5つ星ホテルシェフの絶品本格インド料理「アロマズ オブ インディア2.0」は病み付き間違いなし!

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『アロマズ オブ インディア2.0』って、どんなお店?

神楽坂はグルメタウンとして有名で、和食、フレンチ、イタリアン、バーなどお店が非常に多いのですが、実はエスニック系のお店が少なく、その中で「カレー」のお店が少ないのは少し意外ではないでしょうか?

そんな神楽坂に彗星のごとく2020年4月にオープンした『アロマズ オブ インディア2.0』。
カレーやインド料理好きならご存じの方もいらっしゃると思いますが、秋葉原で大人気だったインドレストランの「ジャイヒンド」が、神田に移転してオープンしたお店が「アロマズ オブ インディア」で、その2号店として神楽坂にオープンしました。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

今回は『アロマズ オブ インディア2.0』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。本場インドのスパイスを使ったインド料理の数々は、一度食べたら病み付き間違いなしですよ。(編集部はランチ、ディナーと既にリピーターです)

 

編集部が注目する『アロマズ オブ インディア2.0』の魅力

実食レポートに入る前に、『アロマズ オブ インディア2.0』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力として、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①本場の30種以上のスパイス
②豊富なインド料理のメニュー
③テレビをはじめメディア掲載多数

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

ここまで本場のインド料理を揃えているお店も珍しいですし、料理ごとにスパイスを30種以上使い分けているそうです。どの料理も初めての味覚を刺激され、スパイス、本格インド料理の虜になってしまうと思いますよ。

それでは『アロマズ オブ インディア2.0』の実食レポートに移っていきましょう!

 

『アロマズ オブ インディア2.0』実食レポート

東京note編集部が『アロマズ オブ インディア2.0』を訪れたのは2020年5月。カレーが少ない神楽坂において貴重なお店になるのでは、と思い期待に胸を躍らせながら向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『アロマズ オブ インディア2.0』は、神楽坂にある商業施設「PORTA神楽坂」の2階に店舗を構えています。東京メトロ「飯田橋」駅B3出口の目の前にPORTA神楽坂はあります。JRの飯田橋駅からでも徒歩3分程度とアクセス抜群です。

東京メトロ飯田橋駅のB3番出口から地上に出ると、早速目の前にPORTA神楽坂が右手(坂の上の方)に見えますので、向かいましょう。
1階の路面にはいくつもお店があり、ドラマ「僕とシッポと神楽坂」のロケでも出てきたたいやき屋「くりこ庵」もあります。
2階にはいくつもレストランがあり、ビール好きにはたまらない「エビスバー」なども入っていますよ。

東京,神楽坂,飯田橋,くりこ庵,僕坂,相葉,スイーツ,アクセス


店舗の外観・内観

『アロマズ オブ インディア2.0』は、2020年4月にオープンしたばかりの新店。PORTA2階への階段を登ってすぐ左にお店があります。階段登っている最中にお店が見てきますので安心してください。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

店内に入ってまず驚かされるのは、とても「映え」がする店内ということ。カラフルな彩色にインド独特の絵や、ガラスのオープンキッチンがとてもお洒落な店内になっています。
女性でインスタ映えを狙いたい方は必見です。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

ちょっとした非日常感を味わえる店内は、友達同士やデートはもちろん、女子会にも是非利用したいお店ですね。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン


『アロマズ オブ インディア2.0』の超本格インド料理の数々に脱帽

それではお待ちかね、実食レポートに入りましょう!『アロマズ オブ インディア2.0』は前述の通りインドレストランで、メニューには見たことのない料理ばかり。。。

そして、シェフのアミット氏はインド・デリーの5つ星レストランでシェフを務めていた凄い方で、テレビ番組で料理の監修やお手本として取り上げられるほどの腕前です。

今回はスタッフの方に代表的な料理を伺いながら、インドの本場スパイスが利いた料理を堪能しました。カレーももちろん頂きましたよ。

タンドールミックスセット

「タンドール」とは、インド料理では欠かせない大きなかまどのこと。カレー屋でナンをペタっと貼り付けているシーンを見たことがあると思いますが、あれがタンドールです。

タンドールを使った料理は数々あるのですが、今回は4種類がセットになったミックスセットを注文してみることに。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

「タンドリーチキン」「シークケバブ」「ムルグマライティッカ」「フィッシュティッカ」の4種が一度に味わえるお得なミックスセットです。

タンドリーチキンはお店特製のソースに漬け込まれた骨付きチキンで、肉の旨味とさわやかなスパイスが相性抜群です。
「ムルグマライティッカ」とは、フレッシュクリームとチーズに漬けたチキンの胸肉のことで、チーズが優しくマイルドな味わいを生んでいます。※ティッカとは「切り身」の意味です。
またフィッシュティッカは「メカジキ」を使っています。

どれもスパイスによる香り、味わいが異なっており、スパイスの奥深さを感じながら既に病み付きになっていました(笑)

カレー パニールラバンラティカ

インドの一品料理がたくさんメニューにありますが、それ以上に多いのが「カレー」の種類です。
お店のカレーの種類だけでも、チキン、マトン(羊)、ポーク、シーフード、チーズ、豆、野菜、エッグがあり、それぞれに何種類もメニューがあるため、カレー好きにはたまらないラインナップになっています。

そんな中、今回はお店イチオシの「パニールラバンラティカ」というカレーを注文してみました。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

インドの都市「ジャイプール」のマイルドなカレーで、パニールとはインドのカッテージチーズのことです。

カレーソースのベースはフレッシュトマト、カシューナッツ、アーモンド、ブラウンオニオンから作られたソースに、スパイスや味付けとしてクローブ(スパイスです)、ドライフルーツ、ミント、コリアンダーをミックスしています。

パニール(チーズ)がとてもマイルドでクローブなどスパイスと絶妙にマッチしています。スパイスを強く感じるというよりさわやか、柔らかい味わいですので、日本人も好きなカレーではないでしょうか。ナンもライスもとても合いますね。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

ローガンジョシュ

続いて注文したカレーは「ローガンジョシュ」というカレー。骨付きマトンが入ったカシミール地方のメニューです。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

ローガンは油、ジョシュは熱いを意味しており、宮廷料理のひとつになっています。
このカレーは濃厚ですが辛さは控えめで、ソースは非常に多くの食材やスパイスから作られています。

フレッシュジンジャー、ジンジャーパウダー、フライドオニオン、フェンネル(ハーブ)、ブラックカルダモン(スパイス)、ベイリーフ(ローリエの方が聞きなじみがあると思います)、クローブ、メース(スパイス)、カシミリレッドチリパウダー、シナモンスティック、マスタードオイル、フレッシュトマトから作られています。

味わえば味わうほど旨味、香り、スパイスを感じることができ、いつまでも食べていたいと思うカレーです。

サグパニール

カレーのお供にナンとライスも注文しました。
編集部はチーズナンが好きなので、「サグパニール」というナンを注文しました。パニールはインドのカッテージチーズでカレーにも使われています。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

写真でもパニールがナンからはみ出していますが、とろけたチーズが入っているというよりは、パニールが所狭しと詰まっている感じです。
ナンの甘みとパニールのさわやかな味わいが、カレーにピッタリです。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

バスマティライス

ライスはバスマティライスを注文。名称は「香りの女王」というヒンディー語に由来しており、バスマティはインドの香り米の最高峰と言われており、インドの高級米です。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

独特の甘い香りと濃厚な後味が特徴なバスマティライスですが、カレーと驚くほどマッチします。今まで食べたカレーではどうしても、カレーのスパイスや香りがメインになりますが、カレーと同等にお米の味わいを感じたことは初めてです。

インドのビール

お店ではインドビールも扱っており、今回は「ゴッドファーザー」と「マハラジャ」という2種を注文してみました。
ゴッドファーザーは黒ビールに近く濃厚な味わいが特徴で、マハラジャはすっきり切れ味のあるビールで、インド料理にとても合っています。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン
神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

 

まとめ:魅惑のスパイスに病み付き間違いなし

神楽坂に新店オープンした『アロマズ オブ インディア2.0』。都内でもここまで本格的なインド料理がいただけるお店は少ないのではないでしょうか。

編集部は取材後、あのスパイスの味わいが病み付きで忘れられず、定期的に食べたい!ということで既にリピーターになっています(笑)

カレー好きな方、インド料理好きな方、まだあまり馴染みのない方、色々な人に是非訪れて頂きたい名店です。

神楽坂,カレー,ディナー,ランチ,インド料理,デート,チキン,マトン

アロマズ オブ インディア2.0を今すぐ予約する!


店舗名 アロマズ オブ インディア2.0
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜23:00
価格帯 ¥3,000~¥4,999(ディナー時)
定休日 無休 電話番号 03-5579-8896
席数 38席 個室 無し
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン デート、友人と、女子会、2次会
背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的取りやすい
編集部メモ

秋葉原、神田で人気No.1のインドレストラン「アロマズ オブ インディア」が神楽坂にオープン!インドデリーの5つ星レストランでシェフを務めたシェフの本場インド料理の数々に、やみつき・虜になること間違いなし!

住所 東京都新宿区神楽坂2-6-1 ポルタ神楽坂 2F
東京都新宿区神楽坂2-6-1 ポルタ神楽坂 2F

The following two tabs change content below.
アバター

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

合わせて読みたいおすすめ記事