前菜が“主役”⁉︎ 神楽坂カジュアルフレンチ「ボン・グゥ」が人気を集める理由

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『ボン・グゥ』って、どんなお店?

神楽坂は“リトル・パリ”とも呼ばれ、街の雰囲気が似ているだけでなく、フレンチの名店も多く軒を連ねています。
そんな中、他店にはない“前菜が主役”という個性が際立つフレンチビストロ『ボン・グゥ』が、非常に話題を集めています。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜,予約

肩肘張らずにフラッと気軽に訪れることもできる、その雰囲気も人気の理由の1つ。今回はそんな『ボン・グゥ』の人気の秘密に、東京noteが実食レポートで迫ります。

『ボン・グゥ』の特徴・魅力

実食レポートに入る前に、ボン・グゥの特徴・魅力を編集部の注目ポイントとしてまとめておきましょう。同店が人気を集める理由は、ここにあります。

編集部注目ポイント①:“前菜が主役”

前述の通り、ボン・グゥでは“前菜が主役”という他店にはないコンセプトが大きな特徴。多種多様な前菜をはじめとした絶品フランス料理が大人気です。
店舗前の看板には「メインデッシュはもういらない」とまで書かれています(笑)。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

編集部注目ポイント②:お一人様でも気軽に入れる

店内の雰囲気はフレンチのお店ながら非常にカジュアルで、肩肘張らずに気軽に訪れることができるのも人気の理由の1つ。カウンター席も多数用意されており、お一人様でも気兼ねなく楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

zackさん(@zack8bee)がシェアした投稿

編集部注目ポイント③:親切な接客・対応

またボン・グゥ利用者が口を揃えて話すのは接客・対応のクオリティ。一人ひとりのお客様に対して非常に丁寧・親切な接客がなされます。人数に応じて各料理のポーションも柔軟に調整してもらえます。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

このような多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『ボン・グゥ』。仕事帰りにフラッと立ち寄りたくなるような、そんなフレンチのお店です。

 

『ボン・グゥ』実食レポート

ここからは、東京note編集部が実際に『ボン・グゥ』を訪問して感じた魅力を、実食レポートでお届けしていきます。
皆さんが訪れる際のご参考にぜひご覧くださいね!

店舗へのアクセス・行き方

まずはお店へのアクセス・行き方を押さえておきましょう。東京note編集部が撮影した下の写真を参考にしていただきながら向かってみてくださいね!

同店は奥神楽坂エリアに店舗を構えているため、東京メトロ東西線「神楽坂」駅1a出口からだと行きやすいので、こちらから向かいましょう。

神楽坂駅から地上に出ると、目の前に早稲田通りが走っています。対面に渡って、右方向(奥神楽坂・早稲田方面)へ進みましょう。

東京,神楽坂,バー,エムズ,デート,アクセス

歩き始めて1分ほど、左手に細い路地が見えてきます。その角に建つ建物の2階にボン・グゥがあります。1階は美容室(2019年9月現在)がありますので、これを目印にしてもわかりやすいでしょう。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜,アクセス

神楽坂の駅から向かえば非常に近いので、まず迷うことなく辿り着けるのではないでしょうか。駅近なのは嬉しいですね!

店舗の外観・内観

続いて店舗の外観・内観をチェック!
外観はとってもシンプル。2階に上がるドア前には例の「メインデッシュはもういらない」の看板が置かれています。
シンプルではありますが、フレンチらしいスタイリッシュな佇まいでお洒落ですね!

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

ドアを開き、白い階段を上がっていくと、メインフロアが広がります。
座席は全部で32席。窓に向かったカウンター席が8席、壁側にあるテーブル席が24席となっています。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜,内観
東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜,内観

全体が白を基調とした内観で、外観に負けず劣らずお洒落な空間。女子会などにもぴったりなのではないでしょうか。

店内の雰囲気

店内はフレンチながらカジュアルでワイワイと会話を楽しめる空気感。実際に取材で訪れた際も、大勢の方々の楽しげな笑い声と笑顔が溢れていました。

また、お一人様ならカウンター席がおすすめ。カウンター席は全て外に向けて用意されているため、お一人様でも周りを気にする事なく過ごせる雰囲気が作られています(取材日も4名の方がお一人で絶品料理を楽しまれていました)。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

色々なシーンで利用したくなる、そんな雰囲気です。特にデートや女子会、友人・知人との食事会、お一人様での利用はおすすめです。

“前菜が主役”の『ボン・グゥ』絶品料理たち

ここからはお待ちかね、東京note編集部が実際にいただいたボン・グゥの料理・ドリンクのご紹介です。
ボン・グゥではコンセプト通り様々な種類の前菜をはじめ、絶品料理が多数用意されています。ぜひ訪れる際のご参考にどうぞ!

ボングゥ盛り

まず最初のご紹介は、ボン・グゥといえばコレというメニュー「ボングゥ盛り」(Harf:1,900円、Full:3,400)です。“前菜が主役”のお店ならではの贅沢でバラエティ豊かな一品。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

ボングゥ盛りは、シェフのおすすめ前菜が5種類も盛られたメニューで、日替わりで前菜の種類も変わります。この日はパテ・ド・カンパーニュやタコ・焼き野菜のマリネなど、彩りも華やかな前菜がずらり。
一品一品が非常に丁寧に作られているのを感じられるほど、繊細ながら風味も味もしっかりとしたメニューで、ボリュームも満点でした。

特製ベーコンと淡路玉葱のタルトフランベ

続いてもボン・グゥの名物料理。「特製ベーコンと淡路玉葱のタルトフランベ」(Half:1,000円、Full:1,800円)です。
タルトフランベとは、フランス・アルザス地方の郷土料理で、薄いパン生地の上にチーズやスライス玉ねぎ等を乗せて焼いたピザのような料理です。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

特製ベーコンとチーズの塩加減が絶妙。また淡路の特産である玉ねぎは非常に甘みがありますが、全体とのバランスも良く、白ワインとの相性も抜群です。
生地が薄くてサクサクなので、軽い感じでペロリと食べられてしまう一品でした。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

黒毛和牛のタルタルステーキ ボン・グゥスタイル

最後のご紹介は「黒毛和牛のタルタルステーキ ボン・グゥスタイル」(Half:1,600円、Full:3,000円)。前菜が主食のボン・グゥですが、メインになる魚や肉料理も複数用意されており、がっつり食べたい方も安心(笑)。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

こちらはフランスのビストロでは定番のメニューですが、ボン・グゥでは香辛料や薬味が豊富に使われているのが特徴です。とっても柔らかな肉質の黒毛和牛で、一口頬張ればトロリととろける食感。スパイスの香りもスッと鼻から抜けて、爽やかさも感じるほど。

ワインにも非常に合うので、お酒好きな方はマストで注文してほしい一品でした。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜

今回ご紹介する料理は以上となりますが、ボン・グゥにはその他にも日替わりの前菜や多数のタルトフランベ、厳選チーズなどたくさんのメニューが用意されています。特に前菜の品揃えは流石の一言。

料理やワインの説明もスタッフの方が丁寧にしてくれるので、最高の時間を過ごすことができました。
ボン・グゥさん、とっても大満足・とっても美味しい料理をありがとうございました!東京noteおすすめのフレンチがまた1つ増えました^ ^

 

『ボン・グゥ』のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の奥神楽坂のカジュアルフレンチ『ボン・グゥ』は、インスタ映え度も抜群!

お洒落な店内はもちろんのこと、多種多様な前菜は非常にフォトジェニック。色合いも豊かで美しい料理ばかりなので、インスタの中でも特に目を惹くこと間違いなしでしょう!

フレンチ・グルメ系の投稿はいまだにインスタの中でも人気を集めていますので、それらのハッシュタグをたくさんつけながら、ボン・グゥの写真でたくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

会社から2分で行ける「フレンチ前菜食堂 ボン・グゥ 神楽坂」がお盆も開いていて大助かり。 数多くのフレンチが点在する神楽坂において異彩を放つ、前菜だけで勝負するお店。 「特製ビーフストロガノフ」とセットのグリーンサラダを+300円で前菜盛り合わせに変更できるのが嬉しい。 肉がたっぷり入ったビーフストロガノフのサワークリーム添えはとても上品な味わい。 近所で美味しい野菜をたくさん食べられるのは本当にありがたいと思う。 #神楽坂 #ボングゥ #フレンチ #フランス #前菜 #サラダ #野菜 #ビーフストロガノフ #サワークリーム #kagurazaka #tokyo #japan #lunch #instagood #foodgasm #foodie #bongout #french

渡邉達朗さん(@tatzuro)がシェアした投稿 –

 

まとめ:前菜への見方を変えてくれる、気軽に立ち寄れるフレンチ

奥神楽坂にあるカジュアルフレンチ『ボン・グゥ』はいかがでしたか?

フレンチというと敷居が高くて少し入りづらかったりすることもありますが、ボン・グゥは気軽に立ち寄れる雰囲気が嬉しいお店。また“前菜”を主役に据えるというコンセプトは他店にはない魅力で、これが前菜への見方をガラリと変えてくれます。

デートや女子会、友人・知人との食事会はもちろんですが、お一人様での利用もおすすめ。料理のポーションも調整してくれますし、接客も非常に丁寧なので、一人でもとても優雅な時間が過ごせます。
神楽坂は新宿からも非常に近いので、このエリアでフレンチのお店をお探しの際は特にオススメです^^

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ボングゥ,前菜
公式HP:http://www.bon-gout.co


店舗名 ボン・グゥ 神楽坂 (フレンチ前菜食堂) 定休日 月曜日、第3火曜日
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜23:00
価格帯 昼:1,000〜1,999円 / 夜:6,000〜7,999円 電話番号 03-3268-0071
席数 32席 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン 女子会、デート、お一人で 背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ

奥神楽坂にあるカジュアルフレンチ。“前菜が主役”という今までにないフレンチのカタチを見せてくれる人気店です。
料理の味はもちろんのこと、接客も非常に丁寧で、お一人様であってもポーションのサイズなど柔軟に対応してくれます。仕事帰りにご飯を食べて帰りたいな!という時、ふらっと立ち寄ることもできて本当におすすめです^^

住所 東京都新宿区矢来町107 細谷ビル 2F
東京都新宿区矢来町107 細谷ビル 2F

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 神楽坂・日本初の“シードルバーレストラン”で、大人のデートを楽しむ

  2. 東京,神楽坂,フレンチ,カジュアルフレンチ,デート,女子会,ビストロ,シャンパン

    ため息が出るほど美しく、本場の味にテンション上がりっぱなし!カジュアルフレンチ「ビズ」

  3. 東京,神楽坂,フレンチ,ル・パリジャン,おすすめ,人気,ブロシェット

    まるで気分はパリ旅行♪ 神楽坂ビストロ「ル・パリジャン」で絶品フレンチに舌鼓

  4. 東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

    神楽坂「ラ・マティエール」で素材の旨味を活かし尽くした絶品フレンチを楽しむ

  5. 東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,モンマルトル,ビストロ,予約

    “フレンチの王道”が、ここにある。神楽坂「ル ・クロ・モンマルトル」

  6. 東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,メニュー

    神楽坂・ビストロ「ラターシュ」で、仕事帰りにフラッとカジュアルフレンチを楽しむ

  7. 神楽坂,ビストロ,バル,フレンチ,東京note,デート

    漢字ですがフレンチです。「夏目亭」は絶品フレンチが食べられる緑の世界

  8. 東京,神楽坂,フレンチ,かみくら,古民家,予約

    記念日も接待も、神楽坂「かみくら」の和風創作フレンチなら失敗はあり得ない

  9. 東京,神楽坂,あかべえ,フレンチ,焼き鳥,予約

    新感覚“フレンチ焼鳥”の「神楽坂あかべえ襷」で、絶品焼鳥とワインのペアリングを楽しむ