お肉好きは外せない!「神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店」の絶品焼肉重

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』って、どんなお店?

都内屈指のグルメタウンとして知られる神楽坂において、大人気の焼肉店があります。その名は『神楽坂翔山亭』。

「和牛一頭買い」が代名詞の同店は、高級割烹のような雰囲気すら漂う大人の焼肉店として人気を集めていますが、実はこのお店から派生した『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』なるお店があります。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

こちらは、『神楽坂翔山亭』のランチにおいて大人気メニューである“お重”を一日中楽しめる「お重の専門店」。お昼のランチ時も大人気で、その贅沢なお重を楽しむために平日でも行列ができるほど。

今回はその『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。

 

編集部が注目する『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』の特徴・魅力をポイントとしてまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

特徴・魅力3つ①『神楽坂翔山亭』の人気ランチメニューである贅沢な焼肉重が土日祝日問わず一日中楽しめる
②メニューはシンプルに「焼肉重」のみ(種類は「松・竹・梅」の3つと、1日限定10食の「贅の極み重」)
③お重は「ひつまぶし・お茶漬け風」に“味変”しても楽しめる

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり人気のお重の味わいでしょう。特にひつまぶし風にいただくこともできるとのことなので、1度で様々な味わいが楽しめる点は大きな魅力ですよね!

それではこれらのポイントを押さえた上で、早速実食レポートに移っていきましょう!

 

『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』実食レポート

東京note編集部が『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』を訪れたのは2019年12月半ばの平日お昼時。行列ができるほどに大人気のお店なので、期待に胸を躍らせながら店舗に向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』は、神楽坂のメインストリート・神楽坂通りと平行に走る「軽子坂」沿いにお店を構えています。東京メトロ南北線・有楽町線「飯田橋」駅B4b出口から徒歩3分ほどの距離にありますので、今回は飯田橋駅から向かうルートで訪ねました。

東京メトロ「飯田橋」駅B4b出口から地上に出ると、目の前に「軽子坂」が現れるので、それを右に進んで坂を上っていきます。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

そのまま真っ直ぐ3分ほど進めば、左手にはもう『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』が。店舗の外には行列待ちのための椅子も置かれています。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

東京メトロ南北線・有楽町線「飯田橋」駅B4b出口から向かうと一本道でわかりやすいのでおすすめです。

ちなみに焼肉店の『神楽坂翔山亭』は、この贅沢重専門店からも近いところにありますので、気になる方はこちらもぜひチェックしてみてくださいね!

店舗の外観・内観

『楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』の外観は、神楽坂らしさも感じる和の雰囲気。まさに高級割烹のような佇まいです。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

店内に入ると、照明がぐっと落とされた大人な空間が広がっていました。座席はカウンター席のみで10席、厨房をぐるりと囲むように並びます。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

店内の壁には、その日使用している肉の部位書かれていました。「サーロイン」の文字は食欲を掻き立てますね!(笑)

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

店内の雰囲気

店内はしっとりとした大人な雰囲気でしたが、気軽にお話をしながら食事を楽しむこともできそう。ただ、来店されたお客さんはあまりのお重の美味しさに、黙々と食べてしまうことも多いかも(笑)。

また席数が10席のみで予約も受け付けていないとのことなので、大人数で楽しむというよりは、お一人様〜少人数で来店される方が多いようです。


『楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』の絶品焼肉重を食す!

『楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』は前述の通り、絶品の焼肉重が楽しめる専門店。今回は取材時に実際にいただいたそのお重をご紹介します!

黒毛和牛贅沢重【竹】を注文!

基本となるメニューは「黒毛和牛贅沢重」と1日限定10食の「贅の極み重」のみ。「黒毛和牛贅沢重」は松・竹・梅で3ランクに別れており、それぞれ以下のような違いがあります。

松・竹・梅の内容の違い梅(1,000円):黒毛和牛しぐれ煮とローストビーフのお重
竹(1,480円):「梅」にサーロインと突出し(炙り握り、焼きしぐれ味噌)がプラス
松(1,980円):「竹」に特選ロースと突出し(炙り握り、焼きしぐれ味噌)がプラス

ちなみに限定の「贅の極み重」は、非常に稀少性が高い“シャトーブリアン”という肉の部位を使ったお重となっており、お値段は1つ6,000円。とっても美味しそうですが…ちょっと庶民の私には簡単には手が出づらいお値段でしたので(笑)、今回は人気の「黒毛和牛贅沢重【竹】」をチョイス!

突き出し:炙り握り

まずは突き出し。ただ突き出しと言っても非常に豪華で、翔山亭自慢のお肉を使った「炙り握り」が運ばれてきました。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

見た目もとっても美しいこの炙り握り!頬張った瞬間に、お肉が舌の温度だけでスーッと解けるように消えていきました。さすが翔山亭、肉質が違います。

この炙り握りだけでメインになるのでは?と思えるほどの美味しさだったので、この後のお重にはさらに期待が膨らみます。

お重:黒毛和牛贅沢重【竹】

そしてしばらく待つと真打登場、「黒毛和牛贅沢重【竹】」が目の前に!これまた見栄えだけで美味しいのがわかってしまいます。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

写真奥に黒毛和牛しぐれ煮、左手前がローストビーフ、そして右手前にサーロインが盛り付けられています。どれも美味しそうなので、どれから食べ始めようか迷ってしまいますね!

それぞれ頬張るとお肉の旨味がどんどんと溢れ出てきて、まさに至福の時間を堪能できます。特にサーロインの肉質の柔らかさ、肉・脂の旨味、香ばしい香りは極上。思わず編集部も「うまっ…!」と声をこぼしてしまいました(笑)。

そして少し食べ進んだところで、一緒についてきた「黄身だれ」を上からトロリと回しかけると、これまた違う表情のお重に!黄身のまろやかさが加わって、お肉の味わいもよりマイルドになり絶品でした。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス
東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

そして最後は当店ならではの楽しみ方、「ひつまぶし風」でいただきます。お椀にしぐれ煮、わさび、胡麻の素、柚子の皮などを入れ、その上からお出汁をたっぷりと!
お肉の旨味とさっぱりとしたお出汁が溶け合い、文句なしの美味しさでした。

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス

1つで二度も三度も楽しめる「黒毛和牛贅沢重」。一口食べれば、誰もがその人気の理由を理解できるのではないでしょうか。
『坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』さん、とっても美味しい料理をありがとうございました!

 

まとめ:この焼肉重は並んででも食べる価値あり!

神楽坂屈指の人気焼肉店から派生する形で生まれた『神楽坂翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店』。平日のランチ時などでも店外に行列ができるほどの人気店ですが、その行列に並んで待ってでも食べたい!そう思わせてくれるお店でした。

特にお肉好きな方は絶対ハマること間違いなし!土日祝日でも営業しているので、デートのランチなどにもおすすめ(ただし、予約は行なっていないとのことなので、その点だけご注意を)。

神楽坂・飯田橋エリアは新宿からも非常に近いので、このエリアでお店をお探しの際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

東京,神楽坂,焼肉,ローストビーフ,ランチ,翔山亭,メニュー,アクセス
公式HP:https://www.shozantei.com/shop/zeitakujyu


店舗名 神楽坂 翔山亭 黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店 (ショウザンテイ)
営業時間 11:00〜21:00
価格帯 昼:1,000〜1,999円 / 夜:1,000〜1,999円
定休日 年中無休 電話番号 03-6228-1829
席数 10席(カウンター10席) 個室 無し
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン お一人で、友人・知人と、デートで
背伸び度 ★★★ 予約難易度 予約不可
編集部メモ

神楽坂・軽子坂沿いに佇む黒毛和牛の“贅沢重”専門店。落ち着いた店内でいただく絶品お重は、なかなか他店では味わえない代物。
かなりの人気店で行列ができてしまうことも多々ありますが、お昼時やディナータイムを外せば、まだ入りやすいかも⁉︎ 少し待ってでも楽しみたい焼肉重が、ここにはあります。

住所 東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1F
東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1F

The following two tabs change content below.
アバター

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

合わせて読みたいおすすめ記事