【神楽坂・飯田橋】女子会ならココ!インスタも映える地中海バル「マンワール」

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,タジン鍋

『東京note 神楽坂』は、新宿区神楽坂エリアにある話題のお店・スポット等の情報をお届けする「街メディア」です。
神楽坂って「敷居が高いんじゃ…」なんて思われがちですが、最近は若い世代からも注目されている人気スポットになっています。

いつもよりちょっとだけお洒落してみたり、普段とは少し雰囲気の違うお店に行ってみたり。気ままに神楽坂の魅力に触れてもらえるよう、東京note編集部が日々実際に取材を行って得たリアルな情報・写真を掲載しています。

『マンワール』って、どんなお店?

神楽坂のグルメといえば和食やフレンチのレストランが思い浮かぶ方も多いと思いますが、近年はバルも急激に数を増やしており、各店人気を集めています。

神楽坂の美食通り・芸者新道にある『マンワール(MANVAR)』も、そんな人気バルの1つ。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

「地中海バル」として2010年よりオープンしている『マンワール』は、ハーブ・スパイス・オリーブオイルなどを活かした絶品料理と地中海の国々のワインが取り揃えられたお店。今回はその人気地中海バル『マンワール』の魅力を、東京noteが実食レポートでお伝えしていきます。

 

編集部が注目する『マンワール』の魅力

実食レポートに入る前に、よく聞かれる『マンワール』の特徴・おすすめポイントをまとめておきましょう。
同店の特徴・魅力としては、特に以下の3つが挙げられています。

お店の特徴・魅力3つ①イタリア〜モロッコ料理まで、地中海のグルメを幅広く楽しめる
②女子会にぴったりな雰囲気抜群の隠れ家バル
③インド北東部の言語で「サービスマン」を意味する“マンワール”という店名がつけられているほど、ホスピタリティに溢れる接客

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

中でも東京note編集部が注目するのは、やはり絶品地中海グルメ。地中海料理のレストランというと、イタリアンやスペイン料理が中心のお店が多いですが、『マンワール』ではその他フレンチ、ギリシャ、モロッコ、インド、北アフリカなど、まさに地中海グルメの全てを味わい尽くせるような幅広いメニューのラインナップ担っているとのこと。食いしん坊・東京note編集部にもたまらないお店です(笑)。

そんな多くの人々を惹きつける特徴・魅力がいっぱいの『マンワール』。早速実食レポートに移っていきましょう!

 

『マンワール』実食レポート

東京note編集部が『マンワール』を訪れたのは2020年2月。絶品の地中海料理が楽しめるお店ということで、お腹をぺこぺこに空かせながら店舗に向かいました。

店舗へのアクセス・行き方

『マンワール』は、神楽坂の中でもグルメ通りと名高い“芸者新道”沿いに店舗を構えています。

東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋」駅のB3出口から向かうと比較的行きやすい位置にあるので、今回は東京メトロの飯田橋駅から向かうルートをご紹介します(わかりやすいように昼間の写真も使いながらお伝えします)。

飯田橋駅B3出口を出ると、神楽坂のメインストリート「神楽坂通り」が目の前に現れますので、それを上っていきます。1分ほど歩き、右手にコンビニ(ファミリーマート)が見えたら、その横に走る路地に入りましょう。この路地は「神楽坂仲通り」と呼ばれる道です。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

ここを数十m進むと、左手に「九頭龍蕎麦本店」という福井の郷土料理の和食店が見えてきます。その手前にまた細い路地が走っていますが、これが「芸者新道」です。ここを入っていきましょう。

東京,神楽坂,和食,九頭龍蕎麦,福井,予約

そのまま真っ直ぐ進み、駅からおよそ5分。右手側に店舗が見えてきます。グリーンのドアとその前に置かれたお洒落な赤いワイングラスのオブジェが目印になりますよ!

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,外観

ちなみに芸者新道にはそのほかにも神楽坂でも人気のお店が多く軒を連ねています。下の記事で各店の実食レポートをまとめていますので、興味のある方はこちらも日を改めてぜひ訪れてみてくださいね!

店舗の外観・内観

『マンワール』は、薄いピンク色の壁がとてもスタイリッシュな外観。情緒深い芸者新道の中でもユニークな佇まいのお店です。赤いワイングラスのオブジェもお洒落。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,外観

店内も少しユニークな作りになっており、ドアを開けるといきなり下り階段が伸びています。階段をゆっくり進んでいくと、右手側に厨房、左手側に二人掛け席が。そしてさらにその奥にはカウンター席と4人掛けのテーブル席が並んでいました。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,店内
東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,店内

L字型の店内は外から見るよりも広々とした印象。奥の席では早速女子会が開かれていて、ワイワイと楽しそうに盛り上がっています。

店内の雰囲気

店内は見た目以上にゆったりとした空間が広がっており、各座席間も広めに配置されているので、大人数で訪れても周りに気兼ねなく楽しめそう。エキゾチックな雰囲気も感じられるお洒落な店内なので、女子会やデートにぴったりではないでしょうか。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約


『マンワール』の絶品地中海料理を実食!

それではここからは、東京note編集部が実際にいただいた料理のご紹介!『マンワール』自慢の地中海料理たちを堪能すべく、様々なメニューを注文しました。

白レバーのテリーヌ

まず前菜に注文したのは「白レバーのテリーヌ」(880円)。『マンワール』における1番人気メニューです。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

この白レバーのテリーヌはマデラワインの強い甘みと香りが抜群で、濃厚な味わいがさらに際立っていました。
バゲットとの相性も抜群なので、女性でもペロリと完食できてしまう美味しさでしょう。前菜にぜひ注文したい一品です。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

スパイシーシュリンプのアヒージョ

続いていただいたのは「スパイシーシュリンプのアヒージョ」(880円)。バルのメニューでは定番ですが、マンワールでも不動の人気とのこと。見た目も食欲をそそります。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

運ばれて来た瞬間からオリーブオイルの柔らかな香りがフワリと鼻先を漂い、食べる前から幸せな気分に。

一口頬張ってみると、しっかりとしたスパイスの刺激と、ぷりぷり食感の海老が口の中で踊り、非常に美味。これはビールが好きな方はグイグイと進んでしまうことでしょう。もちろん編集部もビールを飲むペースが上がってしまいました(笑)。

イベリコホホ肉とタンの塩レモンタジン

そしてメイン料理ではタジン鍋を注文。地中海バルならではのメニューです。
メニューには月替わりのタジン鍋が用意されており、この日は「イベリコホホ肉とタンの塩レモンタジン」(1,980円)を注文しました。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

彩りも非常に美しいこのタジン鍋。クスクスもセットで付いてきました。

この鍋のメインとなるタンは、フォークで少し力を入れるだけでホロリと崩れ落ちるほどに柔らかく煮込まれており、まさに絶品!野菜の旨味が溶け込んだ鍋のスープもしっかり吸っているので、味わいも非常に豊かです。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約

セットで付いてくるクスクスも、スープと絡めて食べればその美味しさでスプーンが止まらなくなるほど。

タジン鍋がいただけるお店は神楽坂ではかなり希少。この美味しさはまさに『マンワール』でしか味わえないでしょう。

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,クスクス

今回のご紹介は以上となりますが、この他にも『マンワール』では様々な国々の地中海料理が用意されていました。フムスやケフタなど、他店ではなかなか味わえないメニューも揃っているので、いつもとはちょっと違った雰囲気を味わいたい方には特におすすめです。

『マンワール』さん、とっても美味しい料理をありがとうございました!

東京,神楽坂,イタリアン,マンワール,バル,コスパ,メニュー,予約,タジン鍋

 

『マンワール』のインスタ映え度は?

東京note編集部・日比がインスタ映え度を勝手に判断しちゃう、このコーナー。今回の『マンワール』は、インスタ映え度もMax!

エキゾチックな雰囲気が漂う店内は非常にお洒落。加えて料理は彩りも鮮やかで、どれもインスタ映え抜群と言えるでしょう。どこを切り取っても非常にインスタで注目を集める写真になるので、女子会などでの利用は特におすすめ。

インスタ内でもグルメ系ハッシュタグはファッションに次いで非常に人気タグとなっているので、それらをつけながら『マンワール』の写真で、たくさんいいねやフォローをもらっちゃいましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

– MANVAR – 本日より神楽坂祭り始まりました! 当店でも店舗前でglass wine販売しております! “ モエシャンドン ¥1,000- ” “ CAVA ¥500- ” “ White wine ¥500-” “ mimosa. ¥500-” 毎年恒例の阿波踊りは見ものですので是非この機会に神楽坂お越しください〜!! #champagne#阿波踊り #神楽坂祭り #祭り#party #飯田橋#新宿#飲食店 #神楽坂 #MANVAR#地中海料理#マンワール#東京グルメ#イタリアン#フレンチ#スペイン#ワイン#cava #スパークリングワイン#神楽坂グルメ#神楽坂ディナー #instagood#飲酒タグラム #wine歓迎会#送別会#貸切り#instafood #泡パ

MANVAR(@manvar000)がシェアした投稿 –

 

まとめ:お洒落女子会をマンワールで満喫しちゃおう!

石畳が美しい神楽坂の路地・芸者新道に佇む『マンワール』。神楽坂では珍しい地中海料理を提供する同店は、評判通りの絶品バルでした。

お店の雰囲気も非常にお洒落で他店とは一線を画すようなエキゾチックな空気感。これは女子会に利用すれば間違いなく楽しめるでしょう。

ゆったりとした店内のレイアウトなので、デートや友人・知人との食事会にもおすすめ。神楽坂・飯田橋エリアは新宿からも非常に近いので、このエリアでお店をお探しの際は、ぜひ訪れてみてくださいね!

ちなみに『マンワール』の姉妹店『Circo』も神楽坂にあり、こちらも負けず劣らずお洒落で女子会向けなお店となっているので、気になる方は下の記事をチェック!

マンワール公式HP:https://baru-manvar-kagurazaka.com/


店舗名 マンワール (MANVAR)
営業時間 月〜木・土 18:00~02:00 / 金 18:00~04:00
価格帯 4,000〜4,999円
定休日 日曜祝日 電話番号 03-6228-1420
席数 32席 個室 無し
禁煙・喫煙 完全禁煙 利用シーン 女子会、デート
背伸び度 ★★ 予約難易度 比較的容易
編集部メモ

芸者新道にあるスタイリッシュな地中海バル。モロッコ料理や北アフリカ料理など、神楽坂では珍しいメニューが揃っているので、いつもとはひと味違った料理が楽しみたい方は特におすすめです。
金曜は明け方の4時まで営業しているので、飲み歩きたい!という人もぜひ(笑)

住所 東京都新宿区神楽坂3-2-39 神楽坂MKビル MB1F
東京都新宿区神楽坂3-2-39 神楽坂MKビル MB1F

The following two tabs change content below.
アバター

日比 海里

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で企画・編集・ディレクションを幅広く担当。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

合わせて読みたいおすすめ記事