“ちょっと気の利いた手土産”を選ぶなら、神楽坂で決まり。
東京,神楽坂,飯田橋,まかないこすめ,コスメ,おすすめ,限定,店舗,ドーナツ

センス良いと言われる!神楽坂・飯田橋のおすすめ手土産7選

神楽坂には“ちょっと気の利いた手土産”にぴったりなものがいっぱい!

久々に友人・知人と再会するときや、お世話になった方に会いに行く時など、手ぶらではなく手土産を持って行きたくなりますよね?

でも“定番・ベタ”なものだとあまり喜んでもらえなそうだし、「この人センスないなぁ…」なんて思われるのもイヤ…なのでできれば“ちょっと気の利いた手土産”を用意したい!なんて方も多いはず。

そんな時にぴったりなのは神楽坂。この街は趣深い雰囲気が魅力の人気タウンですが、実は他ではなかなかお目にかかれないような気の利いた手土産が勢揃いしている街でもあります。

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,出汁

そこで今回は、新宿区神楽坂周辺(神楽坂・飯田橋・江戸川橋)で購入できるおすすめ手土産を厳選してご紹介したいと思います。

神楽坂にオフィスを構える東京note編集部が、実際に訪問して「ぜひオススメしたい!」と感じたお店ばかりですので、新宿や神楽坂・飯田橋エリアを訪れる際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

もち米のしっとりしたドーナツ(まかないこすめ 神楽坂本店)

東京,神楽坂,飯田橋,まかないこすめ,コスメ,おすすめ,限定,店舗,ドーナツ

神楽坂のメインストリート・神楽坂通りに並行して走る軽子坂沿いには、和コスメショップ『まかないこすめ 神楽坂本店』があります。

金沢の老舗金箔屋・吉鷹金箔本舗(創業1899年)がルーツの同店では、自然素材を活かした様々なコスメ・グッズのほか、体の中から美しくなれるバラエティ豊かな食品も扱っています。

中でも人気を集めているのは、神楽坂本店限定となる「もち米のしっとりしたドーナツ」(176円〜242円/税込)。油で揚げずに焼いたドーナツで、豆・穀物など様々な素材を使って作られており、非常にヘルシーなのが特徴です。

カロリーに対する罪悪感が薄れるスイーツとして、女性を中心に手土産・ギフトにぴったりな商品です。

店舗情報営業時間:月〜土 10:30〜20:00/日祝 11:00〜19:00
定休日:年中無休
席数:-
予算:999〜1,999円
電話番号:03-3235-7663
公式HP:http://makanaicosmetics.co.jp/
住所:東京都新宿区神楽坂3-1
アクセス:JR中央線「飯田橋」駅より徒歩3分/東京メトロ「飯田橋」駅より徒歩2分/都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩6分
【関連記事】

 

ムレスナティー(The tee Tokyo)

東京,神楽坂,飯田橋,カフェ,紅茶,グルメ,予約,メニュー

都営大江戸線「牛込神楽坂」駅からほど近いところにある『The tee Tokyo』は、「ティーフリー」(こだわりの紅茶の飲み放題)というサービスを提供しているフレーバーティー専門店。

店内で美味しい紅茶やスイーツがいただけるのはもちろんのこと、100種類を超えるフレーバーティーの茶葉をお土産として購入することもできます。

小包装で1つずつ購入することもできますし、季節限定のフレーバーも多数用意されています。パッケージも非常にお洒落で可愛らしいものばかりなので、インスタ映えも抜群。女性へのお土産にぴったりなアイテムです。

店舗情報営業時間:11:00~20:00
定休日:無休(年末年始を除く)
席数:34席(カウンター6席)
予算:999〜2,999円
電話番号:03-6280-7305
公式HP:https://the-tee.tokyo/
住所:東京都新宿区箪笥町30
アクセス:都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩3分/東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩7分
【関連記事】

神楽坂シュークリーム(コパン)

東京note,神楽坂,カフェ,コパン,シュークリーム

東京メトロ東西線「神楽坂」駅の近く、奥神楽坂エリアにある『コパン』は、ほっこり落ち着く憩いの場的なカフェ。

このカフェでは、「神楽坂シュークリーム」(280円)というスイーツが手土産としても大人気。実はこのシュークリームは、様々なグルメ本やグルメ雑誌・メディアでも紹介されており、これを目当てに遠方から訪れる方もいるほど。

クリームはカスタードと生クリームの2層構造になっており、オレンジリキュールも加えられているので、香りもとっても爽やか。まさに『コパン』でしか味わえない味わいです。スイーツ女子・男子へのお土産ならコパンの神楽坂シュークリームなら間違い無いでしょう。

店舗情報平日 7:00~21:00 / 土・日・祝 8:00~20:00
定休日:年中無休
席数:40席
予算:朝 〜999円/夜 〜999円
電話番号:03-3267-7779
公式HP:https://www.copain-cafe.net/info.html
住所:東京都新宿区神楽坂6-50 勝村ビル 1F
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩2分/都営大江戸線「牛込神楽坂駅」より徒歩4分
【関連記事】

 

アコメヤの白だし(AKOMEYA TOKYO in la kagū)

東京,神楽坂,新スポット,アコメヤ,akomeya,雑貨,出汁

神楽坂で近年新しいランドマークとなりつつあった「la kagū」が、2019年3月末に「AKOMEYA TOKYO in la kagū」(アコメヤ トーキョー イン ラカグ)にリニューアルオープン。連日多くの人がこだわりの食材や雑貨等を求めて足を運んでいます。

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トーキョー)初の旗艦店となる同店では、やはり食料品が手土産としても大人気。中でも「アコメヤの白だし」は、お米一合に大さじ一杯入れて炊くだけでご飯が飛び抜けて美味しくという、お米好きの方は絶対外せない調味料です。ご家族向けの手土産などにぴったりな商品でしょう。

店舗情報11:00~20:30
定休日:年中無休
席数:-
予算:-
電話番号:03-5946-8241
公式HP:https://www.akomeya.jp/shop/default.aspx
住所:東京都新宿区矢来町67
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩1分/都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩7分
【関連記事】

プリン「ブランデウェイン」(ACHO神楽坂)

東京,神楽坂,スイーツ,プリン,アチョ,プリン,人気

神楽坂ACHO』は、新鮮な地養卵の卵黄のみを厳選して使用した濃厚なプリンを販売している人気店。神楽坂の手土産スイーツなら『ACHO神楽坂』のプリンは外せないでしょう。

手土産としては、ベーシックなバニラだけでなく、ブランデーを使った「ブランデウェイン」という洋酒を使ったプリンもおすすめ。グッと大人な味わいと風味を楽しむことができ、こちらも『神楽坂ACHO』でしか体感できない美味しさです。

洋酒を使ったプリンは人気が高く、お昼過ぎには売り切れてしまうこともありますので、購入の際は早めの来店がおすすめです。

店舗情報月・水〜土 11:00〜19:00 / 日・祝 11:00〜18:00
定休日:火曜日、第1・3水曜日
席数:無し
予算:〜999円
電話番号:03-3269-8933
公式HP:http://achocafe.com/
住所:東京都新宿区矢来町103
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂」駅1a出口より徒歩1分/都営大江戸線「牛込神楽坂駅」より徒歩6分
【関連記事】


Nextpage:次のページは“怖可愛い”表情が大人気!インスタ映えも間違いない和菓子はこれ!

1

2

  スポンサーリンク