“日本一お洒落な神社”の中にある「あかぎカフェ」の和スイーツがインスタで映え過ぎる

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,お洒落

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。

神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。
いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『あかぎカフェ』って、どんなカフェ?

神楽坂には「赤城神社」という神社があります。
この神社は2010年に神楽坂在住の建築家である隈研吾氏(※)の設計によってリニューアルされており、今では“日本で一番お洒落な神社”と呼ばれるようになりました。

そんな赤城神社の境内の中には、実はとってもお洒落でホッと一息つくには最高なカフェがあるんです。その名も「あかぎカフェ」。
お洒落で厳かな雰囲気の神社の中に、スッと溶け込むように佇むあかぎカフェには、いつも多くの人で賑わっています。

※隈研吾:日本を代表する建築家。木材を使用した「和」のデザインが世界各国から高い評価を得ており、「和の大家」とも称される。代表作は、根津美術館や新国立競技場(2019年完成予定)など多数。

東京note,神楽坂,赤城神社,あかぎカフェ,お洒落

こちらのカフェの特徴としては、非常にスタイリッシュであるのはもちろんのこと、『神社に関連した和スイーツ』が食べられるという点も挙げられます。
これが味も美味しく、さらにはインスタ映えも素晴らしいという最強メニュー(笑)。なので、女子会や流行りのカフェ男子・スイーツ男子、さらにはママ友同士のカフェ会などにもぴったりなお店です。

赤城神社にお参りに来たついでについ立ち寄りたくなる、そんな「あかぎカフェ」を今回はご紹介いたします。
気になる和スイーツの正体は、後ほど(笑)。

 

あかぎカフェへの行き方

“日本一お洒落な神社”の中にあるカフェ。そのフレーズを聞いただけでもワクワクが止まらない、そんな「あかぎカフェ」ですが、一体どんなカフェなのか。早速向かってみましょう!
後にご覧いただく外観・内観・スイーツ写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

あかぎカフェは前述の通り赤城神社の境内にありますので、行く際は赤城神社を目指しましょう。東京メトロ東西線「神楽坂」駅の1番出口(神楽坂口)から向かうと近いですよ!
一番出口を左に出ると、すぐ交差点にぶつかります。そこからさらに左を向けば、正面に赤城神社への入り口が見えてきます。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,お洒落

赤城神社の入り口の大鳥居下には、しっかりあかぎカフェの看板も立てられています。
この看板にはメニューが書かれているので、食いしん坊さんはここの時点でお腹を鳴らしておきましょう(笑)。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,お洒落

大鳥居下でお辞儀をして、早速境内の中へ。さすが“日本で一番お洒落な神社”、境内の中はシンプルながらも非常にスタイリッシュな設計になっています。
境内をさらに奥に進んでいくと、右手に縦ストライプの建物が見えてきます。その建物の1階に、あかぎカフェがあります。

東京note,神楽坂,赤城神社,あかぎカフェ,お洒落

 

あかぎカフェの外観・内観

続いて気になる外観・内観を見ていきましょう。どんなお洒落な世界が待っているのでしょうか!
このお店に入る前のワクワクドキドキ感がたまらないですよね(笑)。

外観

まずは外観から。
全面がガラス張りになっており、非常に開放感のある造り。神社に負けず劣らずお洒落な造りです。

東京note,神楽坂,赤城神社,あかぎカフェ,お洒落

昼間はランチ営業もしているので、近隣にお住いの方や会社勤めの方で賑わっています。
それでは中に入ってみましょう!

 

内観

中に入ると、広々とした空間が広がっています。
神社の雰囲気に合ったシンプル・スッキリな内装で、各テーブルとの距離感やさりげなく置かれた小物など、各所に気配りのされたスタイリッシュなレイアウトになっています。
ふわっと柔らかなライティングが、まるで神様の腕に包まれているような、そんな暖かでホッと落ち着く場所です。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,お洒落,内観

座席数は全部で40席。多くは二人掛けのテーブル・チェアですが、店内奥には4人掛けの席も2つ用意されています。
窓際のテーブル5つは、外のお洒落な神社の様子が見られる眺めの良い特等席。あかぎカフェは予約もできますので、カフェデートや大切な方と訪れる際はぜひこの窓際の席を予約したいですね。

店内入り口正面と左手には、赤城神社にまつわるアイテムや写真、イベントのお知らせ等が並んでいます。
最近は御朱印巡りが流行していますが、ここでは赤城神社オリジナル和柄の御朱印帳も販売されています。これから御朱印巡りをしたい!と考えている方は、要チェックですね!

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,お洒落,内観
東京note,神楽坂,あかぎカフェ,お洒落,内観
東京note,神楽坂,あかぎカフェ,お洒落,内観

テーブルにも綺麗でお洒落なアイテムが置かれていました。
赤城神社のカラーを意識した(?)赤い花の小物は、これだけでもインスタ映えしちゃいますね(笑)。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,お洒落,インスタ

 

オススメのスイーツ:あかぎカフェオリジナル和スイーツ「お神酒ジェラート」

そして冒頭でもお話しした気になる和スイーツですが、そろそろその正体を明かしましょう。
その正体とは…なんとまさかの“お神酒”を使った「お神酒ジェラート」でした!神社に併設されたカフェらしい、オリジナリティの高いスイーツですよね。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,お神酒

今回は「本日のケーキとジェラートの盛り合わせ」を注文。店員さんに頼めば、プラス50円で盛り合わせのジェラートをお神酒ジェラートに替えてもらうことが可能ですので、当編集部のようなわがままさんにも嬉しいシステムです(笑)。

この日の本日のケーキは「抹茶のロールケーキ」でした。各デザートメニューにプラス250円でセットドリンクも付けられます。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,お神酒

注目のお神酒のジェラートですが、とっても口当たりの良いシャーベットで、舌の温度でふわりと溶ける上品な一品。
口に入れた瞬間は、名前の通りほんのりお神酒の甘さを感じて、そのあとはミルクのまろやかさがそっと追いかけてきます。その優しい味わいは、まるで店内の暖かな雰囲気を表しているかのよう。
他のカフェではなかなか味わえないスイーツだと思うので、スイーツ女子・スイーツ男子みんなにオススメなメニューです。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,お洒落

続いて抹茶のロールケーキ。こちらは抹茶の程よい苦味が効いており、甘過ぎずコーヒーとの相性もぴったりなスイーツでした。
生クリームはこってり重過ぎないので、苦手な方も食べやすいのではないでしょうか。
中のスポンジもふわふわで軽やか、食べ進めていくと中央から小豆が顔を出して食感のアクセントにもなっていました。

また味だけでなく、見た目も抹茶のグリーンが美しいフォトジェニックなスイーツですね。これまたインスタ映え間違いなし!(笑)。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,ロールケーキ

コーヒーは酸味が少しきいていて、スッキリした味わい。神社へのお参りや神楽坂散策の休憩として、ホッと一息つくのにピッタリだと感じました。
セットドリンクは、プラス200円でおかわりも可能です。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,コーヒー

この他、あかぎカフェには様々なデザート・スイーツメニューがあります。和スイーツでは「わらびもち」や「あんみつ」、「お汁粉」もありますので、和菓子好きな方にもオススメです。
もちろん洋スイーツも充実していますので、気になる方は何個も頼んじゃいましょう(笑)。

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート
東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,メニュー
(写真に光が入ってしまい見辛くてごめんなさい…)

 

あかぎカフェのインスタ映え度は?

“日本一お洒落な神社”の中にある「あかぎカフェ」ですが、やはりインスタ映えも相当なもの。
特にスイーツはオリジナリティの高いものが多く、神社らしい和の雰囲気が感じられて、インスタにあげれば一目置かれること間違いなしでしょう。

洋スイーツを扱うカフェが多い中、あかぎカフェの和スイーツは味だけでなく見た目も高レベルで最高ですね!

東京note,神楽坂,あかぎカフェ,スイーツ,デザート,お神酒

 

まとめ:いつもとはちょっと雰囲気の違うカフェを楽しみたいなら!

あかぎカフェは神社の境内にあるカフェということで、他のカフェとはちょっと雰囲気も違います。
神社ならではの神聖で柔らかな空間の中で、美味しいオリジナルの和スイーツが食べられる。こういったカフェは意外と都内にも少ないのではないでしょうか。

最近は男子複数人でカフェを楽しむ“カフェ男子”や“スイーツ男子”も急増してきている様子。男子は甘過ぎないスイーツを好む傾向がありますので、あかぎカフェの和スイーツはピッタリだと思います。
神楽坂にお越しの際は、ぜひあかぎカフェに立ち寄ってみてくださいね。

公式HP:https://www.akagi-cafe.jp


店舗名 あかぎカフェ 定休日 火曜日・第2月曜日
営業時間 平日 10:00~21:30 / 土 11:30~21:30 / 日祝 11:30~17:00
価格帯 朝:1,000〜1,999円 / 夜:〜999円 電話番号 03-3235-6067
席数 40席 個室 無し 禁煙・喫煙 完全禁煙
利用シーン 女子会、デート、男子カフェ 背伸び度 ★★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ 赤城神社の境内にあるということで、お店の前に行くまでは少し厳かな雰囲気があります。そのため「背伸び度」を3とさせていただきましたが、店内に入ればとても暖かで優しい雰囲気が広がっていますので、ゆっくりまったり過ごすのには最適だと思います。 あかぎカフェでしか食べられない「お神酒ジェラート」は絶品ですので、ぜひ一度ご賞味あれ!
住所 東京都新宿区赤城元町1-10 赤城神社境内
東京都新宿区赤城元町1-10 赤城神社境内

 

The following two tabs change content below.

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

関連記事

  1. 東京,神楽坂,紀の善,スイーツ,甘味,休憩,抹茶ババロア

    和スイーツ好きにはたまらない!神楽坂「紀の善」の抹茶ババロアが美味し過ぎる

  2. 東京,神楽坂,スイーツ,カフェ,茶寮,抹茶,パフェ

    隠れ家和カフェ「神楽坂 茶寮」の絶品和スイーツで、ホッと一息

  3. 東京,神楽坂,飯田橋,僕坂,相葉,ロケ地,かき氷,果のか

    【僕坂ロケ地】神楽坂「果のか」の天然氷と絶品フルーツを使ったかき氷が美味し過ぎると話題に

  4. 東京,神楽坂,飯田橋,くりこ庵,僕坂,相葉,たい焼き,スイーツ

    【僕坂ロケ地】コオ先生が食べていた“たい焼き”はココで食べられる!神楽坂「くりこ庵」

  5. 東京,神楽坂,スイーツ,ジェラート,凛太郎,イートイン

    土日祝しか食べられない⁉︎ 神楽坂の絶品ジェラート店「凛太郎」の人気が凄い

  6. 東京note,神楽坂,カフェ,お洒落,UNPLAN,Instagram,内観,店内

    まるでブルックリン⁉︎ 神楽坂のカフェ「Gather by UNPLAN」が“オシャ活”にぴったり過ぎた