神楽坂・ビストロ「ラターシュ」で、仕事帰りにフラッとカジュアルフレンチを楽しむ

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,メニュー

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

ラターシュって、どんなお店?

“リトル・パリ”とも称される神楽坂は、和食と並んでフレンチのお店も数多く点在していますが、気軽に楽しめるビストロは特に人気。そんな中、奥神楽坂の片隅にあるワインビストロ『ラターシュ』が、神楽坂の舌の肥えた美食家からも注目を集めています。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,予約

“ワインビストロ”というだけあって、ワインの種類は非常に豊富。またそれらワインに合う絶品料理もお手頃なお値段で楽しめるので、デートからお一人様まで、幅広く利用できるお店と話題になっています。

今回はそんな『ラターシュ』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。


編集部が注目する『ラターシュ』の2つの魅力

実食レポートに入る前に、ラターシュの特徴・魅力を編集部の注目ポイントとしてまとめておきましょう。まずは手軽にお店の特徴を知りたい!という方は特に要チェックです!

ポイント①:100種類以上のワインが常備された“ワインビストロ”

まず1つ目の特徴・魅力は、ワイン。前述の通り“ワインビストロ”がテーマの同店では、ワインマニアをも唸らせるようなワインが100種類以上常備されています。
特にブルゴーニュ産のワインが非常に豊富で、ラターシュに行けばお気に入りの一杯に出会えると話題に。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,予約

ポイント②:カジュアルに楽しめる高級フレンチの味

もう1つの特徴・魅力はそのワインに合う絶品料理。気軽に楽しめるビストロではありますが、高級フレンチさながらの絶品料理がいただけます。お値段もお手頃なので、「味は高級フレンチ、価格はカジュアルビストロ」として楽しめる、コスパ抜群な点も人気を集める理由の1つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いぬ🐶さん(@waaangggg)がシェアした投稿

このような多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいのビストロ『ラターシュ』。カジュアルにフランス料理・ワインを楽しみたい日にぴったりなお店です。

ではポイントを確認したところで、続いて実食レポートに移りましょう!

 

『ラターシュ』実食レポート

東京note編集部がラターシュに向かったのは9月の平日。これからどんな料理・ワインに出会えるのか想像しながら向かうだけでも、ワクワクと心が躍り始めます。

ラターシュへの行き方・アクセス

近年お洒落女子から注目を集めている奥神楽坂エリアに店舗を構えているラターシュ。東京メトロ東西線「神楽坂」駅2番出口(矢来口)からを出ると、目の前に早稲田通りが走っているので、それを左に進んでいきます。すると1分ほど歩けば、もうビルの2階にラターシュが。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,アクセス
東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,アクセス

1階にはシーフードダイナー「フィンガーズ」が入っていますし(2019年9月時点)、その手前には人気のブックカフェ「ウィークエンダーズコーヒー オールライト」もあるので、それらを目印にするとわかりやすいですね!駅近ですし迷うことなく辿り着けるのも嬉しいところ。

店舗の外観・内観

前述の通り、ラターシュはビルの2階にあります。グリーンの軒と真紅のドアが印象的な入り口で、ドアの向こうにはワインのラベルがたくさん貼られた階段が2階へすらりと。入り口からとってもお洒落な雰囲気が漂います。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,入り口
東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,入り口

2階に上がって扉を開けると、そこにはまさにパリのビストロの光景が。入り口手前にはお一人様にも嬉しいカウンター席が6席、店内奥にはテーブル席が14席用意されています。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,店内

決して広い店内ではありませんが、それが逆にとっても落ち着く心地よい空間に。店内の内装も非常にスタイリッシュでインスタ映えも抜群です(笑)。

店内の雰囲気

カジュアルなビストロということもあり、店内は肩肘張らずに気の合う友人・知人とワイワイと楽しんだり、お一人様でふらっと訪れたくなるような、そんな空気が流れています。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,店内

取材日もカウンター席にはお一人様のお客さんも多数訪れていたので、それがラターシュの居心地の良さを物語っているようでした。
もちろん神楽坂デートのディナー等にもぴったりですよ!


ラターシュこだわりのワインと絶品料理

ラターシュは高級フレンチさながらの絶品料理と、それに合う100種類超のワインが楽しめるお店。席についてメニューを開けば、さらに胸が高鳴ります。
今回は東京note編集部が実際にいただいた料理とワインの一部をご紹介。

オードブル:鶏白レバーのムース仕立て

冷製のオードブル「鶏白レバーのムース仕立て」(1,300円)はビストロの定番ですが、もちろんラターシュでも人気メニューの1つ。

東京,神楽坂,飯田橋,フレンチ,ビストロ,ラターシュ,ワイン,メニュー

舌触り滑らかな鶏白レバーのムースは、非常に濃厚な味わい。一口頬張れば、口いっぱいに白レバーの風味が広がります。また付け合わせのブリオッシュとの相性も抜群で、ブリオッシュのほのかな甘みが白レバーの味わいをより豊かに。
お酒が好きな方なら間違いなくワインが進んでしまう一品です。

Nextpage:続いては看板メニューが登場!贅沢なフォアグラに心もお腹も満たされる

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事