【恵比寿】人気焼鳥店「喜鈴」が大人デートに最適な理由。丹波黒鶏を使った串焼きが絶品。

恵比寿,焼鳥,喜鈴,デート,人気

『東京note』は、都内で話題のお店・スポット等の情報をお届けするタウンメディアです。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに街の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部がリアルな情報を掲載しています。

※当記事の写真は全て店舗様より掲載許可をいただいた上で使用しています。

恵比寿『焼鶏喜鈴』って、どんなお店?

お洒落な街として都内でも屈指の人気を誇る恵比寿は、飲食店も数多く立ち並び、グルメタウンとしても注目されるエリア。中でも希少部位を含む約30種の絶品串が人気の焼き鳥店『焼鶏喜鈴』が注目を集めています。

“鶏肉の王様”とも言われる京都・丹波黒鶏を職人が丁寧に焼き上げた焼き鳥は、都内屈指の味わいとの声も。今回はそんな『焼鶏喜鈴』の魅力を、東京noteがご紹介します!

お店の特徴・魅力はここ!

早速今回ご紹介する『焼鶏喜鈴』の特徴・おすすめポイントを以下の通りざっくりまとめてみました! 京都・丹波黒鶏をはじめとした素材へのこだわりが人気の秘密なんです!

お店の特徴・魅力3つ①“鶏肉の王様”とも言われる京都・丹波黒鶏をはじめ、様々な希少部位を味わえる!
②グラスでも楽しめるワインや、様々な日本酒で焼き鳥とのマリアージュが楽しめる!
③焼き台を前にした臨場感溢れるカウンター席はデートにもぴったり!

恵比寿,焼鳥,喜鈴,デート,高級

同じ恵比寿エリアに姉妹店『喜鈴 別邸』も有り

そんな大人気の『焼鶏喜鈴』ですが、同じ恵比寿エリアに姉妹店となる『喜鈴 別邸』というお店もあります。

こちらは個室が完全個室となっていて、広々としたプライベートな空間で絶品焼き鳥等を楽しむことが可能。和の品格と洗練された雰囲気が漂うので、ビジネスシーンでの接待・会食にもお勧めです。

気になる方はこちらも併せてチェックしてみてくださいね!

『喜鈴 別邸』の情報を見る


『焼鶏喜鈴』へのアクセス

続いて『焼鶏喜鈴』への行き方・アクセスをご紹介! 立地やお勧めの行き方等をわかりやすくまとめてみましたので、お店に向かう際は以下を参考にどうぞ!

店舗は恵比寿駅から徒歩3分と好立地

『焼鶏喜鈴』はJR恵比寿駅から徒歩約3分のところに店舗を構えています。

西口側の駒沢通りから路地を入ってすぐのところにあるので、アクセスは非常に良好です。駅近だと悪天候でも行きやすいのが嬉しいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

焼鶏 喜鈴 本店(@kirin.ebisu)がシェアした投稿

お店へのお勧めの行き方は?

店舗へはJRおよび東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩で向かうのがお勧めです。西口側に出ると、目の前に駒沢通りが走っているので、横断歩道を使って反対車線側へ渡りましょう。

そして「ホテルエクセレント恵比寿」手前の路地(ケンタッキーフライドチキンとサンマルクカフェの間に走る路地(2022年3月現在))を入って10mほど進めば、右手側に『焼鶏喜鈴』がありますよ!

店舗は地下1階にあるので、地下に降りる階段を見逃さないように注意してくださいね。詳しくは以下のリンク先地図でご確認ください!

詳しい場所をGoogleマップで確認

なお、『焼鳥喜鈴』の近くには、これまた恵比寿で大人気の『大衆酒場けいじ』もあります。『焼鳥喜鈴』とは雰囲気の異なるお店ですが、気になる方はこちらも併せてチェックしてみてくださいね! 詳細は下のリンクからどうぞ!


『焼鶏喜鈴』の人気メニューはこれ!

絶品焼鳥が楽しめる『焼鶏喜鈴』ですが、中でも人気のメニューはこちら!

やっぱり丹波黒鶏を使った串焼きが大人気

「焼鶏喜鈴」といえば、やっぱり“丹波黒鶏”。シルクに例えられるほど滑らかな肉質、上質な脂肪分とコクの深さ。それらを併せ持つブランド鶏を使った串焼きは、訪れるほどの言葉を奪うほどの美味しさと評判です。

常時10数種類の串が用意されているほか、仕入れ状況によっては“隠しネタ”もあるそうなので、いつ・何度訪れても楽しめるのが嬉しいところ。

恵比寿,焼鳥,喜鈴,デート,人気

また串焼きの火入れも絶妙で、素材の旨味が存分に引き出されています。

最高の鶏を、最高の火入れで焼き上げた串焼きは、もも・手羽・とろレバーなど、どれを食しても大満足間違いなしです(『焼鳥喜鈴』の串焼きメニューは以下を参照ください)。

『焼鳥喜鈴』主な串焼きメニュー(+アイコンをタッチすると一覧が開きます)

串焼き

  • もも:390円
  • だき身:390円
  • 皮:320円
  • ぼんじり:320円
  • ゲンコツ:320円
  • せせり:320円
  • 砂肝:320円
  • 丸ハツ:350円
  • つくね:390円
  • 心のこり:350円
  • ふりそで:350円
  • とろレバー:400円
  • 手羽:400円
  • つゆだく椎茸:380円
  • 銀杏:320円
  • トマト:320円
  • イカダ:320円
  • 長芋:330円
  • 厚揚げ:350円
  • 生麩:380円
  • アスパラ:330円
  • 燻製カマンベール:420円
  • 炭焼モッツァレラ 〜わさび添え〜:420円


串焼きのほか一品料理も充実。締めは親子丼か白湯ラーメンで決まり!

そんな絶品の串焼きのほかにも、『焼鳥喜鈴』は一品料理や食事メニューも充実。特に鮮度抜群の「鶏刺し盛り合わせ」は、鶏の旨味に加えて食感も最高と評判で、多くのお客さんが注文する人気メニュー。

また、締めには『焼鳥喜鈴』らしい丹波黒鶏をふんだんに使った「親子丼(小)」も人気(小サイズが用意されているのも、非常にありがたいですよね笑)。絶品の黒鶏を最初から最後まで堪能できます。

恵比寿,焼鳥,喜鈴,デート,親子丼,水炊き

締めはラーメン派!という方には「白湯ラーメン」がおすすめ。黒鶏の出汁がしっかり出た濃厚スープに加え、竹炭が練り込まれた黒い麺(大分にある有名ラーメン店「東洋軒」で作られているもの)が使われたそのラーメンは、他店とは一線を画す至極の味わいです。

気になるその他のメニュー(ドリンク含む)も以下にまとめてみましたので、来店前・お店探しの参考にしてみてくださいね!

『焼鳥喜鈴』その他の主なメニュー(+アイコンをタッチすると一覧が開きます)

一品メニュー

  • 鶏刺し盛り合わせ:1,980円
  • 白レバーパテ 〜ドライフルーツ添え〜:980円
  • 鶏皮ポン酢:640円
  • 冷やしトマト 〜黒炭塩添え〜:640円
  • あんかけ出汁焼き玉子:750円
  • いぶりがっこ:440円
  • いぶりがっこのポテトサラダ:640円
  • やげん軟骨の梅水晶:530円
  • ぐい呑み白湯スープ:330円
  • 白湯ラーメン:880円
  • 丹波黒鶏の親子丼(小):860円
  • 丹波黒鶏の親子丼(並):1,080円
  • 濃厚卵かけご飯:580円
  • 自家製プリン:550円

ドリンクメニュー

  • ビール:750円〜
  • グラスワイン:1,100円〜
  • 日本酒:770円〜
  • 焼酎:720円〜
  • ウィスキー:880円
  • 酎ハイ・サワー:580円〜
  • 梅酒:660円〜
  • スパークリング/シャンパン:5,300円〜
  • 白ワイン・赤ワイン(各15種用意) 他

Nextpage:店内の座席・雰囲気は?

1

2

スポンサーリンク