“バーデビュー”ならここで決まり!神楽坂「エムズ バーアンドカッフェ」

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,ジントニック

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『エムズ バーアンドカッフェ』って、どんなお店?

神楽坂と聞いてイメージするなら「石畳」や「リトル・パリ」などはすぐ思い浮かぶ方も多いはず。でも実のところ、神楽坂は都内屈指の「バーの街」でもあるんです(単位面積当たりのバーの数が都内一位との話もあるほど)。

そんな中、奥神楽坂にある『エムズ バーアンドカッフェ』(M’s Bar & Caffe)が、非常に豊富な洋酒の数々とカジュアルに楽しめる雰囲気で以前より人気を集めています。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

「バーって敷居が高くて入りづらい…」そう感じている方も気兼ねなく楽しめる、“バーデビュー”にもぴったりなお店。
今回はそんな『エムズ バーアンドカッフェ』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。


『エムズ バーアンドカッフェ』の特徴・魅力

さて実食レポートに入る前に、エムズ バーアンドカッフェの特徴・魅力を押さえておきましょう。まず手軽にお店の特徴を知りたい!という方は特にチェックしてみてくださいね!

編集部注目ポイント①:約1,000種類を超える洋酒たち

まず1つ目の特徴・魅力は「約1,000種類以上の洋酒」が揃えられていること。その品揃えは“バーの街”神楽坂においても随一で、カウンター前に並べられたボトルたちは圧巻の光景です。
かなりレアなビンテージ物も取りそろえられています。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

編集部注目ポイント②:バーでは珍しい豊富なフード

またバーでは珍しいほどにフードメニューも充実。定番のフィッシュアンドチップスはもちろんのこと、オムライスやパスタ等もあったり。
1軒目からでも楽しめてしまう、バーの枠に捉われないスタイルも、人気を集める理由の1つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

うえだありささん(@p_ar13)がシェアした投稿

編集部注目ポイント③:しっぽりもワイガヤも、どっちもOK

そしてバーというと「大声でのお話禁止」など、しっぽりと楽しむイメージが強いですが、エムズ バーアンドカッフェでは比較的ワイワイとフランクに楽しむこともできます。
その日の気分や訪れる際の人数で、楽しみ方をスイッチできるのも嬉しい魅力です。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

このような多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『エムズ バーアンドカッフェ』。カジュアルにバーを楽しみたい時などにぴったりなお店です。
ではポイントを確認したところで、続いて実食レポートに移りましょう!

 

『エムズ バーアンドカッフェ』実食レポート

ここからは東京note編集部が実際に『エムズ バーアンドカッフェ』を訪問して感じた魅力を、実食レポートでお届けしていきます。
皆さんが訪れる際のご参考にぜひご覧くださいね!

店舗へのアクセス・行き方

まずはお店へのアクセス・行き方を押さえておきましょう。下の写真を参考に向かってみてくださいね!

『エムズ バーアンドカッフェ』は奥神楽坂の早稲田通り沿いにあるお店。東京メトロ「神楽坂」駅から向かうと非常に近いので、こちらから訪れるのがおすすめです。
神楽坂駅の2番出口(矢来口)から地上に出たら、左に進んでいきましょう。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

そのまま早稲田通りをまっすぐ歩いていくと、およそ1分ほどで左手側に『エムズ バーアンドカッフェ』が見えてきます。とても近くて行きやすいですね!

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

『エムズ バーアンドカッフェ』に向かって歩いている途中、左手側にはこちらも人気のビストロ『ラターシュ』もあります。ワインが充実しているビストロなので、一軒目に『ラターシュ』、二軒目に『エムズ バーアンドカッフェ』に行く、という楽しみ方もおすすめです。

『ラターシュ』に関しては下の記事もご参照くださいね!

店舗の外観・内観

続いて店舗の外観・内観をチェック!
外観はシックで大人っぽい、でもカジュアルさも感じさせてくれる佇まい。ついフラッと吸い寄せられてしまうような店構えですね!

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,外観

店内に入ると、グッと大人っぽさが増してきます。座席は全部で40席で、入り口手前右手にはソファ席、左手には一人用席が用意されており、カジュアルに楽しむならこれらの席が良さそう。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,店内

店内奥に進むと、洋酒がズラッと並べられたカウンター席が9席あります。
バーテンダーさんに頼めば、用途に応じて手前のソファ席か奥のカウンター席をチョイスしてくれるので、気軽な気持ちで入店できますよ!
お一人様で訪れるなら、断然カウンター席がおすすめです。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,店内


『エムズ バーアンドカッフェ』至極のドリンクたち

ここからはお待ちかね、エムズ バーアンドカッフェのドリンクのご紹介です。今回は東京note編集部が実際にいただいたカクテル・ウイスキーをご紹介します。
エムズ バーアンドカッフェでは本当に様々な種類のドリンクが用意されていて迷ってしまうことも多いので、ぜひご参考までにご覧くださいね!

ジントニック

まず1つ目は「ジントニック」(800円)。バーの定番カクテルですが、『エムズ バーアンドカッフェ』においても大人気メニューの1つ。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,ジントニック

こちらのジントニックは比較的スッキリ目で、ジンの鮮やかな香りとトニックウォーターの軽やかな苦味のバランスが絶妙。
ライムのフレッシュさも後から追いかけてくるので、ゴクゴクと飲めてしまうカクテルでした。

夏の暑い時期などの1杯目に最適なのではないでしょうか。

Nextpage:続いてはボストンクーラー!スッキリと爽快感を堪能!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事