絶品ジビエとパスタが食べたいなら「神楽坂しゅうご」は絶対に外せない

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,ジビエ

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

神楽坂しゅうごって、どんなお店?

神楽坂では和食・フレンチと並んで店舗数が多いのがイタリアンのお店。都内でも屈指の人気を誇るイタリアンが、神楽坂の各路地に軒を連ねています。

今回ご紹介するイタリアン「神楽坂しゅうご」も、その人気店の1つ。特に近年の同店の人気は非常に高く、その料理のクオリティに多くの美食家たちが舌を巻いています。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,ジビエ

特に神楽坂しゅうごが支持を集める理由は、絶品と言われるジビエ料理とパスタの美味しさにあります。
同店では仕入れ状況によって毎日メニューが変わりますが、各地から取り寄せた厳選ジビエと、旬の和食材やフルーツを活かしたパスタは大人気で、「絶対に外さない」との声も。

ジビエ料理自体が今大人気となっていますが、そんなジビエの最高峰を楽しみたい時や、友人・知人・パートナーと絶品パスタを味わいたい時などにもぴったりなそのイタリアンを、今回は実食レポートでお届けしたいと思います。

実際に東京note編集部が訪れて感じた魅力をそのままお伝えしますので、ぜひお店選びのご参考にご覧ください。


神楽坂しゅうごへのアクセス

まずは神楽坂しゅうごへの行き方・アクセスから押さえておきましょう。
後にご覧いただく外観・内観・料理(おすすめメニュー)写真含め、実際に編集部で訪問・撮影した写真を使いながら、わかりやすくお伝えしていきます。

神楽坂しゅうごは、都営大江戸線『牛込神楽坂』駅もしくは東京メトロ東西線『神楽坂』駅から向かうと行きやすいです。今回は、より店舗に近い牛込神楽坂駅からの向かい方を見ていきましょう。

牛込神楽坂駅の3番出口から地上に出ると、目の前に少し広めな「大久保通り」が走っていますので、まずはその道を右に進んで「神楽坂上」の交差点を目指します(歩いて数十秒です)。

東京,神楽坂,イタリアン,アルボール,一軒家,行き方

交差点に着いたら、曲がらずに大久保通りをそのまま直進。道なりに進んでいくと、緩やかに道が右へカーブしていきます。ちなみに右へのカーブ手前右には人気鉄板焼き店『円居 神楽坂』もありますので、このお店も目印の1つにしましょう。

カーブを抜けると左手側に牛込消防署が。これが見えれば、神楽坂しゅうごまではもうすぐです!

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,アクセス

牛込消防署から歩いて数十秒、ブラウンの外壁・ずらりと並んだワインの瓶が見えたら、神楽坂しゅうごに到着です。比較的駅からもわかりやすい道順なので、迷うことなくたどり着けるのではないでしょうか。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,ジビエ

 

神楽坂しゅうごの外観・内観

それでは続いて店舗の外観・内観をご紹介。神楽坂しゅうごはとってもシンプルながら、神楽坂らしいシックな装いなので、落ち着いた大人の時間を過ごすことができます。

外観

ビルの1階、ブラウンの外壁で落ち着いた雰囲気が感じられるのが、しゅうごの外観。窓際にはしゅうごソムリエさんのこだわりのワインがずらりと並んでいます。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,外観
東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,外観

入り口にはとってもお洒落な木製の看板と、簡単なメニュー表もかけられていますので、こちらも入店前にぜひチェックしてみてくださいね!

内観

続いて内観です。店内は決して広くはありませんが、落ち着いたライティングで心地よいサイズ感。ゆっくり美味しいディナーをいただくには最高の空間です。
座席数は全部で20席で、店内入って左手側にカウンター席が、右手から奥にかけて2〜4名用のテーブル席が並びます。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,内観
東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,内観

客層的にも30代以上の方が多い様子で、賑やかな雰囲気というよりは、落ち着いてゆったり気ままに食事が楽しめる雰囲気が感じられます。
友人・知人との食事会・飲み会や、大切なパートナーとの神楽坂デートなどにもぴったりです。


こだわりのジビエをはじめとした絶品イタリアンに注目

ではここからはお待ちかね、神楽坂しゅうごの絶品料理のご紹介を実食レポートでお届けしていきたいと思います。

全国各地から取り寄せたシェフこだわりのジビエや自家栽培野菜を使った至極のメニューがずらりと並ぶ神楽坂しゅうご。毎日メニューが変わるのも当店の魅力の1つですが、今回はその中でも東京note編集部が実際にいただいたおすすめメニューをご紹介していきますよ!

おすすめのメニュー①:筑西サラダとメロン

まず1品目は「筑西サラダとメロン」(950円)です。このサラダには、茨城県筑西市出身のシェフが実家で栽培している採れたての野菜が使われています。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,メニュー

噛んだ瞬間の「パリッ」という音が、その野菜の新鮮さと瑞々しさを物語ります。非常にフレッシュな野菜で、オイルの軽い味付けだけで十分なほどの美味しさ。

また野菜の下に隠れているメロンもとても糖度が高く、その甘さと全体に振られたチーズの塩加減が絶妙にマッチしています。
ボリュームもしっかりあるので、誰が食べても大満足の一皿でしょう。

おすすめのメニュー②:北海道ホワイトアスパラの卵黄メレンゲ焼き

続いて2品目のおすすめメニュは「北海道ホワイトアスパラの卵黄メレンゲ焼き」(2,000円)です。北海道産のホワイトアスパラは4月〜6月中旬がシーズン。この時期の香りも味も濃いホワイトアスパラがふんだんに使われたメニューです。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,メニュー

そしてこのメニュー、最初見た時は皆さん驚かれるのではないでしょうか。大きなオーブン皿に、フワッフワに膨らんだ卵黄のメレンゲがどどんと運ばれてくるからです!これは見た目からして非常にインパクトがありますね(笑)。

このメレンゲを割ってみると、ふわふわトロトロのメレンゲが溶け出し、その中にざっくりと大きめに刻まれたホワイトアスパラがゴロゴロと出てきます。

東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,メニュー
東京,神楽坂,しゅうご,イタリアン,予約,メニュー

卵のクリーミーさと、アスパラの濃厚な味わい。メレンゲのふわふわ加減とアスパラの絶妙なサクサク感。様々な美味しさが口中に広がる絶品メニューで、あまりの美味しさに当編集部も一瞬でペロリと完食。

春のシーズンだけしか食べられないかもしれませんが、ぜひ一度味わっていただきたい一品です。

Nextpage:美食家絶賛。神楽坂しゅうごのパスタとジビエが凄い。

1

2

合わせて読みたいおすすめ記事