけています。

味はもちろんのこと、食べ方にも特徴があり、何よりも嬉しい「コスパ」も最強のぜいたく丼。今回は“東京随一の海鮮丼”を提供する「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」の魅力を、東京noteが実食レポートでご紹介します。

編集部が注目する「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①メニューはシンプルに「ぜいたく丼」(梅・竹・松・特上の4種類)のみ
②9〜10種類以上の魚介類がたっぷり盛られたどんぶりが絶品
③人気つけ麺店「めん徳 二代目 つじ田」の辻田店主と、人気天丼店「日本橋天丼 金子半之助」の金子店主が共同で立ち上げたお店

行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」自慢のぜいたく丼の味わいでしょう。天高く盛られた贅沢な海鮮の美味しさはもちろんのこと、加えて何やらこのぜいたく丼にはもう1つ違った食べ方もあるのだとか。ぜひ実食レポートでもその魅力を確かめたいところです。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」。早速実食レポートに移っていきましょう!


「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」ランチ実食レポート

東京note編集部が「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」を訪れたのは平日のランチタイム。どんな美味しい料理が待っているのか、心躍らせながら店舗に向かいました。

店舗へのアクセス・行き方を写真付きで紹介!

「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」は、神楽坂のメインストリート・神楽坂通りのちょうど真ん中あたりに店舗を構えています。電車で向かう場合は、東京メトロ各線・JR線「飯田橋駅」から(徒歩4〜5分)、または都営大江戸線「牛込神楽坂駅」から(徒歩5分程度)向かうと行きやすいでしょう。

例えば東京メトロ「飯田橋駅」から向かうのであれば、B3出口から向かうのがオススメ。B3出口を出ると、もう目の前は神楽坂通り。そこから右に向かって(神楽坂上交差点方面)坂を上っていきます。

神楽坂,神楽坂通り,新宿,散策,ショッピング,飯田橋

少し進むと右手側にファミリーマート(2021.06時点)があるので、それが見えたらもうお店はすぐそこ。お腹をグゥ〜と鳴らしながら早足で向かいましょう(笑)。

東京,神楽坂,和食,馳走紺屋,古民家,個室,三味線

神楽坂通りのちょうどてっぺんあたり、坂を登ったあたりにお店があり、ちょっと奥まった所にひっそりと構えているため、外から直接入り口は見えません。

ただ、お昼時には看板も出ていますし、何よりお店の前には連日大行列が出来ていると思いますので、すぐに見つけられるはず(下の写真は、奇跡的に行列が短かった日の写真です笑)。

行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼
行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

ちなみに「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」のビルの地下には、これまた東京屈指の人気とんかつ店「あげづき」があり、こちらもいつも行列が出来ているので、行列の並び間違いにはご注意を(笑)。

店内はカウンター席のみで落ち着いた“大人な雰囲気”

店内はピシッと一直線のカウンター14席のみ。照明が落とされた洗練された雰囲気の店内は、神楽坂らしい“大人な雰囲気”が漂います。落ち着いた空間になっているので、ちょっと贅沢なランチタイムを満喫したい時にはぴったり。

行列,東京,神楽坂,飯田橋,丼,オススメ,刺身,海鮮丼

板前さんが目の前で調理する手際の良さ、活気などが直接伝わってくるライブ感も、これから出てくるぜいたく丼への期待が高まりますね。


「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」の大人気絶品『ぜいたく丼』を実食!

カウンター席に腰をかけ、はやる気持ちを抑えながら、早速ぜいたく丼を注文しました。

ぜいたく丼のグレードは4種類!

「日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店」のメニューは『ぜいたく丼』の一品のみですが、前述の通り梅・竹・松・特上の4種類にグレードが分かれています(以下参照)。

“ぜいたく”という名前から「ちょっとお高いのでは…」と思われがちですが、実は一番スタンダードな梅は1,080円。海鮮丼としてはとってもリーズナブルなお値段です。

ぜいたく丼のグレード
・梅 1,080円:生まぐろ、中落ち、いか、数の子、胡瓜、つぶ貝、みる貝、ボタン海老、いくらの9種類
・竹 1,480円:「梅」に、かに追加、いくら増量
・松 1,980円:「梅」に、かに追加、ウニ追加、いくら増量
・特上 3,500円:かに、ウニ、いくら全て増量

しかも海鮮たっぷりの丼に加え、どのグレードでもお刺身までついてきちゃうんです。これはコスパが高過ぎる。今回編集部は「梅」をチョイス!

Nextpage:これで1,080円!? 海鮮の“山”が積まれた丼が登場!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事