冷やし中華はじめました。
神楽坂,中華,龍朋,冷やし中華

【2020年最新】夏の麺はやっぱり!神楽坂・飯田橋で食べたい冷やし中華5選

暑い夏は神楽坂でも冷やし中華が大人気!

神楽坂エリアといえば、割烹や小料理店などの和食やフレンチレストランをイメージする方が多いかと思い、意外に少ないのが「中華」なんです。でも数少ない中華料理店のレベルの高さは都内でも屈指と言われています。


そんな粒揃いの神楽坂中華店から、暑い夏にぴったりの「冷やし中華」を紹介していきたいと思います。

神楽坂にオフィスを構える東京note編集部が、実際に訪問して「ぜひオススメしたい!」と感じたお店ばかりですので、神楽坂・飯田橋近辺でお店をお探しの際に、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

龍朋

神楽坂,中華,龍朋,冷やし中華

神楽坂の町中華の代表と言えば『龍朋』です。ここは「チャーハン」が大人気で遠方から食べにくる人で毎日行列が絶えない名店です。都内でもチャーハンの名店と言えば龍朋を挙げる人が数多くいらっしゃるほど。

お店に来る人の90%近くがチャーハンを頼みますが、夏限定メニューとして「冷やし中華」を提供しています。
この冷やし中華がまた絶品で、角切りにされた大きなチャーシューも魅力的ですが、何といっても錦糸玉子の分厚さは都内一ではないでしょうか。ツルツルとのど越しの良い中華麺に、さっぱりとした醤油ベースのたれが絡まり、お箸が止まりませんよ。

店舗情報営業時間:平日11:00~23:00 土曜日11:00~22:00
定休日:日曜日、祝日の月曜日
席数:30席
個室:無し
予算:昼〜999円/夜1,000〜1,999円
電話番号:03-3267-6917
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩1分
東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル B1

 

福全徳

神楽坂,中華,福全徳,冷やし中華

神楽坂の本多横丁にある香港名菜『福全徳』。銀座の有名店で腕をふるったシェフが作る本格広東料理は絶品です。
そんな福全徳の冷やし中華にも美味しい秘密があり、通常の冷やし中華にはチャーシューが使われていると思いますが、福全徳は香港料理の「焼味(シュウメイ)」で使われる豚だけでなく、チキンも入っており、甘辛く味付けされたお肉は日本人がとても好きな味に仕上がっています。

店舗情報営業時間:11:30-15:00、17:00〜22:30
定休日:無休
席数:51席
予算:昼1,000〜1,999円/夜6,000〜7,999円
電話番号:050-5596-7883
住所:東京都新宿区神楽坂3-1-26 高井ビル 1~3F
アクセス:東京メトロ南北線・有楽町線「飯田橋」駅より徒歩5分/都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩5分
東京都新宿区神楽坂3-1-26 高井ビル

福全徳を今すぐ予約する!

 

神楽坂飯店

神楽坂,中華,神楽坂飯店,冷やし中華

飯田橋駅からほど近い、神楽坂の入り口ともいえる「神楽坂下」交差点のすぐそばにある有名中華料理店『神楽坂飯店』。デカ盛りメニューでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、夏の冷やし中華も美味しく、特に「棒棒鶏」がたくさん乗った冷やし中華は、ごまだれと甘酸っぱいタレがマッチしてオススメです。

店舗情報営業時間:平日 11:00~23:00 / 土 11:00~22:00
定休日:日曜日
席数:58席
個室:無し
予算:〜999円
電話番号:03-3260-1402
住所:東京都新宿区神楽坂1-14
アクセス:東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋」駅より徒歩2分
東京都新宿区神楽坂1-14

 

紅龍

神楽坂,飯田橋,中華,町中華,紅龍,コスパ,メニュー,ランチ,美味しい

紅龍(ホンロン)は中国の「湖南料理」のお店で、中国8大料理の一つに数えられる湖南料理ですが、特徴は「辛いこと」です。中国人でも湖南料理は辛くて食べられないという方もいらっしゃるほどです。

でも、冷やし中華はご安心ください。我々日本人になじみのある味付けになっています。鶏肉ときゅうりというシンプルな具材ですが、味も量も食べ応えがありますよ。
辛いものが得意な方は辛さを相談してみても面白いと思います。

店舗情報営業時間:11:30~14:00、17:00~23:30(日曜営業)
定休日:毎月第一日曜日
席数:60席
予算:昼~999円/夜2,000〜2,999円
電話番号:050-5592-2674
住所:東京都新宿区神楽坂3-3 野本ハイツ 2F
アクセス:東京メトロ南北線「飯田橋」駅より徒歩3分
東京都新宿区神楽坂3-3 野本ハイツ 2F

 

台北101

神楽坂,中華,台北101,冷やし中華,冷麺

神楽坂エリアの端、東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅から歩いて1本路地に入ったところにある『台北101』は、絶品台湾・中華料理が楽しめる町中華。その本場の味を求めて、ランチタイムは近隣にお勤めのビジネスマンなど常連のお客さんで賑わいます。

『台北101』では「魯肉飯(ルーローハン)」や「担々麺」が通常メニューとして人気ですが、夏場は冷やし中華も大人気。同店では「冷麺」と名前が付けられているそのメニューは、醤油ダレがきめ細かな氷状になっており、清涼感抜群。暑い日にぴったりな味わいです。

お値段もお手頃なので、コスパ最高なお店です。

店舗情報営業時間:月〜土11:00~15:00、17:30〜23:00/日祝17:30〜23:00
定休日:年中無休
予算:昼〜999円/夜〜999円
電話番号:03-3260-6303
住所:東京都新宿区山吹町348
アクセス:東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩2分
東京都新宿区山吹町348

台北101を今すぐ予約する!

 

まとめ:暑い夏は神楽坂の風情と冷やし中華で

都内屈指のグルメタウンである神楽坂・飯田橋エリアには様々なお店がひしめき合っており、「わざわざ冷やし中華食べなくても、、」と思われるかもしれません(笑)
暑い夏に神楽坂散策に疲れたら、カフェでひと休みも良いですが、お昼に食欲がない、冷たいものが食べたい、という時には是非紹介した冷やし中華を食べてみてください。

これから迎える暑い夏本番。冷やし中華を食べて乗り切り、神楽坂を満喫してください!

The following two tabs change content below.
アバター

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

合わせて読みたいおすすめ記事