神楽坂で感じる“大正ロマン”の風情。割烹「清水」の魅力

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

清水って、どんなお店?

江戸の花街・神楽坂は、情緒溢れる風情が人気の街。そんな神楽坂の雰囲気もあって、多くの和食店が軒を連ねていますが、中でも“大正ロマン”を感じさせてくれる絶品割烹・小料理店があります。その名は『清水』。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約

神楽坂の和食店の中でも一風変わった雰囲気と料理を体感できる同店は、神楽坂の美食家をはじめとして現在多くの人気を集めています。
今回は会食・接待などにもぴったりな『清水』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。

 

編集部が注目する『清水』の魅力

実食レポートに入る前に、清水の特徴・魅力を編集部の注目ポイントとしてまとめておきましょう。同店が人気を集める理由は、ここにあります。

ポイント①:“大正ロマン”を感じるレトロな空間

まず1つ目の特徴・魅力は、“大正ロマン”に包まれた店内の雰囲気。店舗は過去に芸者さんが住んでいたい古民家が再利用されており、大正時代のアンティーク家具やステンドグラス等が多数並んでいます。
どこかレトロで懐かしいその雰囲気は、他店でもなかなか体感できない空間と話題を集めています。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約

編集部注目ポイント②:季節を感じる旬な料理

またもちろん料理にも随所にこだわりが。名店で研鑽を重ねた店主の清水拓耶氏は、鮮魚も毎日豊洲で直接仕入れを行う等、季節の移り変わり・その瞬間における旬を大切にされています。そこに日本の伝統と清水氏の腕が持つ独創性が加わることで、その料理はもはや芸術の域との声も。
「Best of TOKYO Restaurant50」2020年版にも選出されています。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

このような多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの「清水」。神楽坂の和食店の中でも一味違った“味わい”が堪能できるお店です。

 

『清水』実食レポート

それではここからは、東京note編集部が実際に『清水』を訪問して感じたの魅力を、実食レポートでお届けしていきます。
皆さんが訪れる際のご参考にぜひご覧くださいね!

店舗へのアクセス・行き方

まずはお店へのアクセス・行き方を押さえておきましょう。東京note編集部が撮影した下の写真を参考に向かってみてくださいね!

清水は神楽坂のシンボル・毘沙門天善國寺の近くに店舗を構えているので、都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から向かうのがオススメ。A3出口から徒歩約5分ほど、神楽坂通りを緩やかに上っていくと善國寺が見えてきます。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート,善国寺

そして神楽坂通りから善國寺を正面に見ると、左脇に路地があります。この路地を進んでいきましょう。

東京note,神楽坂,イタリアン,イルボッリート,プロシュート,善国寺

すると少し歩いた先、右手にまた細い路地が見えてくるので、ここを右折します(曲がり角には懐石料理の名店「石かわ」があります)。あとはそのまま真っ直ぐ進んでいくと、清水に到着です。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,アクセス

牛込神楽坂駅からなら徒歩数分と近いので、特に迷うことなく辿り着けるのではないでしょうか。

ちなみに最後に右折した曲がり角のすぐ近くに、焼肉店『しんうち』があります。こちらも今人気のお店ですので、興味がある方は下の記事も併せてご覧くださいね!

店舗の外観・内観

続いて清水の外観・内観をチェック!
外観はとてもシンプル。可愛らしいサイズの入り口は、白い壁にレトロな木製の軒とドアを携えています。この段階から、どこか大正ロマンを感じさせてくれます。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,外観

店内に入ると、そこはもう大正の世界。イスやテーブルなど、そこかしこにアンティークの家具が並び、カラフルでありながらも落ち着いたトーンのステンドグラスが鮮やかにお客さんを迎えてくれます。
壁には大正ロマンの象徴とも言われる画家・竹久夢二氏の美人画も。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,内観
東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,内観

1階はオープンフロア、2階は個室フロアに分かれており、座席は全部で34席。どのスペースでもこの清水のアンティークな世界観を堪能できます。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,内観

店内の雰囲気

店舗自体が落ち着いた小路にありますが、店内も同じようにゆったりと時間が流れるようなしっとりと大人な雰囲気。落ち着いてゆっくり絶品和食に舌鼓を打つには最適な空気感です。

大人の神楽坂デートのディナーはもちろんのこと、大切な方を招いての会食・接待や結婚時の顔合わせ等にもぴったりなのではないでしょうか。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,内観

清水こだわりの絶品料理

ここからはお待ちかね、清水こだわりの絶品料理のご紹介です。今回は東京note編集部が実際にいただいた会席コース「神楽-KAGURA-コース」(6,800円/8品)の一部をご紹介。

先付け:松茸と毛蟹の生雲丹のせ

ご紹介の1品目は先付け「松茸と毛蟹の生雲丹のせ」。取材日は初秋の頃ということもあり、秋の味覚の王様・松茸が前菜から登場です。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

たっぷりの毛蟹ほぐし身の上に、贅沢に松茸と生雲丹が添えられた一品。それぞれが主役をはれるほどの食材ですが、お互い主張し過ぎず旨味を引き出し合っています。
そしてその中でも香りはやはり松茸が至極。秋の訪れを感じさせてくれる先付けでした。

前菜:八寸盛り合わせ

続いて2品目のご紹介は前菜「八寸盛り合わせ」です。これまた豪華で華やか・彩り豊かなメニュー。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

鯖棒寿司、金時草菊花浸し、鰹たたきなど、バラエティ豊かな前菜が並びます。1つ1つがとても丁寧に作られ、それぞれ繊細な味わい。特に石川県・加賀の伝統野菜である金時草を使った菊花浸しは、そのほろ苦い風味と口当たりのいいぬめりが絶品でした。

造里:お造り盛り合わせ

コースの半ばに楽しめるのは「お造り盛り合わせ」。取材日では本鮪と甘鯛のお造りがいただけました。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

皮目の色合いも美しい甘鯛は、非常に身が柔らか。そしてその身に旨味がギュッと凝縮されており、一口頬張ればその旨味が甘みとなって口いっぱいに広がっていきます。

また本鮪はとても脂が乗っており、表面の艶っぽさがその美味しさを物語っていました。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

舌に乗せた瞬間に溶け始めるのがわかるほど、融点の低いその脂と身は絶品。甘鯛同様、鮮魚としての甘さをじっくり堪能できる一品でした。

焼物:銀鱈の西京焼き

そしてご紹介の最後は焼物「銀鱈の西京焼き」です。銀鱈は産卵前の時期である秋頃から脂が乗って旬を迎える魚。本コースでは西京焼きでその旨味を味わえました。

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

クセのないその身はホクホクの食感。そしてたっぷりと乗った脂が白味噌の風味と相まって、銀鱈本来の旨味をより豊かにしてくれています。
日本人には馴染みのある西京焼きも、これほどまでに美味しいのかと感動を覚えるほどの味わいでした。

今回ご紹介する料理は以上となりますが、この他にも清水では様々なコースや料理が楽しめます。種類豊富な地酒も用意されているので、お酒好きな方にもオススメです。


東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー
東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー

清水さん、とっても大満足・とっても美味しい料理をありがとうございました!ぜひ皆さんも味わってみてくださいね!

 

『清水』のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の『清水』は、インスタ映え度も抜群とジャッジ!

アンティークで揃えられた家具、色鮮やかなステンドグラスなど、店内の大正ロマン満載な雰囲気はなかなか他店では味わえないフォトジェニックさ。また旬を大切にした美しい料理もインスタ映え抜群です。

グルメ系・和食のハッシュタグは海外からも人気を集めていますので、それらをたくさんつけながら、清水の写真でたくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょうね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Enjoy kaiseki cuisine in the Taisho Romanticism mood. Hidden place in Tokyo🇯🇵🥢 . . . . 神楽坂の裏路地に佇む「創彩割烹 清水」。扉を開けるとまるで大正時代にタイムスリップしたかのような素敵なインテリア✨🇯🇵 特に小さな二人用の個室はL型のシートタイプで、かなり親密な空間。デートにおすすめです🥰! お食事もカラスミ、白子、雲丹、イクラなどがふんだんに使われ、どれも美味しく、目にも楽しい✨ムーディーでしっぽりとした夜になりました💕 . . . . #神楽坂 #創彩割烹清水 #割烹料理 #japanesefood #kaiseki #隠れ家レストラン #tokyorestaurant #taishoromanticism #大正ロマン #hiddenplace #東京グルメ #tokyofoodie #デートにオススメ #dinnertime

樋口智恵子さん(@chieko_higuchi)がシェアした投稿 –

 

まとめ:神楽坂の片隅で、大正の世界にタイムスリップ

神楽坂の絶品和食店『清水』は、いかがでしたか?

店舗の雰囲気づくりから料理の一品一品まで、清水は非常にこだわりを感じられる名店でした。特に他店ではなかなか味わえない“大正ロマン”の世界観は、神楽坂に訪れたなら一度は楽しみたいところ。
落ち着いた雰囲気なので、大人の神楽坂デートや会食・接待にぴったりではないでしょうか。

神楽坂は新宿からも非常に近いので、このエリアでお店をお探しの際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

東京,神楽坂,飯田橋,和食,清水,レトロ,予約,メニュー
公式HP:https://www.kagurazaka-shimizu.jp/


店舗名 神楽坂 創彩割烹 清水 定休日 不定休
営業時間 17:30〜23:00
価格帯 8,000〜9,999円 電話番号 03-5261-2002
席数 34席 個室 有り 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン 接待・会食、デート 背伸び度 ★★★ 予約難易度 早めがおすすめ
編集部メモ

神楽坂の路地裏にひっそりと佇む割烹。純和風というよりも、“大正ロマン”をテーマにレトロな雰囲気を感じさせてくれるお店です。
ミシュランで星を獲得している名店で研鑽を積まれた店主・清水さんが生み出す料理は、どれも絶品。落ち着いた雰囲気の店内なので、大切な方を招いての会食などにおすすめです^^

住所 東京都新宿区神楽坂5-37
東京都新宿区神楽坂5-37

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 神楽坂,和食,東京,東京note,デート,接待,顔合わせ,雰囲気

    凛とした中にある奥ゆかしさ。大切な人を連れて行きたい日本料理「千」

  2. 神楽坂,日本酒,バー,湯葉,接待,デート,古民家,和食

    日本酒好きにはたまらない。秘密基地のような「和酒Bar 風雅」は料理も最高。

  3. 東京,神楽坂,あかべえ,フレンチ,焼き鳥,予約

    新感覚“フレンチ焼鳥”の「神楽坂あかべえ襷」で、絶品焼鳥とワインのペアリングを楽しむ

  4. 東京,神楽坂,和食,そば,日本酒,居酒屋,たかさご

    蕎麦の膳「たかさご」は130年の歴史とこだわり抜いた蕎麦と日本料理の店

  5. 和食,カド,神楽坂,古民家,東京note,日本料理,デート,接待

    「ただいま」がぴったり。まるで家のくつろぎで親近感しかない「カド」

  6. 東京,神楽坂,飯田橋,焼き鳥,鳥伸,グルメ,予約,メニュー

    神楽坂「鳥伸」で、鮮度抜群の焼き鳥と“大人の空間”を楽しむ

  7. 東京,神楽坂,和食,デート,おいしんぼ,隠れ家レストラン

    石畳の路地に行灯、黒板の旧日本家屋という情緒が最高な「おいしんぼ」

  8. 神楽坂,東京note,和食,ネギ,葱,デート,会食,外国人向け

    脇役とは言わせない!20種以上の葱が主役「葱屋みらくる」で、葱の魅力新発見

  9. 神楽坂,東京note,焼き鳥,和食,デート,ワイン,居酒屋

    路地裏のROJIビル地下は内緒にしたい焼き鳥「YAKITORI 葵」