マーガオ水餃子って何?本場台湾の味が楽しめる「フジ コミュニケーション」

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,マーガオ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『フジ コミュニケーション』って、どんなお店?

神楽坂は都内でも指折りのグルメタウンとして知られていますが、中でもとっても美味しい中華のお店が数を増やしています。神楽坂エリアの端、江戸川橋の住宅街にある台湾料理が楽しめるお店『フジ コミュニケーション』もそんなお店の1つ。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス

様々な台湾ストリートフードや人気の「水餃子」を求めて、連日多くのお客さんが訪れている同店。ランチタイム・ディナータイムともに店内は大賑わいとなっています。

以前東京note編集部はランチにお伺いしたことがありましたが(その時の様子は以下の記事でご覧ください)、今回はディナータイムに訪問し、台湾料理店『フジ コミュニケーション』の人気の秘密をさらに探ってみました。

 

編集部が注目する『フジ コミュニケーション』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『フジコミュニケーション』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①こだわりの絶品“台湾水餃子”が楽しめる
②台湾フードに合わせた自然派ナチュールワインが充実
③お洒落なカフェのようなスタイリッシュな店内空間

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり絶品台湾フード!特に台湾の屋台の味を忠実に再現したという水餃子やその他お酒に合う一品料理の数々は、神楽坂界隈でも評判(テレビ番組ではテレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」や日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」でも紹介されていました)。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『フジ コミュニケーション』。早速ディナーの実食レポートに移っていきましょう!

 

『フジ コミュニケーション』実食レポート

今回、東京note編集部が『フジ コミュニケーション』を訪れたのは2020年11月の夜。以前ランチで訪れた際はとっても美味しい水餃子と魯肉飯(ルーローハン)が味わえましたが、夜はどんなメニューが待っているのか、心躍らせながら店舗に向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『フジ コミュニケーション』は、神楽坂エリアの中でも江戸川橋駅寄りの住宅街の中に店舗があります。今回は東京メトロ東西線「神楽坂」駅からのルートをご紹介(わかりやすいように昼間の写真を使っています)。

1B出口を出て左に進むと、“日本一お洒落な神社”として有名な「赤城神社」が見えます。その神社の左脇に走る赤城坂をまずは下っていきましょう。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス
神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス

どんどんと坂を下っていき、平坦な道に出てもそのまま直進。すると十字路の角、右手側にセブンイレブン(2020年11月時点)が見えてくるので、その手前の道を右に曲がります。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス
神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス

あとは数十秒ほどそのまま進めば、右手のビル2階『フジコミュニケーション』に到着です。東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅からも比較的簡単に行くことができますので、電車で向かう場合はどちらかの駅から行くのがおすすめです。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,アクセス

店舗の外観・内観

ビルの2階に店舗を構える『フジ コミュニケーション』。階段を上っていく間もテンションが上がります。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,外観

店内に入ると、お昼の明るい雰囲気とはまた違った空間が広がっていました。まるでそこはお洒落なバーのよう。他の台湾料理店とは一線を隠すスタイリッシュな雰囲気です。店内入って左手すぐのところには開放感がたまらない窓際席があり、店内奥に進んで行くとバーカウンターと2〜4名用のテーブル席が並んでいます。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,夜,美味しい,店内

店内の雰囲気

『フジ コミュニケーション』は特に女性からの人気が高く、この日も女性同士で来店されているお客さんがいっぱい。年齢層も若い方から年配の方まで幅広く来店されていました。

肩肘張らず、お洒落な雰囲気のなか美味しい料理が楽しめる。そんな空間が女性にも支持されている理由かもしれません。
(ただ店内は決して広くはないので、お子様連れで訪れるときは少し周りへの配慮が必要かもしれません)。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,内観


『フジ コミュニケーション』の絶品台湾料理を実食!

それではここからは、東京note編集部が実際にディナーでいただいた『フジ コミュニケーション』の絶品料理ご紹介!同店自慢の水餃子とその他台湾料理を堪能すべく、様々なメニューを注文しました。

『フジ コミュニケーション』の注文方法

同店の注文方法はメニュー用紙への記入式。たくさんあるメニュー(以下写真)の中から、食べたいものを記入用紙の一覧の中から選んでチェックし、その紙を店員さんに渡せばOKです。

記入用紙は全て台湾語で書かれていますが、メニューの方は全て「番号+日本語訳」で書かれているので、その番号を基に用紙にチェックを入れましょう。「どれも美味しそうだからチェックを入れ過ぎた!」なんてことのないように注意してくださいね!笑

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

水餃:豚肉水餃

まずいただいたのは、現地の味を研究してそのまま再現したという『フジ コミュニケーション』こだわりの水餃子「豚肉水餃」(630円)。

日本の餃子は皮にタピオカ粉を入れてもっちり感を強めているものが多いですが、台湾では小麦粉・塩・水以外には余計なものは加えずに作られているそう。『フジ コミュニケーション』の水餃子も台湾方式の作り方を採用しながら、それでいて台湾現地の味のようにもちもち感がしっかり再現されています。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

一口食べてみるとツルツルもちもちの独自食感で、中の餡には旨味が凝縮されたスープもたっぷり!まるで小籠包のようなジューシーさでした。一口で口いっぱいに幸せが広がります。

台湾の水餃子はさっぱりとした優しい味わいが1つの特徴でもありますが、もう少しパンチを効かせたい時は、卓上のラー油をつけて食べても美味。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

水餃:マーガオ水餃

もう1種類水餃子をいただこうと注文したのは「マーガオ水餃」(730円)。台湾のとっても珍しい貴重なスパイスである「マーガオ」を使ったオリジナルの水餃子です。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,マーガオ

マーガオは一見すると黒胡椒のようですが、噛むとピリッとした辛味、ほのかな苦味、そしてレモングラスのような香りが感じられる珍しい香辛料。一口水餃子を頬張れば、そのマーガオの香りがふわりと鼻腔を抜けていき、とっても美味。

中の餡にはすでにしっかりと味付けがされているので、醤油や黒酢などもつけずに楽しめます。これは他店ではなかなか味わえない『フジ コミュニケーション』ならではの絶品メニューでしょう。

台湾ビール

水餃子を堪能していると、やっぱり飲みたくなるのはビールですよね(笑)。お酒好きな東京note編集部はもちろん台湾ビールをしっかり注文。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,台湾ビール,美味しい
神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,ビール

オーソドックスなものからマンゴービールまで用意されているので、その時の気分に応じて色々と選べるのも嬉しいところ。ちなみにこれらのビールはスタッフの方に注文するのではなく、冷蔵棚から自分で取ってきて飲んでOK。空き缶の数で最後に精算するスタイルです。

馬告香腸(マーガオソーセージ)

ビールに合うメニューとして馬告香腸(マーガオソーセージ/700円)も注文。大きくて太いソーセージがどどんと運ばれてきました。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,ソーセージ
神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,肉

とっても肉々しいそのソーセージは、これまた中がジューシー。ナイフを入れた瞬間にジュワッと肉汁が溢れ出し、お皿が一瞬でスープで満たされてしまうほどでした(肉汁がもったいなかったので、かぶりつけば良かったとしちょっと後悔)。ビールとの相性も最高です。

汁なし排骨混ぜ麺

そしてこの日の最後に〆として注文したのは「汁なし排骨混ぜ麺」(950円)。もちもちの平太麺の上に大きな排骨が乗せられた豪快なメニューです。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,パイコー

麺のソースは濃厚でクリーミーなゴマだれ。それが太麺にしっかりと絡んで、まろやかな味わいに仕上がっていました。排骨は衣がサックサクでボリュームも満点。それでいてお腹いっぱいでもペロリと食べられてしまう軽さも感じるのが不思議なところ。とっても美味しい〆の麺になりました。

紹興酒:石庫門12年(シークーメン)

ビール以外のお酒を楽しみたいときは、『フジ コミュニケーション』では紹興酒もおすすめ。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,紹興酒

上品ながら味の広がりと深みが一般的な紹興酒とは一味違う「石庫門12年(シークーメン)」(1,500円)なども用意されているので、お酒好きな方もきっと満足できるはず。料理との相性も抜群なので、ビールの後の一杯にぴったりです。

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,台湾ビール,美味しい,紹興酒

今回ご紹介するメニューは以上となりますが、この他にも『フジ コミュニケーション』では様々な料理が用意されていましたので、気になる方はぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

『フジ コミュニケーション』さん、とっても美味しい台湾料理をありがとうございました!

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい
神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい,前菜

 

『フジ コミュニケーション』のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の『フジ コミュニケーション』は、インスタ映え度も抜群と評価!

まるでカフェのようなとってもお洒落な店内はもちろんのこと、水餃子をはじめとした台湾フードもシズル感抜群でインスタ映え間違いなし。どこを切り取っても非常に注目を集める写真になるでしょう。

インスタ内でもグルメ系ハッシュタグはファッションに次いで非常に人気タグとなっているので、それらをつけながら『フジ コミュニケーション』の写真で、たくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUJI COMMUNICATION🥟(@fuji_communication_)がシェアした投稿

 

『フジ コミュニケーション』の衛生対策は?

新型コロナウィルスの蔓延によって外食時に不安を感じる方も少なくないと思いますが、少しでも安心して食事が楽しめるよう『フジ コミュニケーション』では衛生対策も徹底されています。

2020年9月現在では、以下のような対策が行われているようです。

『アジアンパーム 神楽坂店』の衛生対策①店内の定期的な換気
②従業員の手洗い・うがいの徹底
③店内に手指消毒液を用意

お店側が徹底した衛生管理をされているので、安心して『フジ コミュニケーション』を利用することができますよ!

 

『フジ コミュニケーション』のテイクアウト情報

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,ルーローハン,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

最近ではテイクアウト・デリバリーの利用も増えてきていると思いますが、『フジ コミュニケーション』でも以下のようなテイクアウトが可能になっています。
テイクアウトなら同店のとっても美味しい台湾料理がお家でも手軽に楽しめるので、気になる方はこちらもぜひ利用してみてくださいね!

テイクアウトメニュー

・水餃子セット3種 6ヶ入り
・馬告餃子 6ヶ 650円
・魯肉飯 600円
・鶏肉飯 600円
・排骨飯 700円
・大鶏排 700円
・馬告腸詰 700円
・海老ワンタン 700円
・前菜3種 盛り合わせ 800円

 

まとめ:お洒落な空間で手軽に本場台湾の味が楽しめる!

神楽坂エリア・江戸川橋駅近くの住宅街の中に店舗を構える『フジ コミュニケーション』。とってもスタイリッシュな店内で味わえる台湾料理は、まさに“現地の味わいそのもの”でした。

ランチでもその味わいは堪能できますが、夜は昼とはまた違った様々なバリエーションの絶品台湾料理メニューが用意されており、台湾を訪れたかのような感覚すら満喫できます。手軽に本場の味が楽しめるのでおすすめです。

神楽坂・飯田橋エリアは新宿からも非常に近いので、このエリアでお店をお探しの際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

神楽坂,江戸川橋,台湾,フジコミュニケーション,モヤさま,水餃子,コスパ,メニュー,ディナー,美味しい
公式HP:https://fuji-communication.business.site/

フジ コミュニケーションを今すぐ予約する!


店舗名 フジ コミュニケーション (FUJI COMMUNICATION)
営業時間 11:30〜14:30、17:30〜23:00(日曜は21:00閉店)
価格帯 昼:1,000〜1,999円 / 夜:3,000〜3,999円
定休日 なし 電話番号 03-5579-2712
席数 24席 個室 無し
禁煙・喫煙 全席禁煙 利用シーン 友人・知人と、家族で、お一人で
背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ

神楽坂駅と江戸川橋駅の中間あたりにある大人気台湾料理店。こだわりの水餃子をはじめ、本場さながらの絶品台湾料理が楽しめます。
店内はとてもスタイリッシュでお洒落な雰囲気なので、デートなどでの利用にもおすすめです^^

住所 東京都新宿区水道町1-23 石川ビル 2F
東京都新宿区水道町1-23 石川ビル 2F

The following two tabs change content below.
アバター

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪ 神楽坂の飲食店訪問数200店舗以上!(現在進行形)

合わせて読みたいおすすめ記事