こだわりの食材と羽釜炊きご飯!「AKOMEYA食堂 神楽坂」のランチが美味い!

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,入り口

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『AKOMEYA食堂 神楽坂』って、どんなお店?

2019年3月末に神楽坂でリニューアルオープンした『AKOMEYA TOKYO in la kagū』(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)。オープン以来大人気の商業施設となっていますが、中でも同施設1階に店舗を構える『AKOMEYA食堂 神楽坂』はランチタイムにもなると多くのお客さんで大賑わいに。

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,外観

『AKOMEYA食堂 神楽坂』は、日本の食卓に馴染みのある「定食メニュー」を羽釜炊きの白ごはんとこだわりの食材で楽しめるお店で、特に近隣のビジネスマンや若い女性に大好評となっています。今回はその大人気店『AKOMEYA食堂 神楽坂』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。

 

編集部が注目する『AKOMEYA食堂 神楽坂』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『AKOMEYA食堂 神楽坂』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①こだわりの“羽釜炊き”ごはん(白ごはん・雑穀ごはん)を炊き立てで楽しめる
②馴染み深いけれど、こだわりがギュッと詰まった定食メニューが揃う
③開放的な空間・セルフスタイルでゆったり贅沢な時間を満喫できる

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり絶品と言われる『AKOMEYA食堂 神楽坂』の和食定食メニュー。特にごはんが“羽釜炊き”ということで、AKOMEYA TOKYOらしいお米へのこだわり・美味しさが楽しめるとのことなので、ぜひ実食レポートでもその魅力を確かめたいところです。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『AKOMEYA食堂 神楽坂』。早速実食レポートに移っていきましょう!


『AKOMEYA食堂 神楽坂』実食レポート

東京note編集部が『AKOMEYA食堂 神楽坂』を訪れたのはランチタイム。どんな美味しい料理が待っているのか、心躍らせながら店舗に向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『AKOMEYA食堂 神楽坂』は、前述の通り「AKOMEYA TOKYO in la kagū」(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)という商業施設の1階に店舗を構えています。そのため今回は「AKOMEYA TOKYO in la kagū」への行き方・アクセスをご紹介。

「AKOMEYA TOKYO in la kagū」は、今密かにお洒落女子・お洒落ママたちからも注目を集めている“奥神楽坂”エリアに位置しています。東京メトロ東西線「神楽坂」駅から向かうと近いので、まずは神楽坂駅からスタート。

その際は、2番出口から地上に出るのがオススメ。なぜなら、2番出口を出るとすぐ正面に「AKOMEYA TOKYO in la kagū」が現れるからです(笑)。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,行き方

駅から近いというのはとってもありがたいところ。東西線「神楽坂」駅以外からのアクセスとしては、都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から向かう方法もあります。この場合は、A1出口から出て徒歩約7~8分ほどで着きますので、お散歩がてら、こちらから歩いて向かうのも楽しいですよ!

店舗の外観・内観

『AKOMEYA食堂 神楽坂』は施設内1階の左側手前に位置しているので、外から中の様子を見ることができます。テラスエリアには外で飲食ができるようにテーブルやチェアも。

メニュー表も立てられているので、入店前に食べたい定食を選ぶこともできました。

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,外観
アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,メニュー

施設内に入ると、右手側にはこだわりのお米・調味料・食器などが販売されているエリアが広がっており、すでにたくさんのお客さんで賑わっていました。そして左側にはお目当ての『AKOMEYA食堂 神楽坂』が。

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,入り口

店内は開放的な空間が広がっており、座席数も50席と広々。複数人で利用可能なテーブル席がメインですが、窓側にはカウンター席も用意されていました。お一人様でも利用しやすいのは嬉しいですね!

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,店内
アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,窓側


『AKOMEYA食堂 神楽坂』の大人気絶品ランチを実食!

『AKOMEYA食堂 神楽坂』はセルフ形式。店内に入ったらまずは座席を確保し、その後店内奥のレジにて食べたいメニューを注文する形になっていました。

料理の受け取り・食器の返却は、レジ横のカウンターで。

アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,セルフ

ランチメニューの内容

気になる『AKOMEYA食堂 神楽坂』のランチのメニューは主に以下の内容となっていました(2021年1月現在)。定番の和食定食メニューでありつつ、どれも食材などに『AKOMEYA食堂 神楽坂』らしいこだわりが感じられるものばかり。

ランチメニューの内容

  • 季節の小鉢膳 2,200円
  • 本日の焼き魚御膳 1,350円
  • 四万十鶏と野菜の黒酢あん御膳 1,350円
  • 三陸産カキフライ御膳 1,500円
  • 【SPiCE Cafe×AKOMEYA食堂】バターチキンカレー御膳 1,280円
  • 【SPiCE Cafe×AKOMEYA食堂】ビーフカレー御膳 1,480円
  • 前沢牛と岩手四元豚のメンチカツ御膳 1,500円
  • お子様小鉢膳 880円
  • アコメヤ食堂,アコメヤトーキョー,神楽坂,ランチ,人気,メニュー

    その中で、お肉が食べたい!ということで「前沢牛と岩手四元豚のメンチカツ御膳」を注文。ご飯は白米と雑穀米が選べましたが、今回は雑穀米をチョイスしました!

    Nextpage:肉汁たっぷり!ジューシーな絶品メンチカツ!

    1

    2

    合わせて読みたいおすすめ記事