神楽坂「スウィングバイコーヒー」は自家焙煎のこだわりハンドドリップコーヒーが絶品。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方,テイクアウト

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『スウィングバイコーヒー』って、どんなお店?

神楽坂はショッピングや散策目的に多くの人が平日休日問わず訪れますが、そんなとき1つの楽しみになるのがコーヒーブレイク。もちろん神楽坂には休憩にぴったりなカフェやスポットも多く点在しています。

『スウィングバイコーヒー』(swing by coffee)は神楽坂エリアの端、奥神楽坂の路地裏にひっそりと佇むコーヒースタンドで、そんな“ちょっと休憩”に最適な人気スポット。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方,看板

世界各地から取り寄せた自家焙煎コーヒーと、『スウィングバイコーヒー』ならではの緩やかに流れる落ち着いた時間。ついフラリと訪れたくなるコーヒースタンドとして、今神楽坂の中でも注目を集めています。

今回はその話題のスポット『スウィングバイコーヒー』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。


編集部が注目する『スウィングバイコーヒー』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『スウィングバイコーヒー』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①ハンドドリップで丁寧に淹れる自家焙煎コーヒーが楽しめる
②世界各地から取り寄せたこだわりの豆が種類豊富に揃う
③手土産にもぴったりなコーヒーに合う焼き菓子なども人気

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方,コーヒースタンド

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり自家焙煎のハンドドリップコーヒーの味わいでしょう。路地裏にひっそりと構える“知る人ぞ知るお店”との声も聞かれるので、どのようなコーヒースタンドなのか期待も非常に膨らみます。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『スウィングバイコーヒー』。早速実食レポートに移っていきましょう!

 

『スウィングバイコーヒー』実食レポート

東京note編集部が『スウィングバイコーヒー』を訪れたのは2020年8月中旬。毎日暑い日が続いていたので「美味しいアイスコーヒーが飲むぞ!」と期待と気合いを胸に店舗へ向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『スウィングバイコーヒー』は神楽坂のメインストリート・神楽坂通りから少し離れたところ「奥神楽坂エリア」に店舗を構えています。

さらに細い路地を抜けた先にある隠れ家的なコーヒースタンドなので、初めて訪れる時は少し場所がわかりにくいかも…。そのため今回は一番向かいやすい東京メトロ東西線「神楽坂」駅からのルートを写真付きでご紹介。駅からはおよそ7分程度で着きます。

2番出口(矢来口)から地上に出ると、目の前に早稲田通りが走っているので、まずは横断歩道で反対側の歩道に渡り、その後右(早稲田方面)へ進みましょう。

東京,神楽坂,イタリアン,ピアッティカステリーナ,行き方

しばらく歩くと道が右へカーブしていきますが、そのまま進んでいきます。道がカーブしていく位置の左手には『ソプラ アクア』という、これまた人気のイタリアンもありますので、こちらも目印になりますよ!

東京,神楽坂,イタリアン,ソプラアクア,行き方

横断歩道のある交差点も真っ直ぐ進み、その後1分ほど歩くと左側に曲がり角が見えてくるので、そこを左折。その後は、これまたすぐ右側にもっと細い路地が現れるので、ここを今後は右折しましょう。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方
スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方,アクセス

すると左手側に『スウィングバイコーヒー』が見えてきます。少し路地をくねくねと曲がっていかないとたどり着かないですが、一度訪れてしまえば比較的わかりやすいのではないでしょうか。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト,アクセス

ちなみに上記の道案内中に出てきた『ソプラ アクア』というイタリアンは、“オリーブオイルを使った料理”がとっても美味しいお店です。ランチについて詳しくレポートした記事もありますので、興味のある方はこちらも併せてご覧くださいね!

店舗の外観・内観

『スウィングバイコーヒー』はとってもシンプルなお店の佇まいになっていて、外観は白い壁一色。あとは木目のドアとベンチが置かれているだけですが、とってもスタイリッシュさな雰囲気を感じます。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト,外観

店内はこじんまりとした居心地の良いサイズ感。正面に注文レジがあり、周りには様々な焼き菓子やコーヒー豆が置かれています。コーヒー好きな方なら見ているだけで心躍る店内です。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.行き方,コーヒースタンド
スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト.お菓子


『スウィングバイコーヒー』のハンドドリップコーヒーを堪能!

店舗チェックが終わったら、続いては実際にレジで注文。『スウィングバイコーヒー』は前述のとおり自家焙煎の美味しいハンドドリップコーヒが楽しめるコーヒースタンドとのことなので、早速自慢のコーヒーをいただくことにしました。

ハンドドリップコーヒー

『スウィングバイコーヒー』ではテイクアウトとして、以下のメニューが用意されています。さらにコーヒーは世界各国から取り寄せられた豆の中から好きなものを選べます。

・handgrip coffee(350円)
・cafe au lait(430円)
・ginger(430円)
・parfait(330円/クリームチーズをベースに作ったアイスクリーム)

こちらの好みなどもお話ししながら、今回はエチオピアの豆を使ったアイスのハンドドリップコーヒーをいただくことに。丁寧に淹れられるのを待つこと数分、いただいたアイスコーヒーがこちら。コーヒーに目がない私は、思わずゴクリと喉を鳴らしてしまいました(笑)。

スイングバイコーヒー,神楽坂,飯田橋,コーヒー,焙煎,ギフト

早速いただいてみると、とにかく雑味が全くないことにびっくり。コーヒー本来のストレートな苦味が味わえる一杯に仕上がっていました。自家焙煎のこだわりとハンドドリップの丁寧さをしっかりと感じることができるコーヒーで、抜群の美味しさ。定期的に通われているお客さんが多いのも頷けます。

Nextpage:コーヒーだけじゃない!一緒に買いたいパウンドケーキ!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事