【神楽坂】新潟郷土料理と美酒が揃う古民家和食「和菜れとろ 別邸 むすび」

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

「和菜れとろ 別邸 むすび」って、どんなお店?

皆さんにも「ふるさと」があるかと思いますが(筆者は東京生まれで今も東京のためふるさとがありません。。)
ふるさとの郷土料理は、その土地ならではの食材を使用しており、ある人にとっては思い出の味だったり、私のような人間にとっては新しい食との出会いになります。

神楽坂にある「和菜れとろ 別邸 むすび」は新潟の郷土料理を出してくれる和食居酒屋です。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

新潟といえば「コシヒカリ」に代表されるように、お米が有名ですが、そのほかにも数々の郷土料理、名産品があり、もちろんお米を使った「日本酒」も抜群ですよね。
そんな美味しい新潟郷土料理がいただける「和菜れとろ 別邸 むすび」を紹介していきましょう。

お店のアクセス、場所

「和菜れとろ 別邸 むすび」は神楽坂のメインである神楽坂通りから一本隣の「大久保通り」に近く、本多横丁の出口あたりにあります。(マップもぜひご参照ください)
JR線の「飯田橋駅」から徒歩5分、都営大江戸線「牛込神楽坂駅」からも5分くらいで到着します。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

外には大きなちょうちんがあり、木のぬくもりが感じられる扉の先に、むすびがあります。
すぐ隣には「ねぎ専門店 みらくる」というお店もありますので、大きなネギの暖簾を目印にしてもいいかもしれません。

内観

「和菜れとろ 別邸 むすび」はカウンターはなく、全てテーブル、お座敷になっています。
お座敷は嬉しい掘りごたつタイプで、しきりや扉で個室の人数を調整することも可能です。木や畳に溢れる店内は、「れとろ」という言葉がぴったりで、どこか懐かしいふるさとに帰ってきたような、落ち着く店内になっています。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

店内にはススキがあったり、酒樽があったり、日本の伝統的な小物もレイアウトされており、さらにノスタルジックな雰囲気を醸し出していますね。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび


新潟の郷土料理の数々

それではむすびの料理を紹介していきましょう。
はじめにも書いたように、基本的に「新潟の郷土料理」が手頃なお値段で味わえることがこのお店の特徴です。
新潟出身の人も、あまり知らない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

お通し

お通しは、揚げ出しとうふ、さばおにぎり、野沢菜の3品。どれも素朴で素材の味を生かした優しい料理です。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

さばおにぎりは珍しいかと思いますが、ほぐされた鯖の身が十穀米と混ぜ合わされており、程よい脂加減がおにぎりにぴったりですね。

おふくろのお惣菜三種盛り合わせ

新潟には郷土料理のお惣菜がたくさんありますが、その中から三種盛り合わせをオーダー。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

ごぼうの金比羅、かぼちゃさらだ、ひじきの煮付けの三種となっており、こちらもどこか懐かしい味わいです。
かぼちゃさらだは、ポテトサラダのような見た目、食感で、かぼちゃのほのかな甘みが感じることができます。

お刺身 ブリ

日本海は豊富な海の幸があり、その中で冬の代表的な魚として「ブリ」が挙げられます。
富山の氷見ブリなどはとても有名ですが、冬になり海水温が低下すると、ぶり達は暖かい海を求め南下を始めます。
その時にいち早く水揚げされるのが、実は新潟で「佐渡一番ブリ」と言われています。(写真は佐渡一番ぶりではありません)

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

冬に食べるブリの刺身は、やはり脂が乗っていて、しつこくなく、身が甘く、プリプリとした弾力がたまらないですね。新潟名産のお米も合いますし、そこから作られた日本酒もブリには相性抜群で、くいくい日本酒を飲んでしまいそうです笑

妻有ポーク 熟成ロース粕漬焼

新潟県の越後魚沼十日町で生産されている「妻有(つまり)ポーク」を扱っているのは、都内でも珍しいのではないでしょうか。
妻有ポークは過去数々の賞を受賞している豚肉です。

今回はこちらも新潟で有名な日本酒「松乃井」の酒造場の吟醸酒粕を使用して、丹精込めて漬けられた熟成ロースをいただきました。
肉厚ですが、歯がいらないほど肉が柔らかく、粕漬のほのかな甘みが肉に浸透しています。噛めば噛むほど溢れ出す肉汁は全然しつこくありません。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

肉だけでも本当に美味しいのですが、一緒に薬味として「かんずり」を付けて召し上がってみてください。
かんずりとは世界的にも珍しい「唐辛子の発酵食品」で、「西の柚子胡椒、東のかんずり」と食通の間では言われているそう。

豪雪地帯が多い新潟だからこそ、体を温めるために生まれたと言われているかんずり。
柔らかいマイルドな辛味ですので、唐辛子が苦手な方でもちょっと付けてみると、妻有ポークの味わいも変わり、オススメですよ。

栃尾の油揚げ かんずりネギ味噌焼

新潟県の珍味代表とも言える、「栃尾の油揚げ」に、先ほどご紹介した「かんずり」を混ぜたネギ味噌焼を乗せた逸品。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

大きさが小さめ半分と、丸ごと一本と選べます。編集部はまるごと一本を選択したところ、草履のような大きく分厚い栃尾の油揚げがお目見えしました!
量としては十分メインになりますね。

しっかりと味が付いていますので、そのまま頬張ってください。油揚げの香ばしさ、かんずりの辛味、味噌の甘みと口の中でマッチします。

日本酒

米どころの新潟は、日本でも屈指の日本酒の名産地になっています。「和菜れとろ 別邸 むすび」でも、数々の日本酒を取り揃えています。
なんとレジ下は冷蔵庫になっており、そこにはワンカップから一升瓶まで日本酒がぎっしり。お店の方にオススメを聞いても良いですし、日本酒好きな方はお気に入りの銘柄を探してみてください。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

新潟の郷土料理とお酒で語らいませんか?

「和菜れとろ 別邸 むすび」はいかがでしたか?
今回は紹介していませんが、お店には新潟の特産である「へぎそば」やコシヒカリの「焼きおにぎり」など、魅力的なメニューがまだまだたくさんあります。(実はへぎそばを〆で頂いていますw)

畳の上に掘りごたつで食事をすると、どこか懐かしい気持ちになり、思わず本音も出てしまう!?ような優しい気持ちになります。
たまには友人や家族、恋人と、家にいるような感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

東京,神楽坂,飯田橋,郷土料理,和食,新潟,予約,むすび

和菜れとろ 別邸 むすび を今すぐ予約する!


店舗名 和菜れとろ 別邸 むすび
営業時間 17:00〜23:00
価格帯 ¥5,000〜¥6,999
定休日 祝日 電話番号 03-6265-0465
席数 36席 個室 有り
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン デート、友人と、2次会
背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的取りやすい
編集部メモ

新潟といえばコシヒカリで有名なお米の産地ですが、まだ出会ったことのない郷土料理がたくさん。畳の掘りごたつという懐かしいスタイルで、新潟の郷土料理と美味しい日本酒に舌鼓を打ちませんか。

住所 東京都新宿区津久戸町3-19 えひらビル1F
東京都新宿区津久戸町3-19 えひらビル1F

The following two tabs change content below.
アバター

渡邉尚人

1984年東京生まれ。 小〜高校まではサッカー部に所属。大学では山岳部でひたすら山登りの生活を送る。大手広告代理店に入社し、営業としてメディア、クリエーティブ、マーケティングなど業務を担当。2017年に退社し、株式会社トリッジを設立。 現在はWebマーケティング・広告運用、サイト構築、メディア運営の事業を中心に日々奮闘中。独りでもみんなでも食べあるき・飲みあるき、ビールと日本酒大好き人間です。

合わせて読みたいおすすめ記事