神楽坂「ラ・マティエール」で素材の旨味を活かし尽くした絶品フレンチを楽しむ

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

ラ・マティエールって、どんなお店?

神楽坂の街にはフレンチの名店も数多く点在しており、“リトル・パリ”とも呼ばれています。今回ご紹介する『ラ・マティエール(La Matiere)』も、人気店の1つ。ラ・マティエールは過去にミシュラン1つ星も獲得したことのある折り紙付きの一軒家フレンチレストランで、神楽坂に集う美食家たちの舌を日々唸らせています。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,ミシュラン

今回はその『ラ・マティエール(La Matiere)』にお伺いし、実際に東京note編集部が感じた魅力をご紹介していきたいと思います。友人・知人との食事や大切な方との会食・接待にもぴったりなお店ですので、ぜひご参考にしてくださいね!

 

ラ・マティエールの魅力

実食レポートに入る前に、ラ・マティエールの特徴・魅力について具体的にご紹介しておきましょう。ラ・マティエールが多くの方々から支持される理由、それは「店名」と「接客」に隠されています。

特徴・魅力その①:“素材”の味をしっかり感じさせてくれる絶品料理

まず最初の特徴・魅力は“素材”の味を存分に活かした料理が提供されるということ。『ラ・マティエール(La Matiere)』という店名は、フランス語で「素材、材料」を意味する言葉で、まさに料理のベースとなる「素材」の良さ・旨味にこだわるという姿勢が店名からも伺えます。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

野菜、肉、魚介全てにおいて高いクオリティを求め、シェフの眼鏡にかなった食材のみが使用されるため、来店客からは「コストパフォーマンスが高過ぎるお店」と評されることも。この点が人気を集める1つ目の理由です。

特徴・魅力その②:絶妙な距離感の接客・サービス

2つ目はサービス面。ラ・マティエールに訪れる人が口を揃えて話すこと、それは「スタッフ(メートル)の方の接客の距離感が素晴らしい」ということ。

物腰柔なか口調で料理の説明もくどくならず端的に、そしてドリンクを進めるタイミングも絶妙。少しスタッフの方ともお話してみたいなと思ったその時には、スッと何処からともなく現れて(笑)、一言二言お話をされてテーブルの雰囲気を一瞬盛り上げ、また自然とフェードアウト。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,接客

近すぎず・遠すぎずの絶妙な距離感が心地よく、お客さん側は料理や会話にしっかりと集中することができます。きっと常にお客様一人ひとりに目を配らせ、その時の最善のサービスは何なのかを常に意識されている証なのではないでしょうか。

名店と呼ばれるレストランに共通するものは“接客・コミュニケーションのクオリティ”。この点もラ・マティエールの大きな魅力の1つと言えるでしょう。


ラ・マティエールへのアクセス

そんな魅力が詰まったラ・マティエール。ここからは取材でお伺いした内容をもとにした実食レポートをお伝えしていきたいと思います。
ますはラ・マティエールへのアクセス・行き方をおさらいしておきましょう。

ラ・マティエールは神楽坂の街の中でも近年人気が高まってきている“奥神楽坂”と呼ばれるエリアに位置しています。
後にご覧いただく外観・内観・料理写真含め、実際に神楽坂に拠点を置く「東京note編集部」で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきますよ!

ラ・マティエールは東京メトロ東西線「神楽坂」駅の1番出口(神楽坂口)から向かうと近いので、地下鉄で行くと便利です。
一番出口から地上に上がると神楽坂通りに出ます。左に向かって進み、神楽坂通りをゆったり下っていきましょう。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,アクセス

坂を下っていくと、左手側に音楽の友社の「音楽の友ホール」が見えてきます。その脇に路地が走っているので、それを左折しましょう。下の写真の通り、曲がり角の青い壁も目印になります。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,アクセス

そのまま路地を少し進めば、ラ・マティエールに到着です。比較的シンプルな道順で、駅からも近いですので、迷うことなく辿り着けるのではないでしょうか。
方向感覚に自信がない方は、当記事の写真も参考にしていただきながら向かってくださいね!

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,アクセス

ちなみにラ・マティエールのお隣には、こちらも大人気のお店『しゃぶしゃぶシャ豚ブリアン』もあります。群馬のブランド豚「くちどけ加藤ポーク」が楽しめるお店なので、お肉が好きな方はこちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

ラ・マティエールの外観・内観

それでは続いて店舗の外観・内観を見ていきましょう。とてもシンプルな造りとなっていますが、それがかえって大人の落ち着きと神楽坂らしい隠れ家感を強く印象付けます。

外観

外観は全体がブラックの板張りの壁になっており、とてもシックな装い。そこに入口ドアや窓の強い赤がアクセントとして使われた、スタイリッシュな外観となっています。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,外観

ドアの横にはその日のコースメニューが飾られています。店内に入る前に、このメニューを見て更にお腹を空かせておきましょう(笑)。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

ドア向かって右側には、大きめの赤縁窓がありますが、こちらからはシェフがキッチンで調理されている様子が伺えます。帰宅時にはこの窓からシェフが満面の笑顔で挨拶もしてくれますよ!(笑)。

内観

続いて店内の様子。店内には入口近くのスペースに2人掛けのテーブルが2つ、奥には4人掛けのテーブルが4つあり、計20席が用意されています。決して広くはないですが、大切な知人などとゆっくり食事をする機会などにはぴったりの心地よい空間になっています。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,席
東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,席

店内は清潔感溢れる白を基調とした造り。非常にシンプルな店舗レイアウトでごちゃごちゃとしていないので、とても落ち着いた雰囲気を感じることができます。
客層も、30代後半〜の少し“大人な”ビジネスマンや奥様方が多いようですので、カップルで利用する際などは記念日のお祝いとしての利用はぴったりでしょう。


最高クラスの絶品フレンチが驚きのリーズナブルなお値段で楽しめる

ここからはお待ちかねの絶品料理のご紹介に移っていきます。とことん素材の良さにこだわった料理たちは、来店する人全てを魅了するものばかり。コスパも抜群と評される通り、非常にハイクオリティなフレンチがリーズナブルなお値段でもいただけます。

今回は東京note編集部が実際にいただいたコースメニュー「選べる前菜・メイン料理とデザート」のコース(5,940円)をご紹介していきますよ!こちらはお店側も“初来店の方におすすめ”と銘打っている人気コース。取材時は2名でお伺いしましたので、2名分のメニューをお伝えしていきます。

前菜:海の幸のタルタルサラダ、アンチョビ風味

前菜のご紹介の前に、まずはドリンクから。今回注文したのは「ドゥ・カントナール ブリュット」。シャルドネ主体の爽やかで洗練された上品なシャンパーニュで、乾杯に相応しい一杯でした。

東京,神楽坂,予約,セクレト,マティエール,予約,ドリンク

そしてその後運ばれてきたのは、ラ・マティエールが“絶対食べてもらいたい逸品”と位置付けている「海の幸のタルタルサラダ、アンチョビ風味」です。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

非常に高く上に伸びたタルタルサラダは、鮮度抜群な魚介や数々の野菜たちが積み盛られた逸品。タルタルの具材は、タコ、マグロ、ホタテ、サーモン、きゅうり、トマト、インゲンなどで、それぞれの素材の味や食感がそのまま活かされています。

東京,神楽坂,予約,フレンチ,マティエール,予約,メニュー

またふわっとほのかに香るアンチョビの風味とドレッシングの酸味が絶妙にマッチ。
お店が自信を持っておすすめするのも頷けます。


Nextpage:絶品のフォアグラを使った前菜が登場!

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事